Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
もろもろ

No.4043 投稿者:teco  投稿日:2018年04月29日(日) 12時13分54秒

ふきさん、葛さん、たんげさん、皆さん、おはようございます。

ドゥタールは私のところに1本あります。
弦の数は3本、5本のものもあるようですが、私が所有しているのは2本です。
トルコやシリアなどで普通に見かけるサズと形状も寸法もほとんど変わらず、全長は1m〜1m20pといったところです。
サズは竿にナイロン糸(昔は羊の小腸だったそうですが)を巻いてフレッドをつくりますが、
ドゥタールはフレッドのあるものとないものとがああり、私のところにあるものはフレッドがありません。
弦はナイロン弦でギター用を使用できますが、楽器自体の構造が丈夫にできていないので強い張力で張ることができません(竿が曲がってしまいます)
その点、サズは金属弦が使えるほど丈夫にできていて、こちらはアウトドアでも十分に使用できる剛性を備えています。

いずれもインドのシタールが遊牧民用に進化したように見受けられ、狭いテント内でも使用できるように小型化されています。
たいして目的もなく、珍しい楽器を集めているうちに数が増えてしまいましたが、
楽器の進化や変遷の過程が見て取れて楽しいです。

蘇孟風は会ったことはありませんがクラシックギター界では有名な人です。
私は彼のDVDを2枚持っていますが、繊細な弾き方には本当に驚かされます。
そのうちの一枚にはおまけがついていて、雨夜花が収録されています。
雨夜花や望春風は私もマンドリンでよく弾きますが、世界の名曲としてドイツの楽団も引いています。

私が台北で最初に住んだのは福華路でした。
友人の家の一間を借りて半年ほど過ごし、その後、石碑路のアパートに移り、一年後に天母に移りました。
天母では高島屋のすぐそばに住んでいました。
1995年から2002年までマンションを所有していましたが、その後友人を介してマンションを処分し、いまは新生北路と民生東路の交差点近くのビルの一室を借りて事務所にしています。
むかしは住宅用のマンションで営業用の事務所を開いてもOKでしたが、陳水篇が総統になってこれが禁止されたのでやむなく移りました。
天母は落ち着いた街で好きでしたが、買った値段の倍近くで売れてかなり儲かりました。

私のもともとの専攻は半導体でしたが、有機半導体(TFT)の開発を契機に高分子合成技術を用いた電池材料や生体反応指示薬なども開発しております。

台湾の音楽が好きになったのはたいして理由があるわけではなく、今もそうですが、台湾に行った当初言葉もわからず、ほぼ毎日のように映画館に通っていました。
当時はテレビは朝昼晩にしか放送されていませんでしたのでどこの街でも映画が盛んでした。
そのうちにテレビや公演で台湾の歌手が日本の歌を歌っていることに気づき、メロディーを知っているので歌詞を丸暗記して歌うようになりました。
好聴!などとおだてられて調子に乗りいろいろな曲を覚えました。
東南旅行社が「歌の故郷巡りツアー」と言うのを企画したことがあり、これに参加しました。
3泊4日のバス旅行で、台南、高雄、恒春などを回って原住民の歌や踊りを見るツアーでした。
これに同行されたのが黄西田という節回しの上手な演歌歌手で、もうひとり女性歌手で名前を失念しましたが王何某という人もいました。
私は両名とも名前も知りませんでしたが、黄さんはその後テレビでもよく見かけるようになり、王さんは歌手を引退して台湾ヤクルトの会長夫人になったと聞いています。

書き出すときりがありませんので、今日はこの辺で。ではでは、みなさん休日を愉快にお過ごしください。

台湾映画 『太陽の子』(太陽的孩子)の紹介

No.4042 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2018年04月29日(日) 00時15分24秒

