掲示板

エンリコ・マシアスや音楽に関連する話題でなくてもかまいません。
ゲストブックも兼ねていますので、気軽にこちらに立ち寄った足跡を
残して行ってください。

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 7 
有難うございます!

No.73 投稿者:むーみんのママ  投稿日:2013年04月27日(土) 09時17分05秒

昨日からマシアスの世界に浸っております。
有難うございます。
40年以上も前にコンサートの帰りにレコードショップでマシアスのLPレコードを購入 抱きしめて寮に帰った日を思い出しました。
あれからもう40年以上の歳月が流れました、、。
今は在宅で母を介護する毎日ですが、
マシアスの音楽でまた癒される幸せな毎日に感謝です。
日本でまたコンサートを!と願っています。。

ようこそ

No.72 投稿者:ふき  投稿日:2013年04月26日(金) 23時48分35秒

アンシャンテ!むーみんのママ様。
嬉しいです。多くのファンの方に来ていただいて。
「やはりこのサイトを続けていてよかったな」と思う瞬間です。
自分も含めてですが、やはり60代の方が多いですね。
ほんとにあの頃が懐かしい。
別にマシアスや音楽の話でなくても構いませんので、
こんな掲示板でよろしければ、また気軽にお立ち寄りください。

感動です!

No.71 投稿者:むーみんのママ  Mail  投稿日:2013年04月25日(木) 21時58分34秒

こんなに素敵なエンリコマシアスのサイトを発見でき、今日は何と幸運な日でしょう!
本当に感謝です。
私は60代の女性。
若かりし頃コンサートにも行きました!
レコードはすり切れるほど聴きました!
あぁ〜〜今日は最高の日です!
青春時代が蘇ります。
是非もう一度コンサートに行きたい!
いろいろの情報伝えてください!
よろしくお願いします!

春がやって来ました

No.70 投稿者:ふき  投稿日:2013年04月06日(土) 23時51分54秒

関東地方の今日は午後からずっと雨です。そしてすごい強風。今週の火・水曜日の雨で2〜4割となった桜の花もさすがに今日で散々になってしまうことでしょう。ただ、この低気圧は明日には東北に移動するらしいので、当地の桜が少し心配です。ただし開花したばかりなら、「ガク」がまだ強いので、桜の花はなんとか乗り切れるかも知れません。

「シャンソン」というジャンルは、日本では特に「伝統的なフランスの歌謡曲」を指して、そう呼んでいるようです。マシアスの歌は個性的ですが、基本的にその延長線上にあるので、シャンソン歌手と呼んでいいでしょう。1970年代はマシアスをはじめ、シャルル・アズナブールやアダモ、シルビー・バルタン、フランスギャルなど、伝統的なシャンソンに、フランス以外のローカル色や若々しい新しいスタイルを加えて歌う歌手が次々と出てきました。日本だとニューミュージックと呼んでもいいかも知れませんね。私はこのころの歌が一番好きです。
その後はフランスや日本の音楽はだんだんアメリカ化して行きます。味わいのある伝統色が薄れ、画一的な音楽になってしまったような気がして、本当に残念です。

ところで、NHKの「のど自慢」は結構好きで、見たりしています(^^)。

お久しぶりです。

No.69 投稿者:ヨーコ  投稿日:2013年04月01日(月) 00時53分11秒

【さくら】もう四月ですね。関東の桜はもう葉桜でしょうか。東北ではそろそろ開花の便りが。あの寒い冬が嘘のようです。桃、梅、桜が一斉に咲く当地では三春の滝桜、桃源郷といわれる福島の花見山、そして会津鶴ヶ城や白河の小峰城、二本松霞が城の桜など見どころがいっぱいです。今から楽しみです。

【レコード店】まさしく昭和レトロですね。昔は私が住んでいた田舎町にもレコード店が何件かありました。給料日のあとにはレコード店に行くのがたのしみでした。当時はシャンソンというジャンルが確立されていてましたね。たしかNHKののど自慢もジャズ、シャンソン歌謡曲部門なんていってたような…今は大手のレコード店(名前だけはまだ残ってますが)の片隅にほんのわずかにワールドミュージックなんてくくりで…さみしい限りです。

【マシアスのCD】再生機器が壊れていて買おうかどうか迷ってましたが、気づきました。DVDレコーダーで再生できることに。早速手に入れたCDを聞きマシアスの世界を堪能しました。

新作アルバム

No.68 投稿者:ふき  投稿日:2013年02月19日(火) 21時06分30秒

ター坊さんに教えていただいたマシアスの新しいアルバム「Venez tous mes amis」(友達はみんな来て!)が今日届きました。所要は一週間でした。早いです。
さっそく聞いてみました。おお、さすがですね。歳を感じさせないし、逆に新鮮な感じもします。しかもデュエット相手は全部違い、それぞれ個性のある歌手なので、飽きさせません。マシアスはかなり自由にリラックスして歌っている気がします。
ただ、アマゾン・フランスのサイトには16曲入りとあったのに、届いたCDは13曲目の「Ces etrangers」で終わりになっていました。そこのところが「?」ですが、まあ、いいか。

