黃思婷 喘著還願
田瑜萍∕西藏報導
2004-10-11 2:20

黃思婷因家庭因素篤信佛教後,今年4月轉戰國語歌壇前,去了一趟西藏許願,希望走心靈音樂路線的新專輯「情緣」可以大賣5萬張,沒想到恰逢選舉過後人心惶惶,這張結合佛經入樂的專輯一賣超過10萬張,因此黃思婷於日前回西藏高唱「還願」,新專輯11首歌的MV都選在西藏各地拍攝完成,讓黃思婷徹底還夠願。
當飛機降落在西藏貢嘎拉薩機場時,黃思婷心情激動好一陣子說不出話來。在西藏一周的時間,黃思婷除了重遊拉薩地標布達拉宮與大昭寺,在大昭寺中很靈驗的釋迦牟尼12歲等身佛前還願;並擔任起工作人員的解說員,告訴大家布達拉宮中達賴五世靈塔上奇珍異寶的由來。而負責拍攝MV的導演與攝影等人,則因高山症頭痛欲裂、呼吸不順,一上車就抱著氧氣瓶猛吸。黃思婷除了提供緩解高山症的藥物,還成了全隊的「食物保母」,袋子中裝滿各式零食與巧克力,希望大家有體力與高山症對抗。為了搶拍日出,爭取時間,加上路程有段距離,每天早上2點工作人員就準備開車出發,也徹底體驗了一天過著四季的氣候,早上約莫10度還得披著厚外套,到了中午太陽當空時,大家都脫得只剩短袖。黃思婷每天4點就得起床化妝,第一天剛開始時,她跟化妝師足足化了2個多小時,因為高山氧氣不足,兩人是邊喘、邊化、邊回床上休息。

黄思婷 喘ぎながらお参り
田瑜萍/チベット報導
2004-10-11 2:20

黄思婷が家庭の要因で仏教への信仰が厚くなった後、今年4月に北京語歌謡界に転戦する前に、チベットに願をかけに行った。心霊音楽の路線を行く新しいアルバム「情縁」が大々的に5万枚売れることを希望してだ。思いがけずちょうど選挙をした後の人に逢ったように心がびくびくする。このお経を音楽に取り込んだアルバムの売り上げは10万枚を上回った。そのため黄思婷は先日チベットに帰って高らかに「お礼参り」を歌う。新しいアルバムの11曲のMVはすべてチベット各地で選んで撮影完成をした。黄思婷は徹底的に十分にお礼参りをした。
飛行機がチベット・クンガの拉薩空港に着陸した時、黄思婷の気持ちは感動でしばらくの間話をすることも出きなかった。チベットを一周する間に、黄思婷は拉薩の地標のポタラ宮と大昭寺に再び行く以外に、大昭寺の中でとても効き目がある釈迦牟尼の12歳等身の仏陀の前でお礼参りをした;そして仕事仲間の解説係もあわせて担当し、ポタラ宮中のダライラマ5世の霊塔の上でみんなに珍宝の由来を教えた。MVを撮る責任のディレクターやカメラマンなどの人が、高山病により頭が裂けるように痛く、呼吸も苦しくなった。車に乗せ、すぐに酸素ボンベを抱いて猛烈に吸い込む。黄思婷は高山病を緩和する薬物を提供する以外に、また全グループの「食品の保母」になった。袋の中にいろいろな間食とチョコレートをいっぱい積めこんである。みんなが体力を維持し高山病に対抗できることを望む。日の出早々に撮影するため、時間を有効に使う。また道のりが結構あるため、毎朝2時にスタッフが車で出発する準備をする。一日に四季の気候を過ごすことも徹底的に体験した。朝は約10度なのでまだ厚いオーバーを着ていなければならない。昼の太陽が空に昇る時には、みんなはすべて脱いで半袖だけになる。黄思婷は毎日4時に起きて化粧しなければならない。1日目がちょうど始まる時、彼女と化粧係はまるまる2時間以上かけて化粧した。高山の酸素が不足するため、二人はあえぎながら化粧し、そしてベッドに帰って休む。


Back to News MENU