ふきさん、tecoさん、たんげさん、こんばんは。
北投から仕事帰りに久しぶりに士林に立ち寄って見ました。何時もは通り過ぎるだけですが、士林慈諴宮へ行きました。士林慈諴宮はまたの名を「士林媽祖廟」と呼ばれ天上聖母を主神に祀ってあります。また何時もの通り観光客へのガイド板の説明によると、諴宮の前身は1796年(清朝嘉慶元年)に何錦堂が土地を献上し建てた廟で、当時は「天后宮」と呼ばれていました。1895年(咸豊9年)に漳州人と泉州人の争いが発生し、芝蘭街が火に呑まれて天后宮も姿形を失いました。街が壊滅された後、土地の名士である潘永清は場所を移して新しい街を再建すとあります。主神は天上聖母(媽祖)道教の女神(航海・漁業の守護神)で台湾で最も親しまれているとの説もありとても地位の高い神様だそうです。
士林市場の生みの親といわれる「士林慈諴宮」は. 昔媽祖を祀っていたこの士林慈誠宮の門前にあった夜市が、どんどん広がってゆき、日本統治時代1909年に「士林市場」が作られ現在の士林夜市となっていったそうです。士林慈誠宮は夜市をずっと見守ってきた古刹です。慈誠宮へ入るには必ず右側から入るのを忘れずに大きな媽祖がお出迎えしてくれます。近くで見ると媽祖は金ピカの豪華絢爛な神様の姿で真っ赤な灯りは夜の街に映え神秘的で素敵なスポットです。台湾は日本と同様海に囲まれているので、祀られている神様は媽祖が多いですね。MRT劍潭駅から基河路をまっすぐ進むと士林市場が見えてきます。現在の士林市場の建物は2011年12月にオープンした新しい施設で、1階はゲームやお土産、雑貨などの屋台が中心で地下には食べ物の屋台が連なっています。トイレもちゃんとあります。基河路側と慈諴宮の両方に通り抜けられるので、目印や散策の拠点にするのにぴったりです。士林を過ぎるとまたすぐ近くに天母という台北市と士林区との間にある高級住宅街があります。現地在住の日本人の間などで広く使用されているところで、以前tecoさんも使用されていると伺った事があります。自分には縁が無いところですが、日本人学校(台北市日僑學校)や台湾の野球の聖地の球場があります。球場の入り口には日本が誇る王貞治の像があり、台湾野球界の中心地。プロ野球の試合も良くあるそうです。また陽明山も近く、有名なのは蘭の花屋さんもあります。tecoさんが台湾の障害児を日本に招待するプロジェクトに参画され5月18日から台東の障害を持つ子供さん達を招かれる事は素晴らしいことです。
tecoさんが日台の交流の懸け橋に役立ちたいと頑張っておられることに敬意を称します。
今日は台湾の著名ギタリスト蘇孟風を紹介します。
台湾出身のギタリストで、ランスへの留学経験もあります。アジア初のギタリストとして、パリ国立高等音楽院(CNSMDP)に入学後2000年には「香港国際ギターコンテスト」の最優秀賞、2005年に「フランス音楽アーティスト連盟(U.F.A.M.)国際ギターコンテスト」の最優秀賞を受賞その後、2008年には初の初のクラシックギターアルバムをリリ−ス、今年は高雄で演奏会が予定されているようです。その他高雄市では「中日陶笛交流音楽会」が予定されているようです。詳しくは分かりませんが台湾のオカリナ奏者張晏誠さん主宰の演奏会などが開催される予定。張晏誠氏は「仙境陶笛重奏楽団」と云うオカリナの団体や「南台湾陶笛芸術発展協会」などを主宰されている有名な方だそうです。最後に『太陽の子』(太陽的孩子)という映画があります。この映画は日本でも核の最終廃棄場と云う深刻な問題があります。2015年に公開された台湾映画ですが、この映画でレカル・スミという女性の母親がアミ族伝統的な稲作方法で作られる米「海稲米」の復活という実話をベースに制作されたフィクションで、2014年の春から2015年夏までを舞台にディベロッパーによる観光地としての開発計画により、それによって失われてしまう村の姿との間で、自分たちの理想の未来を模索して苦悩する各世代のアミ族の村人の姿を描き、同年7月4日の台北映画祭での初上映では観客賞を受賞した作品です。レカル・スミ自身もアミ族の血を引く人物です。舞台となる村は「台東県山海郷港浦村」として設定されたが、実際のロケは花蓮県と台東県の境にある花蓮県豊浜郷港口村を中心に行われた。この映画は台湾の先住民問題として「移行期の正義」と呼ばれていて、かつての政権が行ったさまざまな圧政や暴力を総括し二度と起きないよう謝罪や責任の明確化をすることを求められていて、その謝罪に蔡英文は、台湾東部の離島、蘭嶼島を訪れた。そこにはタオ族の人々およそ4千人が暮していてその謝罪に蔡英文総統は、民族衣装姿の頭目に向き合い、横顔が見えなくなってしまうほどに頭を深々と垂れたと云う。蘭嶼島には低レベル放射性廃棄物の中間貯蔵施設が置かれているが、その貯蔵施設の経緯が非常に曖昧かつ怪しいもので、「缶詰工場を造る」と云って地元のタオ族をだましという。真実は闇の中だが、もともと海洋廃棄のための一時的な貯蔵施設のはずが、半永続化してしまったのは、先住民が犠牲にされやすい人々」だったことと関係していないはずはなく、そうした先住民を犠牲にした構図に対して、今後決別するという意思を示すための謝罪であり、台北から最も遠い離島の蘭嶼島へ蔡英文総統は誠意を表わすための訪問であると考えられる。失われた正義と映画太陽の子は無関係では無いと思います。こうした歴史が台湾にもあることを皆さんに紹介しました。この映画のDVDが貸し出す機関が台北にあるとの事です。
今夜のURL紹介歌手は
※喬幼-女人的一生です。喬幼-のファンになった
※台湾の著名ギタリスト蘇孟風「吉他協奏曲〜第二樂章」
https://www.youtube.com/watch?v=AQli3acBYTQ
今夜は長文の投稿になりました、