高田馬場のレコード屋

No.67 投稿者:ふき  投稿日:2013年02月12日(火) 20時54分30秒

ター坊さん、こんにちは。
去年、マシアスの新作が出ていたんですね。これはサボっていて、知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。早速アマゾン・フランスを見たら、「Venez Tous Mes Amis」というのがあったので、即注文しました。送料を入れても17.35ユーロ(日本円で約2200円)。2週間以内に到着とありましたが、いつもは大体1週間前後で届きます。今から楽しみです。インターネット時代になり、ほんとに便利になりましたね。
私も高田馬場はレコード探しでよく行きました。何年か前に「レコードマップ」という本を片手に「カーザビアンカ」を探しましたが、その時すでにもうなく、徒労に終わりました。ところがその後、この店が少し(かなり?)離れた明治通りで「オリゾンテ」としてやっているというので、2年前に行きました。この掲示板のNo.4にも書いていますが、CD一枚ゲットしています。なるほど神田神保町の「タクト」の2階のようなヨーロピアン専門店でしたね。嬉しかったです。でも店主の話をいろいろ聞いたら、「この業界はもうダメで、私も春頃にはこの店を閉める予定です」とおっしゃっていたので、もうないですね。残念です。
高田馬場には、ほかに「レコーズ・ハリー」がありましたが、ここも2年前のある日行ったら、閉店していました。後は「タイム」だけですね。ここでもマシアスのLPを何枚か買いました。

マシアスの新作入手しました

No.66 投稿者:ター坊  投稿日:2013年02月11日(月) 22時12分24秒

 マシアスの新作をインターネットで入手しました。自身の旧作を若手の歌手とデュエットしたものですが、さすがの貫録を感じさせます。
 マシアスの国内盤が途絶えて久しく、数年前までは高田馬場にあった「カーザビアンカ」というお店で輸入盤を購入していましたが、今はこのお店もなくなってしまい、インターネットのみが頼りです。マシアスの旧作もかなりCDに復刻されていますが、70年代のフィリップス時代の曲に復刻されず残されているものがかなりあるように思いますので、これからに期待したいと思っています。

アルジェリア

No.65 投稿者:ふき  投稿日:2013年02月02日(土) 23時13分02秒

「ここは地の果てアルジェリア。遠いカスバの夜に咲く」とは青江三奈のヒット曲ですが、マシアスがそのアルジェリアを引き揚げて、もう50年が過ぎています。24歳までいたんですから、そりゃ帰郷したいと思います。彼はずっと望郷の思いを詩にして歌って来ました。歌の中にはどこか故郷のにおいが感じられます。それがマシアスの歌の魅力かもしれませんね。
50年というと半世紀。私も最後に故郷の猪苗代湖に行ってから、ちょうど今年で半世紀になります。マシアスと違って、理由は「怠慢」です。会津は社員旅行も含めて2回も行ったのに、生まれ故郷にも寄ればよかったと今は後悔しきりです。

アルジェリアというと、最近は人質事件が毎日テレビで報じられていましたが、悲惨な結果となりました。アルジェリアは比較的治安がいいとされてきましたが、やはり隣国リビアの関係で、少々不安定になりつつあるようです。
でも歴史のある国なので、アルジェやティパサ、タッシリ・ナジェールなど主要な町や遺跡などは見てみたいですね。もちろん時間と先立つもの(?)があればの話ですよ(笑)。

嬉しいです。驚きです。久々に…

No.64 投稿者:ヨーコ  投稿日:2013年01月29日(火) 00時28分37秒

【嬉しいです】ター坊さんのようなファンがいらっしゃることがわかって私も嬉しいです。できればもう一度日本でマシアスのコンサートを見れたらいいですね。
【驚きです】ふきさんが福島のお生まれだとは…小学1年だとかなり記憶が残ってますよね。私は現在は会津ではありませんが合計30年くらい会津で過ごしました。私もふるさとの原風景は雪景色や柿の実、ホタルなどです。最近は会津でもあまり雪は降らなくなりましたが今年は多いです。
【久々に】休暇を利用してJR東日本の大人の休日クラブパスで旅行しました。途中銀座やまの楽器で久々にマシアスのCDを買いました。曲目はさらばふるさとやパリに抱かれてなど往年の作品ですが昨年発売されたもののようです。

