黃思婷拍吻戲扭到脖子
魏靖文.臺北訊

一場吻戲,讓在閩南語歌壇有漂亮寶貝之稱的黃思婷,不但凍到手冷腳冷,連嘴唇都被凍到發青,才順利完成,這樣的戀愛經驗,黃思婷認為不要也罷,太辛苦了。
 在歌壇沉寂兩年後,即將推出新專輯的黃思婷,為了即將推出的新專輯,特別遠赴荷蘭拍攝音樂錄影帶,唱片公司還特別找了一位金髮藍眼的男主角與她演出對手戲。
 在現實生活中,還沒有過戀愛經驗的她,在導演的安排下,與身高一九○公分的老外男主角有一場嘴對嘴的接吻戲,原本是一場很簡單的接吻戲,卻因為兩人身高差了三十公分,讓她不但要踮起腳、勾起手,要把脖子伸到最高極限,才能拉近和男主角的距離。
 沒拍過吻戲的黃思婷,單單是這場吻戲,讓她在又凍又冷的天氣下,花了一個下午才拍完,還讓她扭到脖子,對這樣的拍戲經驗,她直說,演得比唱得要難多了,看來她是不適合演戲,只適合唱唱情歌就夠了。

黄思婷キスシーンで首を仰向ける
魏靖文.台北発

キスシーンの一コマが、びん南語歌謡界で「可愛いベイビー」と呼ばれている黄思婷を、手も足も冷たく凍りつかせたばかりか、唇さえも凍って青くさせ、やっとなんとか完成した。このような恋愛経験を黄思婷は不要なものだと思っていたので、大変苦労した。
 歌謡界で2年の間ひっそり寂しくしていたが、間もなく新しいアルバムを出す黄思婷は、そのアルバムのために、特に遠くオランダまで行って音楽ビデオを撮ったが、レコード会社はまた特に一人の金髪で青い眼の男性を探して、彼女の相手役として演じてもらった。
 現実の生活の中で、まだ恋愛経験をしたことのない彼女は、監督の指揮の下で、身長190センチの外国人の男性の相手役と口と口のキスシーンをする。本来とてもあっさりしたキスシーンの一コマなのだが、二人の身長の差は30センチのため、彼女はつま先で立って、背伸びをして、手を出し、更に首をぎりぎりいっぱいまで伸ばさなければならない。それでやっと男性の相手役の距離に近づくことができるのだ。
 キスシーンを撮ったことがない黄思婷が、こともあろうにこのキスシーンである。また凍えるような寒い天気の中で、午後いっぱいかかって撮り終えた。また首を仰向けて、このような撮影経験をしたことに対して、彼女は率直に、「演技するのは歌うことよりもよほど難しかった」と言った。見たところ彼女は役者には向いていないようだ。愛の歌を歌うだけで十分である。

Back to News MENU