ドゥタール

No.4041 投稿者:ふき  投稿日:2018年04月28日(土) 20時37分18秒

たんげさん、みなさん、こんばんは。
ウズベキスタンの民族音楽ドゥタールのようですね。
ボディはマンドリン型で、長いネックが特徴です。弦の数はよく見えませんが、音色からして、ガット弦のようです。素手でかき鳴らしています。

日本人の演奏家でしょうか。こんなYouTubeも見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=jHRiO4wHC6A
Mashu Komazaki plays Dutar | ウズベキスタンの民俗楽器"ドゥタール"

ウズベキスタンの音楽

No.4040 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月28日(土) 15時50分04秒

ふきさん、葛さん、tecoさん、みなさん、こんにちは。

この曲も印象深くて好きなのですが
Shahzoda - Qo'llar tepaga | Шахзода - Куллар тепага
https://www.youtube.com/watch?v=9p9KvgkQIwg
伴奏のくせの強い音色の弦楽器はMVに時々映る楽器でしょうかね?

ゴールデンウィーク開始

No.4039 投稿者:ふき  投稿日:2018年04月28日(土) 13時49分45秒

たんげさん、こんにちは。
中央アジアは楽器の揺りかごみたいなところです。ここから西はヨーロッパーを目指し、東は日本を目指しました。ウズベキスタンの音楽はロシアの影響を少し受けているのか、わかりやすい感じがします。ただ、私はやはり伝統楽器が入るほうがいいですね。女三人組のShahrizodaとか、さらに民族色の濃い男女ユニットのHulkar Abdullaevaの歌は最高です。途中で西洋音楽がちょっと入るところも愛嬌です。草原の爽やかさを感じられる音楽でした。

tecoさん、こんにちは。
やはりインドの音楽には自然発生的な素朴さが感じられます。西方に広がるに従い、理性的に整理されて行ったのもよくわかります。特にイスラム教の発祥の地のアラビア人は数学や科学が得意で、論理的な旋法が確立しやすい土壌でもあります。イスラム化されたトルコ人も当然これに倣います。そしてヨーロッパでさらに整理され、我々が学校で習う音楽になったわけですね。
一方、中国の楽器ですが、こちらもおそらく中央アジアから流れてきた楽器が大半です。弦楽器の胡弓や二胡の「胡」は西を指しているので、起源は明白です。シルクロードは楽器の道でもあったわけです。日本の琵琶も含め、東西の楽器の関連や歴史を調べると、興味は尽きないですね。

葛さん、こんにちは。
お詫びなんて、とんでもありません。思う所をどうか存分に書いていただきたいと思います。人みなそれぞれ、十人十色ですから、趣味も思考もみなさん違います。だからこそこのような掲示板が成り立っているわけです。ここは台湾歌謡三昧と日台歌謡曲の掲示板なので、基本的に台湾や台湾歌謡に興味のある方が集まりますが、話題は何でもけっこうです。ここは特定の話題について論じるところではなく、四方山話をする目的で開設したので、掲示板の話題の流れはいつも一定ではありません。どうか気軽にお使いいただければ幸いです。


小斐魚

No.4038 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月28日(土) 10時31分06秒

ふきさん、葛さん、tecoさん、みなさん、こんにちは。
小斐魚は「小斐魚」(日本の字体)でネット検索してみても簡体字表記のものしか見つからないので、大陸の人しか見てないかもしれないですね。

最初見つけた動画は昨日の投稿でも挙げた
小斐鱼 翻唱《雨蝶》天籁女声 令人陶醉
https://www.youtube.com/watch?v=CdwLmcYDePI
で、これは以前よく聴いていた曲(ただし「沙漠寂寞」の歌詞で)だし、
小斐鱼 翻唱许茹芸经典《泪海》伤感情歌 听哭了许多人
https://www.youtube.com/watch?v=pPJGyi8zZEU
小斐鱼 翻唱许茹芸《独角戏》非常好听的一首情歌
https://www.youtube.com/watch?v=4JGrtM78rCc
小斐鱼 翻唱张韶涵经典歌曲《隐形的翅膀》充满希望与正能量
https://www.youtube.com/watch?v=4U1I0jTF_NU
なども懐かしい曲です。

あと
小斐鱼 翻唱一首《青青河边草》旋律动听 景色优美
https://www.youtube.com/watch?v=Ld6kSrhbBP4
みたいに原唱歌手の高勝美は知っている、曲名も知っている、メロディも聴いたことある、でも頭の中でバラバラでうまく結びついていないという曲もあるので、曲探し・確認に使えます。
小斐鱼 翻唱费玉清经典歌曲《一剪梅》怀旧经典老歌 越听越有味道
https://www.youtube.com/watch?v=Y-0ObxJmidg
もこのケースです。

ただ、アレンジがダメと思う曲もあって
小斐鱼 翻唱经典《爱上一个不回家的人》听醉男人心
https://www.youtube.com/watch?v=fgzkYCC3N7E
小斐鱼 翻唱孟庭苇歌曲《风中有朵雨做的云》经典 好听
https://www.youtube.com/watch?v=UPAdkVdnroc
小斐鱼 首次翻唱福建经典歌曲《爱拼才会赢》一首充满正能量的歌
https://www.youtube.com/watch?v=M2nPpFgauWI
あたりです。
「家後」は定番曲なので、私は他の方がカラオケで歌っているのでを聴いておなじみになった曲ですが、よく聴いている方が聴くとおかしいかもしれないですね。