ところでマシアスはアルジェリアを引き揚げてから一度もふるさとへ帰ったことがないのでしょうか?もしそうだとしたら望郷の念やいかに…

ようこそ

No.63 投稿者:ふき  投稿日:2013年01月11日(金) 19時44分38秒

ター坊さん、はじめまして。
うれしいです。こうしてマシアスのオールドファンが一人でも多く訪れて来ていただけるのは。このサイトを立ち上げて、「やっぱりよかったな」と思う瞬間です。
それにしてもアズナブールもそうですが、フランスの歌手は息が長いですね。マシアスは去年73歳で新作のCDアルバムを出して、実は私も驚きました。まだまだ意欲的で、フランスを中心にコンサート活動もしっかりやっているようで、今年は私もボケっとしていないで、情報収集に努めるつもりです。
どうかよろしくお願いいたします。

はじめまして

No.62 投稿者:ター坊  Mail  投稿日:2013年01月10日(木) 23時19分25秒

 昔沢山いたはずのマシアスファンは何処に行ったのだろうという記述を拝見し、投稿させていただきました。18歳の頃に初めてマシアスの歌を聴き、64歳になる今日までずっとマシアスファンを自認してきましたが、ふきさんのページを拝見し、こんなすごい人がいたのかと驚愕するとともに、貴重な情報を得ることができ、ただただ感謝です。マシアスも12月で74歳になったはずですが、フランスにはアズナブールのような先輩もいることですから、まだまだ元気で頑張って欲しいものです。まだまだ沢山いるはずの隠れマシアスファンのために、これからもいろいろな情報を教えて下さい。

昭和44年の秋

No.61 投稿者:ふき  投稿日:2013年01月08日(火) 21時24分30秒

この年の福島コンサートに行かれたんですね。しかも駅でたまたまマシアス一行と出会い、サインをもらうとは何とラッキーなんでしょう。実は私もこの年に初めてマシアスのコンサートに行きました。資料によると、福島公演が10月21日なので、ちょうどその1週間後の東京公演です。たぶんコンサートはどこでも同じような曲目だと思うので、私とヨーコさんは同じ曲を聞いて感動したんだと思います。
実は私も福島で生まれました。猪苗代湖畔の僻村です。小学校1年生の1学期までいたので、幼児期の思い出はまだ残っています。冬の大雪、春の田植え、夏のホタル、秋の柿の木などがすぐに思い浮かびます。心の中に故郷があるというのはいいですね。
大河ドラマは必ず見るという習慣はありません。去年の「平清盛」も気が向いたときだけでした。私は結構面白かったと思いますが、視聴率はあまりよくなかったそうです。今年は江戸末期モノなので、より身近な感じはしますね。先日の放映を見ましたが、綾瀬はるか、かなり気合がはいっていました。

明けましておめでとうございます。

No.60 投稿者:ヨーコ  投稿日:2013年01月06日(日) 00時54分35秒

今年もよろしくお願いいたします。
You Tubeのコメントでよくアラビア語をみますが私には文字には見えません(笑)ふきさんの語学力はすごいです。中東の市場行ってみたいです。市場を訪ねるのは楽しいですね。海外はまだアジアしか行ったことがありませんがいつも市場には行きました。
ところで私マシアスのサインをもってるんですよ。あれは昭和44年の秋(古い話ですね)コンサートを観るために会社を休んで福島市に行きました。福島駅のホームを歩いていたら特急電車が止まり降りてきたひときわ目立つ外国人の一団それがなんとマシアス一行だったのです。思わず駆け寄ったらサインをしてくれました。握手と投げキッスも…フランス語でなにか話かけられ??でしたが幸せでした。その時その場所にはファンは私だけでした。懐かしい若き日の思い出です。
今年は9連休もあったのにあっというまでした。話題の映画レ ミゼラブルを観たくらいで終わってしまいました。三時間と長かったのですが良かったです。
ところでふきさんは大河ドラマはごらんになりますか?最近はあまり見てなかったのですが今年は期待しています。私の出身地会津が舞台なんです。今日の放映が楽しみ。

あれれ、もう大晦日

No.59 投稿者:ふき  投稿日:2012年12月31日(月) 00時05分43秒


早いもので、もう今年も終わりですね。私もマシアスの歌は、ほとんどYou Tubeで聞いています。レコードやCDよりも手っ取り早いですから。
「ひかり知らずに」はもうリンクが切れていましたね。初期のころの曲は著作権の問題で、レコード会社のチェックが厳しいです。私も時々チェックして、リンクが切れたものは、整理しているんですが、「ある日突然」に切れるので、まいります。「ひかり知らずに」は3拍子のワルツ調で、歌いやすいです。おっと「パリに抱かれて」もそうでしたね。ただ、こちらはアコーデオンの伴奏がつくので、すごくエレガントなシャンソンの感じがします。
「メリーザ」というと、マシアスの円熟期の歌で、これくらいまでは、私もなんとかフォローしていました。「ジンガレッラ」はそれより少し遅れるので、後付けですが、これもいい歌ですね。カラオケにあったら、絶対にレパートリーにしたいところです(笑)。