歌(詞と曲)のこころと聴くこころ

No.4037 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年04月28日(土) 04時50分08秒

みなさん、おはようございます。
早朝からこの様な投稿をするとお叱りを頂くことと思う事と顰蹙を受けるかも知れませんがお許しを頂きたいと思います。
自分は台湾で生活をする中で台湾のみなさんから温もりと人情を頂いています。単にデ−タを頂くよりもその曲を聴いた気持ちや受けた心を伺いたいのです。もう日本人が忘れかけている気持ち、こころを素直に伺えれば嬉しいのです。また台湾の地方、田舎、建造物、歴史を教えて頂ける事を幸せに感じられる歌謡三昧の魅力ではないかと思い、この様な事を投稿した事についてお詫びいたします。

Re.楽器の発祥の地

No.4036 投稿者:teco  投稿日:2018年04月27日(金) 22時59分13秒

ふきさん、みなさん、こんばんは。

ふきさんのお説は納得がいきます。
インドの楽器のキー(音程)は限りなく多く、フレーズも〇小節ごとという決まりがありません。
また、曲の始まりはあっても終わりがありません。
歌い手か踊り手が疲れてやめるまで続きます。
パキスタンやイランの調弦方法や演奏方法もこれに似ていますが、調弦方法はせいぜい12種類くらいです。
トルコでは調弦方法が7種類くらいになり、イタリアやドイツでは3種類くらいになります。
フレーズも4小節、8小節ときりの良い数字に収まります。
これは音楽が感性の世界から美学(科学)として研究されるようになったからではないかと思います。

話は変わりますが、連休中に所蔵する楽器の整理をする予定です。
カミサンに部屋を明け渡すように言われており、一部を好きな方に差し上げようと思っています。
現在台湾の友人2名、日本の友人2名が名乗りを上げてくれました。
ふきさんの分は別途用意してあります。
まだ余裕がありますので、いたずらしたい方がいらっしゃいましたらこのページでお知らせください。


マンドリン、ギター、

楽器の発祥地

No.4035 投稿者:ふき  投稿日:2018年04月27日(金) 22時01分51秒

tecoさん、たんげさん、葛さん、こんばんは。

私たちが学校で習う楽器はもちろん西洋の楽器が中心ですが、その西洋の楽器ですら、その起源はインド〜西アジアではないかと思ってしまうくらい、これらの地域には、打楽器、弦楽器、管楽器のバリエーションが揃っています。
さらにインドと西アジアのどちらが古いのかということになると、これは難しいのですが、私はインドではないかとにらんでいます。インドは世界四大文明の発祥の地であり、宗教も歴史があります。最初の楽器は祭祀のためのものであり、神をたたえるものであったというのが理由です。東洋と西洋のど真ん中のインドならどこへ広がって行くのにも絶好の地にあります。ただ、あくまで私見です。

さて、その中の弦楽器ですが、こんな表現力豊かな楽器がほかにあるでしょうか。大きく分けて、撥弦式、擦弦式、打弦式とあり、撥弦式楽器は指で直接弾くものと、バチ(ピック)を使うものとがあります。音も微妙に違いますね。tecoさんはその弦楽器に精通された専門家です。日本では滅多に見ることができない楽器も多数所有されていますので、そんな楽器展があれば、ぜひ足を運びたいと思います。

それと、tecoさんは台湾関連のプロジェクトでも、お忙しそうですね。障害児の子供たちの喜ぶ顔が目に浮かぶようです。そんな企画がなければ、彼らは一生外国に出かけるなんてことは出きません。私も5月には台湾を訪れたいと思っていますが、五体満足なだけでも天に感謝しなければなりません。

葛さんからはいつも台湾の歴史や地理、その他あらゆることを学ばせていただいています。実際私は日本で生活しているので、現地で暮らしている葛さんのお話は実感溢れるもので、ためになります。台湾への愛着をひしひしと感じます。これからもよろしくお願いします。

たんげさんが中国広東の芸能界を紹介しています。
SING女團は8人のステージです。これくらいの人数が一人一人の顔が見える限度でしょうか。日本のアイドルグループは多すぎます。
小斐鱼が江宸フ「家後」を歌っていますね。台湾語がちょっとたどたどしいですが、美人なので、許してしまいたいです(笑)。
ウズベキスタンに関しては、まだ聴いていないので、後日に譲ります。

お久しぶりです!

No.4034 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年04月27日(金) 19時48分31秒

tecoさん、ふきさん、たんげさん、梧棲さん、こんばんは。

このところtecoさん、梧棲さんの常連のみなさんの投稿がなく寂しく思っていました。ビジネスがお忙しい事は分かっていましたが、この掲示板を気にかけて頂いていた事を嬉しく思いました。
teco さんはビジネスばかりでなく、台湾社会に対して貢献されていますので、暇を見てまた掲示板への投稿をお待ちしています。中国、インド、東西アジア、中東方面についての民族楽器や舞踏、歌など
tecoさんの幅広い知識は勉強になります。ふきさんの所蔵されているデ−タ−の多さにも驚きました。日本の歌謡曲、台湾の老歌についても造詣の深さと心から好きな事が伝わってきます。たんげさんのデ−タ−も感心しています。自分は現在板橋にて台湾のみなさんにお世話になっています。精神的にも何不自由なく接して頂いて暮らしています。台湾の良さを身を通して実感しています。台湾の曲は古き良き時代に聴いた歌が心の支えになっています。若手、中堅の歌手が歌われる曲もやはり懐メロ中心に聴いています。私は歌は勿論ですが女房と尋ね歩いた台湾の各地での思い出を投稿するだけでそれで満足しています。もう台湾での生活や体験した事は半世紀にもなろうとしています。王幸玲、紀露霞や蒋介石時代の事を語れる事だけしかできませんが、今後もふきさん、tecoさんやみなさんの書き込みを見ながら頑張る事が出来るまで毎日を過ごしたいと考えています。tecoさんの樂器談義や台湾に来られた時の話題などの投稿をお待ち姿勢ます。、

ウズベキスタンの歌手

No.4033 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月27日(金) 19時39分46秒

ふきさん、葛さん、tecoさん、みなさん、こんばんは。
中央アジアは歌手が多いですね。ウズベキスタンだとこんなところでしょうかね。

Shahzoda - Shunchaki | Шахзода - Шунчаки (concert version 2015)
https://www.youtube.com/watch?v=dOZRB1dBQyo
sevinch muminova Dobey Dobey.flv ; 歌詞はペルシャ語?
https://www.youtube.com/watch?v=CmRLj-xjkVs
Rayhon - Javob ber | Райхон - Жавоб бер
https://www.youtube.com/watch?v=Me8WoMd2T2A
Lola Yuldasheva - Endi yo'q (Official music video)
https://www.youtube.com/watch?v=m71YHCkX0lk

Shahnozabonu | Шахнозабону - Другая ; 歌詞はロシア語?
https://www.youtube.com/watch?v=5nSCa1wemXw
Shahrizoda Rose (qizil qul) - ウズベクの音楽 - 720p (HD)
https://www.youtube.com/watch?v=g8UBePsNZGw
Муниса Ризаева - Ёмғир | Munisa Rizayeva - Yomg`ir
https://www.youtube.com/watch?v=9oX1WWKojUA
Yulduz Jumaniyozova - Boshqasini topdim | Юлдуз Жуманиёзова - Бошкасини топдим
https://www.youtube.com/watch?v=_BTmHhDm5gA

Manzura - Tushlarimga kir | Манзура - Тушларимга кир
https://www.youtube.com/watch?v=foD88AZRnm8
Ziyoda - Jim | Зиёда - Жим
https://www.youtube.com/watch?v=EOir2hlwGX0
Mohim - Sevaman | Мохим - Севаман
https://www.youtube.com/watch?v=18EKoodQCbo
Nilufar Usmonova - Qadrimga yet | Нилуфар Усмонова - Кадримга ет
https://www.youtube.com/watch?v=52oSu1cZolI
uzbek Muzik Hulkar Abdullaeva O´ga oqirqa
https://www.youtube.com/watch?v=KlFeO0KHQk4

こんにちは。

No.4032 投稿者:teco  投稿日:2018年04月27日(金) 14時15分53秒

ふきさん、たんげさん、葛さん、梧棲さん、みなさん、こんにちは。

このところの話題は私が知らないことが多く、投稿する機会がありませんでしたが、毎日観ていますのでお許しのほどを。

楽器についてだけは些かわかりますので、投稿させていただきます。
中国、インド〜西アジア〜中東方面の楽器はいつでも演奏会を開けるほどあります。
イランの楽器でライラあるいはレイラという、月琴の元になったものがあります。
これは高音部を担当する弦楽器で、マンドリンのようなトレモロ奏法も多用されます。
女子十二楽房でも使用されていると思います。
アジアの古楽器・民族楽器展をやろうと友人たちと計画しておりますので、決まりましたらご案内させていただきます。

それと、台湾の障害児を日本に招待するプロジェクトに参画しております。
5月18日から台東の障害をもつ子どもたちが来日します。
いまその準備でばたばたしておりますが、
私も日台の交流の懸け橋の一部にでも役立ちたいと頑張っております。

ではでは、よろしくお願いします。


広東の翻唱歌手

No.4031 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月27日(金) 08時17分32秒

ふきさん、葛さん、みなさん、早安。
SING女團が広東のグループなのでその関連か、曲の方で引っ張って来たのか、どっちでおすすめ機能が働いたのかわかりませんが、広東の翻唱歌手が見つかりました。手あたり次第翻唱しているような感じの人です。
小斐鱼 翻唱《雨蝶》天籁女声 令人陶醉
https://www.youtube.com/watch?v=CdwLmcYDePI
小斐鱼 翻唱费玉清经典歌曲《一剪梅》怀旧经典老歌 越听越有味道
https://www.youtube.com/watch?v=Y-0ObxJmidg
小斐鱼 翻唱江经典闽南语歌曲《家后》 温馨感人 超好听
https://www.youtube.com/watch?v=6l5hD2U79xc