アラビア語というと、あの文字にビビる入門者が多いのですが、文字数はそんなに多くないです。日本語のひらがな、カタカナよりも少ないので、慣れれば問題ありません。ただ、文法は結構しんどい感じがします。ヨーロッパの言語は互いに親近性がありますが、アラビア語はそれとはまったく違うので、ほんとに一からコツコツやるしかありません。まあ、この歳ですから、もし中東に行けたら、スーク(市場)で買物に使えたらいいなと思っている程度です。

私のお気に入り

No.58 投稿者:ヨーコ  投稿日:2012年12月26日(水) 00時37分52秒

好きな歌はいっぱいありますが(パリに抱かれて)は昔湯川れい子さんの番組にリクエストして採用されたおもいで深い曲です。(ひかり知らずに)も好きですがYou Tubeではまだ見つけられません。ふきさんのサイトからも見れませんでした。あとジンガレッラやメリーザも好きだし…もちろんソレンツァラも外せないしやっぱりマシアスが好きなんですね。
ふきさんはフランス語以外にも何カ国もおできになるのですね。アラビア語も始められたとか…素晴らしい!私はモスクに響き渡るコーランがなぜか好きです。音楽のように聞こえます。

これからが楽しみ

No.57 投稿者:ふき  投稿日:2012年12月10日(月) 23時52分59秒

スマホがもっと普及するといいですね。携帯でもメールはできますが、やはりネットはきついです。
私はもともと語学好きなので、歌の意味がわからないと、とことん勉強したりします。
若いころに、シャンソン・カンツォーネに夢中になったこともあり、8ヶ月間フランス遊学(?)にも行きました。頭のやわらかい20代だったので、今でも案外ボキャブラリーが忘れずに残っていたりします。
今まで挑戦した外国語としては、英語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語などですが、最近はテレビのアラビア語会話の番組を見て、だいぶ固くなった頭の再トレーニングに利用したりしています。
マシアスの歌詞の翻訳もその一環です。頭にはいい刺激になります。
マシアスの歌はどれもすばらしいですが、ヨーコさんの特にお気に入りの歌がありましたら、教えてください。

ネット環境

No.56 投稿者:ヨーコ  投稿日:2012年12月10日(月) 00時42分44秒

ネット上でマシアスのファンがなかなかあらわれないのはネット環境にあると私も思います。私のまわりでスマホに変えた人はまだいません。携帯は持っていてもネットは繋いでない人も多いです。でもこれからはスマホのらくらくフォンも普及するでしょうから今後に期待しましょう。ところで、ふきさんはフランス語がおできになるのですね。羨ましいです。毎日You Tubeでマシアスにどっぷりつかっていますがフランス語がちんぷんかんぷんです。初期の作品以外は内容がわからないのでふきさんの訳詞はありがたいです。

消えたファンの謎

No.55 投稿者:ふき  投稿日:2012年11月12日(月) 22時39分54秒

ほんとうに不思議ですね。
マシアスの場合は、エディット・ピアフのような伝統的なシャンソンとも違うし、ミシェル・ポルナレフのようなフレンチ・ポップスとも違う独特のエスニックなキャラがあります。はたして日本では、ちゃんと「シャンソンの歌手」の部類に入って、認識されているかというと、少しあやしい感じがします。最近はあまり行きませんが、以前、古レコード屋さんなどに行き、店主に「マシアスのレコードはありますか?」と聞くと、「ああ、あのラテン音楽の歌手のネ」などと言われ、ガックリ来たことが何度かあります。名前から適当に判断しているようで、平均的にはこの程度の認識かも知れません。
シャンソン・カンツォーネの全盛時代のリアルタイムの熱烈なファンはもう60歳代。ネットをやっている人は意外に少ないかも知れませんね。デジタル時代の今日、昔のレコードは押入れの片隅に忘れられているなんてところでしょうか。
でも、ヨーコさんのように、これからスマホやタブレットの普及で、隠れていた昔のマシアス・ファンがネットにどんどん参加して来るといいですね。もっとにぎやかに、もっと面白くなるんですが。

こんばんわ

No.54 投稿者:ヨーコ  投稿日:2012年11月11日(日) 00時35分27秒

(パリでマシアスのコンサートを聴く)素敵ですね。私も夢に持とうかな。

(消えたファンの謎)不思議ですよね。たしかに当時年へ配の方々は別として、当時は若かった自分と同じくらいの年代の人はまだいるはずなのに…昔のコンサートのパンフレットに由紀さおりさんがメッセージをよせてました。他にも山内 賢さんや下重暁子さんなど...今もファンなのでしょうか?
きっといるはず(消えたはずの灰の中から燃えあがる人が)