ミニ丈旗袍

No.4030 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月26日(木) 23時23分52秒

ふきさん、葛さん、みなさん、こんばんは。
世の中広いもので、ミニ丈旗袍のアイドルグループ見つかりました。
【HD】SING女團-如夢令MV [Official Music Video]官方完整版MV
https://www.youtube.com/watch?v=_UY0Q2TUFQA
https://www.youtube.com/watch?v=cYfTlpDvqMQ
ミニ丈旗袍はこの曲だけで、1つ前の曲がヒットしたようですが、こっちはいつの時代の服でしょうね?
【HD】SING女團-寄明月MV [Official Music Video]官方完整版MV
https://www.youtube.com/watch?v=8YGm8YJWaCE
https://www.youtube.com/watch?v=49d95ni5J9Y

北投温泉界隈はまだ台湾慣れしていない頃に行きました。捷運の北投−新北投間乗るためで、温泉には入らずに温泉街をぶらぶら。捷運の運転間隔があいているので、帰りは北投站まで歩いて戻りました。
交通の便がいいとは言えないので、短期の旅行だと北投温泉に泊まるのは無理があります。

私の好きな台湾の歌手

No.4029 投稿者:ふき  投稿日:2018年04月26日(木) 21時15分39秒

葛さん、たんげさん、みなさん、こんばんは。
せっかく喬幼のプロフィールを調べたので、そのうち「私の好きな台湾の歌手」に追加したいと思いますが、ただあのコーナーは、YouTubeができる前のスタイルなので、今ではちょっと物足りないです。これから更新するなら、やはり動画も見れるように作り直す必要がありますね。台湾の地元のレコード会社はかなり淘汰されましたが、豪記唱片はよく頑張っています。しかもYouTubeに官製MVを流しているんですから、すごいと思います。これがCDの売り上げ増加につながるといいのですが。

実は私はまだ北投に行ったことがないんです。もちろん北投善光寺も知りませんが、長野県でお生まれの葛さんなら、これは身近な存在に感じられることでしょう。私も北投の通りを歩いて、残された日本の香りを感じてみたいです。

たんげさんの画像解析はすばらしいです。そうなんです。黄思婷が心霊音楽シリーズでヒットを飛ばしたご褒美に中国の五大山のひとつ湖南省の南嶽山に登ることができました。そこではCDのMVも撮っています。
あの1番目のコンサートはその南嶽山の北にある長沙市望城のようですね。お坊さんが一杯いるということは、仏教音楽会でしょうか。ほかの坊さんは知りませんが、そこに齊豫が出ているのには驚きました。彼女も仏教徒ということですね。齊豫はもともと民歌(フォークソング)歌手で、1985年に齊豫、潘越雲、王新蓮の三人でレコードデビューしたと思います。途中で王新蓮は脱落しましたが、齊豫と潘越雲は1990年代以降も活躍しました。弟の齊秦も歌手で、私も1996年のアルバム「絲路」を持っています。現在、齊豫と齊秦の姉弟は中国(おそらく北京)に住んでいるらしいです。

2番目のコンサートはテロップから判断するに蘇州の重元寺の近くでしょうか。ここでも黄思婷と孟庭葦の二人が出演していますが、孟庭葦が敬虔な仏教徒というのは業界では知らぬ人がいないくらい有名です。早くから心霊音楽のアルバムも出していたようで、黄思婷は完全に後追いです。それにしても中国のお寺はコンサートを開催するなどして、開放的です。日本のお寺は閉じこもっている印象を受けます。

齊豫

No.4028 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月26日(木) 07時20分48秒

ふきさん、葛さん、みなさん、早安。
連想が働いて他の動画を探してきました。
同じ頃、女子十二楽坊の動画をアップしていた別のユーザの再生リストか高評価・お気に入りをチェックして見つけた動画だったと思います。
(女子十二楽坊の動画は削除されてました。)

黄思婷がなぜか湖南で歌っている動画
黄思婷 - 自由 Freedom
https://www.youtube.com/watch?v=272oUVOvx1k
黄思婷 - 心灯 Heart Light
https://www.youtube.com/watch?v=5AwSxXV4Qew

単独コンサートじゃなくて、この人たちも一緒ですけど、
心 ‧ 六和颂 Heart - Six Peaceful Odes
https://www.youtube.com/watch?v=YlBQreOexmc
慧普法师 - 和之歌 Peaceful Song
https://www.youtube.com/watch?v=DloK-v0XooM
齐豫 - 清净法身佛 Pure Dharmakaya Buddha
https://www.youtube.com/watch?v=4Y7jGuEUeZY
齐豫 - 梦 Dream
https://www.youtube.com/watch?v=-gSPrxI_lkc
齊豫も台湾出身なんですね。今気が付きました。

あとこんな動画もありますね。
孟庭苇 - 心 ‧ 水天佛国 Heart - In between Water, Sky and Buddha-realm
https://www.youtube.com/watch?v=IJQkqq1kGnI
黄思婷 - 聆听 希望咒 大悲咒 Listening - Mantra of Hope - Mantra of Great Compassion
https://www.youtube.com/watch?v=vipN3kptOvU
Chyi Yu 齐豫 - 般若波罗蜜多心经 Prajnaparamita Hrdaya Sutra
https://www.youtube.com/watch?v=Us7ax3ev50Q

北投にある善光寺

No.4027 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2018年04月26日(木) 00時17分46秒

ふきさん、たんげさん、こんばんは。
お二人からの喬幼の情報有難うございます。またふきさんの詳細な情報でよく分かりました。テレビで見る喬幼は美人で歌唱力のある台湾語歌手ですね。とても魅力的な人です。今度ふきさんの「私の好きな台湾の歌手」コ−ナ−に取り上げて下さい。今日の仕事先は北投です。日本人が作り上げた北投温泉と云われていますが、現在も日本人によって栄えていることは喜んでいいでしょうか?地形を変えることはできませんが、温泉街の様変わりには驚きます。日本の加賀屋が北投に進出してきましたが、宿泊料金を見ると、台湾の富裕層や日本人相手の商法は余り喜べません。女中さん達のたどたどしい日本語には違和感を感じます。北投には大小含めてホテル、旅館が多くあります。しかし日本の習慣、風習が残る旅館(ホテル)があります。温泉旅館「熱海大飯店」などは代表的な旅館と云っても良いと思います。別に宣伝を頼まれた訳ではありません(笑)
畳のある部屋、浴衣もあります。和式の温泉が楽しめる大浴場があり正しく日本の温泉旅館です。
ここでは水着着用が不要である事と、客室のタオルを持参して入浴ができます。同じような名称の旅館ホテルがあります。「熱海大飯店」とか「北投熱海溫泉大飯店」などあり、川沿いに温泉ホテルが立ち並び、温泉の名前も「熱海」とか、「滝の湯」と云うような日本の温泉の名前が付けられています。
熱海大飯店はMRT新北投駅から徒歩約10分。それから北投熱海溫泉大飯店はMRT新北投駅より徒歩約8分ほどです。ところで北投には長野市や甲府市、飯田市にある善光寺と同じ北投善光寺があるんです。台湾に存在していることは意外と知られていません。
開基は信州善光寺大本願第百十七世誓円尼公上人であり、日本統治時代の昭和7年(1932年)に智栄尼公が誓円尼公の遺命により、浄土宗台湾開教使の中野全能を開山住職として北投の地に創立したと記されています。(掲示板案内からの受け入れ)です。境内には、「北投石」の発見者である岡本要八郎の頌徳碑があります。温泉路から善光寺門前に至る銀光街は日本統治時代には善光寺道と呼ばれたそうです。自分が北投に行っている時に偶然一条智光尼公上人様が来られていました。北投善光寺の所在地は
北投区溫泉路銀光巷20番です。ふきさんも、たんげさんも機会がありましたら旅の思い出に訪ねてみて下さい。ぐらぐらと湧き出る温泉原湯で温泉卵を作るのも一興です。北投温泉の歴史は日本の歴史かも知れません。台湾人には温泉を楽しむと云う習慣は
昔は皆無だったと聞きます。大衆の面前で裸になると云う習慣はなかったと思います。明治34年ころの話ですが、日本人が北投に初めて温泉旅館を開業したと云います。おそらくこのことは台湾の著名人でも知る人は少ないと云います。でも台湾には日本人より日本の事を知るって人がいます。話を聴いていて驚きました。資料を所有していました。旅館名も
「天狗庵」と「松濤園」の二軒が存在したと云います。何処のあたりにあったのかと聞いたのですが、流石にその場所は分からないそうです。温泉には芸者はつきもの。と色街の事も話してくれました。1945年ころまで北投には見番があり置屋があったが終戦と同時に閉鎖されたようです。今日は北投の仕事でしたので面白い貴重な話を長老から伺うことができました。帰り際に今度はいつ来るかとの催促でした。もう100歳に近いかと思います。また来るからね〜と別れました。台湾の人は本当に温かいです。女子十二樂坊のメンバ−も4代目ですね。
※今日のURLは喬幼「思念的海岸」です。
莊振凱も覚えておきます。また台湾の若手、中堅歌手の情報もお願いいたします。
※喬幼-芒果花
https://www.youtube.com/watch?v=IR3iF4gVdhY

※望月想愛人 喬幼(浪花節だよ人生は)
https://www.youtube.com/watch?v=rGQVaoGCc1o




女子十二樂坊

No.4026 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月25日(水) 22時58分18秒

ふきさん、葛さん、みなさん、こんばんは。
そういえば女子十二樂坊で変なスライドショー作った人がいたぞということで見つけてきました。
旗袍 Chinese Qipao 10 with 12 Girls Band music Forbidden City 紫禁城
https://www.youtube.com/watch?v=A0w2AhNwP5Q
旗袍 Chinese Qipao 11 with 12 Girls Band Music Tang Court Ensemble
https://www.youtube.com/watch?v=ZmT8uEHJoic

同じチャンネルに本人たちの演奏動画もアップされてますが、
12 Girls Band 女子十二乐坊 Forbidden City 紫禁城 Sad Music in HD
https://www.youtube.com/watch?v=D37e_0Nsi6s
The Old 12 Girls Band 女子十二乐坊 Tang Court Ensemble in GREEN
https://www.youtube.com/watch?v=8JETfp6K4rA
こちらはあまり再生回数が上がってません。

喬幼と莊振凱

No.4025 投稿者:ふき  URL  投稿日:2018年04月25日(水) 18時36分22秒

葛さん、たんげさん、こんばんは。
喬幼は最近すごい人気があるようですね。動画再生は1700万回を超えたということです。ネットで情報を集めました。本名は王喬幼です。1975年の生まれですが、どこの出身なのかまでは特定できませんでした。ただ出身高校から台南市周辺と思われます。今年42歲で、既婚です。子供のころから歌が好きで、10歳の時には歌コン(歌唱コンテスト)にも出たということですが、なかなか歌手の道は開けず、とりあえずショッピング関係の仕事をしながら、歌手を目指していたようです。20歳くらいの時には、羅時豐、七郎、謝雷、袁小迪等の台語歌手とデュエットする機会がありましたが、CD発売には至りませんでした。その後、台湾南部の複数の地方テレビ局でショッピングや歌番組を担当しました。話術が得意で、8年間で5億元の売り上げを記録し、「南臺灣購物天后(TVショッピングの女王)」とも呼ばれました。そんな彼女が、2013年に思いがけないことを経験しました。パールパウダー(珍珠粉)のプロモーションのために「国際文化最高成就奨」という授与式が台湾であり、それに出席した日本の旧皇族の伏見博明氏の前で、彼女がテレサテンの「空港」を歌ったのです。歌い終わると、伏見氏から「感動しました。忘れられません。どうしてこんなに日本の歌を表現力豊かに歌えるんでしょうか」と尋ねられると、喬幼は「緊張して、頭が真っ白で歌いました。有難うございます」と何度も頭を下げ、礼を述べたそうです。そして、そのせいかどうかはわかりませんが、ようやく2015年には豪記唱片からお声が掛かり、アルバム『思念的夢』で念願のCDデビューを果たすことができました。さらに翌年に出した3枚目のアルバム『女人的一生』で大ブレークし、完全に歌手の地位を得ました。今年の最新アルバム『用性命愛我』も好評です。このアルバムの中では、同じ中堅歌手の莊振凱とのデュエット曲が2曲あります。

https://www.youtube.com/watch?v=oSIeGyXj850
【MV大首播】喬幼vs莊振凱-堅持愛到底(官方完整版MV) HD

https://www.youtube.com/watch?v=JQ1v8caY7-A
【首播】喬幼vs莊振凱-鬥陣(官方完整版MV) HD

ちなみに莊振凱も歌コン出身です。現在37歳。三立電視「21世紀新人歌唱排行榜」で合格後、八大電視「亞洲新人歌唱大賽」の第一回優勝を勝ち取り、その報奨に従い、2009年にレコード会社と契約し、4枚のアルバムを出しましたが、2015年には蔡小虎の外甥ということで、豪記唱片に移籍。喬幼と同門となりました。
実をいうと莊振凱は、2004年にこちらの掲示板に2回来て、投稿してくれました。八大の歌コンで強豪ライバルとバトルをしていたころです。「どんどん強敵が出て来るので、プレッシャーが大きい」とか書きこんでいます。そんなわけで、莊振凱もみなさんで応援してあげて下さい。
URL(↑)に当時の掲示板の画像をリンクしました。当時は「ふきの掲示板」と称して、日台デュアル版でした。

最後に、女子十二樂坊ですが、一時期活動中止していたようですが、最近また活動しています。一弦の楽器は「独弦琴」といい、ベトナム国境付近で使用されているらしいです。ほんとに、一弦とは思えないような豊かな音がします。


喬幼(追加)

No.4024 投稿者:たんげ  投稿日:2018年04月25日(水) 07時24分48秒

そういえば、最近TV出演が多いみたいですね。
2018.03.08【最好聽的歌】喬幼 青春的內山姑娘
https://www.youtube.com/watch?v=J5dHZAy3tUk
2017.01.14 超級夜總會【1-4】喬幼 長崎蝴蝶姑娘
https://www.youtube.com/watch?v=CA9oJzGvPa4&t=227s
2018.02.01【最好聽的歌】喬幼 思念的海岸
https://www.youtube.com/watch?v=McOsIbYL9W8
2018.03.08【最好聽的歌】喬幼 おもいで酒
https://www.youtube.com/watch?v=1zqY3cWXbWw






☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード