Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 
CDと本

No.3758 投稿者:たんげ  投稿日:2017年11月14日(火) 18時41分15秒

ふきさん、こんにちは。
カトマンズですか。隣国インドの大気汚染が今年もニュースになっていますが、PM2.5がそっちの方まで流れてくみたいなことはないですか?

私は、店頭で現物を見て買う主義なので、旅行に行かない今は、CDが増える心配はないですね。自分で持って帰ったものなので、あまり聴かなくなっても愛着ありますし。
あと、旅先で旅行ガイドブックもけっこう買ってますが、こちらは次に行く予定がないと調べる気にならないので、お蔵入りになってます。
台湾で買ったものが多いですが、上海で買ったものもありますね。福州路の人民広場寄りにアウトレット本屋がありましたので。

カトマンズに着きました

No.3757 投稿者:ふき  投稿日:2017年11月12日(日) 23時05分07秒

tecoさん、みなさん、こんばんは。
こちらは今快適な気候です。昼間は24度くらいでしょうか。朝晩は少し冷えそうなことと、道路の舗装がイマイチで埃っぽいなどのところが気になりますが、来てよかったです。ネパールには二週間ほど滞在する予定ですが、明日プランを練ることにします。あまりに簡単なご報告ですみません。

お久しぶりです

No.3756 投稿者:ふき  投稿日:2017年11月12日(日) 21時41分31秒

たんげさん、こんばんは。
地震のレベルを表す数字は国際化していないと思います。そもそも数字の根拠そのものが人間の感覚に基づくものですから、各国で微妙に違うのではないでしょうか。まあ数字の大きい方が揺れも大きいということくらいはどこの国でも共通のようですが、実のところはよくわかりません。
この掲示板もたまにチェックされているようで、うれしい限りです。たんげさんとはヤフー掲示板くらいからのお付き合いだったでしょうか。その後、次から次と掲示板ができました。隊長さん、甜美(春風妙舞)さん、伊謄さん、阮的台語歌などの掲示板がありましたが、みないつの間にか消えてしまいました。みなさん、どうしているんでしょうね。昔は情報量が少なく、それで情報を持ち寄ったりしていたわけですが、今は相対的に情報量も多いですから、様変わりするのも仕方ありません。
たんげさんは収集したCDをどうされていますか。私なんか今でもそのまんまです。たまたまヤフオクでいいのが見つかったので、注文したら、なんと売主が春風妙舞さんだったのには驚きました。隊長さんも相当お持ちだったと思いますが、ネットとから離れられたようで、消息は知れません。阮的台語歌の師匠さんも相当お持ちのようです。私はCDからビデオまで全部かき集めると3000枚くらいありますが、ほんとに半分は処分したいところです。日本のCDなら図書館で引き取ってくれるかもしれませんが、台湾物では無理ですね。「通常ゴミで少しづつ…」なんて考えると、むなしくなります(泣)

群発地震

No.3755 投稿者:たんげ  投稿日:2017年11月12日(日) 09時21分34秒

誤字があったので、再投稿失礼します。

おひさしぶりです。
某YouTubeで台湾中部で群発地震があったというニュースを見てふと思ったのですが、台湾で震度○級という震度表示は日本のと同じ?
あと、台北東区で停電のニュースを見て、まだちょっとインフラが弱いのかな?という気がしてます。

家庭の事情で1泊旅行もムリですけど、たまにチェックしてます。

群発地震

No.3754 投稿者:たんげ  投稿日:2017年11月12日(日) 09時19分52秒

おひさしぶりです。
某YouTubeで台湾中部で群発地震があったというニュースを見てふと思ったのですが、台湾で震度○級という陣ど表示は日本のと同じ?
あと、台北東区で停電のニュースを見て、まだちょっとインフラが弱いのかな?という気がしてます。

家庭の事情で1泊旅行もムリですけど、たまにチェックしてます。

ありがとうございます

No.3753 投稿者:ふき  投稿日:2017年11月11日(土) 15時55分29秒

tecoさん、こんにちは。
先月末に台南に行かれましたか。11月ともなると、暑さもだいぶ和らぎ、台湾も過ごしやすいですが、湿度が日本よりは少し高めなので、やはり歩き回ると、すこし汗ばみますね。
ところで去年の今頃にインドを旅行しましたが、ネパールからインドに移動してきた日本人の旅行者の方に「ネパールは快適だったよ」と聞かされたのです。そんなわけで今回のネパール旅行となったのですが、これはやはり現地に行かないとよくわかりません。ブルブル寒くないことを祈るのみです(笑)。今回は写真も少しは撮りたいと思います。フェイスブックはやっと「書き込み」だけマスターしたつもりですが、今後は写真のアップにも挑戦したいと思っています。いつまでも「準素人状態」では、ベテランのtecoさんや A Bengさんから笑われてしまいそうなので、頑張ります(笑)。
いま桃園空港で、これを書いています。それでは、行って来ます。

いってらっしゃ〜い

No.3752 投稿者:teco  投稿日:2017年11月11日(土) 08時47分34秒

ふきさん、こんにちは。みなさんこんにちは。

先月末に台南に一週間ほど行ってましたが、今月は新しい仕事の立ち上げでバタバタしております。
ネパールですか、いいですねえ。これからの季節はけっこう寒いんでしょうねえ。
お身体に気を付けて、楽しいご旅行を(^^♪

しばらくぶりで

No.3751 投稿者:ふき  投稿日:2017年11月10日(金) 22時24分40秒

みなさん、こんばんは。
実はいま台北です。「えっ、どうして?」と言われそうですが、今回ネパール旅行に向かう途中に寄りました。別に目的はないのですが、強いて言えば、道中が長いので、途中で「準備体操?」のためでしょうか(笑)。頭の中にはカラオケくらいしかなかったのですが、手持ちのタブレットのスタイラスペンの電池がそろそろ切れるかもしれないと思い、今日は久しぶりに「台北の秋葉原」として有名な光華商場に行ってきました。この電池は小さな単6乾電池なので、なかなか置いてある店が少ないのです。
さて、光華商場ですが、考えてみれば、もう20年行っていません。Windows95時代には、何度も足を運んだ場所なので、地理感はありますが、当時はバスで行ったものです。今は当然地下鉄(捷運)ですね。台北車站から2つ目の忠孝新生で降りて、すぐ近くです。八徳路の電気街もそのままでしたが、肝心の光華商場は近くの新しいビルに移動していました。5階まで全部電気店のすごい大きな建物です。もちろん目的の電池もすぐ見つかりました。浦島太郎の感じでしたが、懐かしかったです。
夜は台北駅近くの寧夏夜市で夕食して来ました。この夜市は庶民的で安いところが気に入っています。
明日はクアラルンプールに飛び、一晩寝て、明後日カトマンズ入りする予定です。

やっぱり…

No.3750 投稿者:ふき  投稿日:2017年10月24日(火) 21時18分10秒

葛さん、こんばんは。
江宸ノとって、ドミンゴとの共演は彼女の歌手人生の中で、最高に幸福な時間だったことでしょう。なにしろドミンゴのほうから求めて来たことですからね。もしかすると、江宸ヘこんな素晴らしい思い出を作ったので、「もういいか」と引退を決断したのかも知れません(笑)。
それと最近江宸ヘテレビにあまり出ていないようですね。都はるみのように「普通のおばさんになりたい」と言って、引退した歌手もいましたが、都はるみの場合は結局5年ほどで復帰しました。江宸煢スかのきっかけで、復帰すれば、「伝説の歌姫復帰」のニュースで湧き上がることでしょう。
ただ、妹の江淑娜は歌だけでなく、トークも達者なので、バラエティや司会にも出ているようですが、江宸フほうは歌一筋なので、残念ながらテレビの露出はやはり少なくなるのは致し方ありません。人生いろいろです。

その後の江宸ウん

No.3749 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2017年10月24日(火) 15時10分47秒

ふきさん、みなさん、こんにちは。
日本は総選挙と台風で大変な出来事でした。
今回選挙に行く事が出来ませんでしたが、台湾からも投票ができる事を伺い、次回には必ず一票投じる事にします。
江宸ウんが2015年9月に44年の歌手生活に別れを告げてから早くも二年が過ぎました。
妹の江淑娜さんは時々テレビで見ます。江寃tァンに非常に失望させましたが、幸いなことに彼女が依然としてソーシャルネットワーキングサイトでファンを通して維持しています。彼女はフェイスブックにも自分が「仕事が行く」を要するつもりだと語って、多くのネット仲間に期待と興奮を与えていると伝えられています。
今日はURLにも掲示しましたが、プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingoと共演の「雨夜花」を聴きましたが身震いするような感動を受けました。しかしこのような光景はニ度と見る事が出来ないことは残念です。世界的なテノール歌手Plácido Domingoと共演は生涯記憶に残ります。
美空ひばりさんの「川の流れのように」を世界3大テノール歌手のプラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスが歌っている動画を見ました。こちらもすごい迫力です。

※https://www.youtube.com/watch?v=4VjZenRzvr4

今日は選挙日

No.3748 投稿者:ふき  投稿日:2017年10月22日(日) 11時43分33秒

みなさん、こんにちは。
今日は日本列島を台風が直撃するかも知れないので、まだ雨が弱い午前中に投票所に行き、投票を済ませて来ました。
さて、今回は自民党の大勝が確実視されています。日本は安倍首相のこれまでの内外における精力的な働きのお蔭で、顕著な経済復興を成し遂げ、国際情勢の大変化にもなんとか対応してきました。これからますます厳しくなる情勢に対応できるのは今のところ自民党しかないでしょう。
天候のため投票率は悪くなると思いますが、今夜には大勢が判明します。

ナツメロ

No.3747 投稿者:ふき  投稿日:2017年10月21日(土) 21時05分19秒

葛さん、こんばんは。
葛さんはMDを現在でも愛用しているんですね。実は私はMDには縁がありませんでした。すぐに新しいものに飛びつかないという性格のためか、昔からのカセットテープでなんとか聞き続けてきたのです。CDを買ったのも相当後のことでしたが、外で聞く時はカセットに録音していました。さすがに今はスマホ+MP3というスタイルで、散歩中に音楽を聴いたりしていますが、時代の流れを感じさせます。
白冰冰の動画も見ました。もう62歳ですが、若いですね。歌も上手です。昨日、同し62歳の太田裕美をテレビで見ましたが、こちらもまだまだ若い感じで、「木綿のハンカチーフ」を歌っていました。アイドルはいつまでも変わらないですね。
しかし江宸フ「十代の恋よさようなら」は最高です。聞き惚れます。たしかに日本でもときどきナツメロ番組で当時の歌手が壇上に上がって、歌うことがありますが、ほとんどの歌手はもう聞くに堪えません。歌から離れて、たとえば役者とか別の仕事をしている元歌手などは、よほど日々発声練習したりしないと、劣化します。それを考えると、由紀さおり(68歳)と安田祥子(76歳)の姉妹はよくあの美声を今でも維持していると思うと、すごいですね。
江宸ヘ今でも時々台湾の歌番組には出ているのでしょうか。引退がほんとに惜しいですね。

白冰冰&李雅芳&江

No.3746 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2017年10月21日(土) 01時10分41秒

 
ふきさん、tecoさん、みなさん、こんばんは。
最近台湾歌手による日本曲をMDに収録して仕事中に聴いています。以前の白冰冰さんの岸壁の母を聴くとすごく上手になったと思います。

@白冰冰さんの岸壁の母(URL記載)

※https://www.youtube.com/watch?v=66D7xu0w_tI

島津亜矢さんの岸壁の母

Ahttps://www.youtube.com/watch?v=ffg93mOwLD0 李雅芳さんの二十歳の恋

https://www.youtube.com/watch?v=8mmQSspsBdE

※ 野村雪子の二十歳の恋

この曲は私が社会人になって初めに聴いた懐かしい曲ですが台湾で発見して嬉しくなりました。

Bhttps://www.youtube.com/watch?v=f4708-1CPqw

神戸一郎 十代の恋よさようなら

※https://www.youtube.com/watch?v=bU7CliZSMDY

江宸フ十代の恋よさようなら(可憐戀花再會)

こうして懐かしい日本の演歌を台湾の歌手の方々が歌われるのを聴きていると、現在日本で歌われている本家の歌手の姿を見るにつけ夢が壊れていくような寂しい気持ちになります。私だけかも知れませんが。
10月の末に一度日本へ帰ります。母親の様子を見ながら顔を見たいです。

どれも心の財産

No.3745 投稿者:ふき  投稿日:2017年10月07日(土) 22時24分53秒

葛さん、こんばんは。
早いもので、もう10月です。暑い夏も駆け足で過ぎて行き、あと2ヶ月で今年も終わりになり、また歳を取ります。でも好きなことをしているので、あまり実感もありませんが、そのうち気が付いたら、「あれっ、もう100歳か」なんてことにもなりかねませんね(笑)。
「我怎能離開[イ尓]」、「碎心戀」、「莎韻之鐘」などの老歌を聞くと、ほんとにそこに長い時間と日台の絆のようなものを感じることができます。これはほかのアジアの国の人々には理解できないことでしょう。
葛さんやtecoさんにはかないませんが、私と台湾との付き合いも40年近くになります。こんなに癒される国が近くにあるというのはほんとに嬉しいです。テレサテンも鳳飛飛ももう亡くなっていますが、二人とも私にとって最初に出会った歌手なので、特別な感情があります。「月光小夜曲」は蔡琴も歌っています。アルトの歌声で、語りかけるように歌う彼女の歌も大好きです。
どれもみな日本と台湾の人々の心の財産ですね。

中秋節

No.3744 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2017年10月04日(水) 00時27分07秒


ふきさん、tecoさん,こんばんは。
今日は中秋節で一日休日が取れました。久し振りに台湾映画のDVDやCDを楽しみたいと思います。
URLに記載した映画は、「彩雲飛」という題名の作品ですが映画館で観た最初の映画です。
現在の事は分かりませんが当時は映画が上映される前に観客が全員起立して中華民国国歌を聴く事から始まりました。

この映画の主題歌が@、我怎能離開你と云う曲で今も私の心に残る曲です。
A https://www.youtube.com/watch?v=rx_qrCsznnk 「碎心戀
この曲は連続TVドラマ挿入歌1967「慈母の孤児の涙」の曲ですが競作でしたので多くの歌手が歌いました。私は江宸ウんの歌が好きです。

Bhttps://www.youtube.com/watch?v=iO7kpuQYXfE
「莎韻之鐘」の主題歌。映画は李香蘭の主演ですが
本人の他に渡辺はま子さんや多くの歌手も歌っています。サヨンの鐘は1938年に起きた事故に関連して台湾台北州蘇澳郡蕃地(現・宜蘭県南澳郷)に設置され今も現存していて観光のコ-スにもあり案内されています。
Chttps://www.youtube.com/watch?v=6C9qloPUhPg
台湾では..「 月光小夜曲」の曲名で亡き鳳飛飛さんの歌で愛された曲です。
もっと沢山の曲を紹介したいのですが、今更私が紹介する事は烏滸がましいのでお許しを願います。
今月の誕生日が来れば76歳の老人で〜す。

日本時代の戸籍

No.3743 投稿者:ふき  投稿日:2017年09月30日(土) 23時09分33秒

葛(新平市)さん、こんばんは。
私は子供のころから歴史学が好きでしたので、どんな話も脱線してしまうきらいがあります(笑)。
日本による台湾と朝鮮の統治形態は西洋列強のそれとはまったく違っていました。彼らの「植民地」経営とは突き詰めていえば経済的な搾取の一言です。現地の住民の生活向上のために何かをするという発想はまったくありませんでした。日本の場合は被支配地域に道路や橋を作り、また学校や病院を建てて、衛生面の改善や教育の普及のため、莫大な予算をつぎこみました。戸籍を作ったのもその目的の一環です。たしかに総督府が置かれ、内地とは異なる法体系が施行されたので、植民地と言えなくもないですが、いずれ日本本土に組み込む予定だったと思われます。そうでなければ、あれだけの投資はしなかったでしょう。そのおかげで、戦後の台湾と韓国の発展は驚異的でした。欧米列強の東南アジアやアフリカの植民地の状況と比べれば一目瞭然です。
さて、また脱線しそうですが、幕末に日本に来た西洋人が日本人の顔立ちを見て、日本には主として面長で色白な長州型と顔が四角で色浅黒い薩摩型の二種類の日本人がいると言っていました。たしかに日本人に金髪碧眼はいませんが、いろいろな顔立ちが混在しているのも事実です。縄文人の特徴としては「顔が四角い」「眉毛が太い」「二重瞼が多い」といわれていますので、どうもこの場合は薩摩型になりそうです。この手の顔は東北にも結構多いそうです。
ただ、日本の海人族が中国大陸や台湾、フィリピンに進出した可能性については、私は懐疑的です。歴史時代になってからならいざ知らず、縄文時代の航海技術はまだ未熟で、潮の流れに乗らないと、移動は厳しいと思われます。やはり南から北に上がって来たと考えるのが自然です。
私は台湾から日本にやって来た南島系の人々が縄文人の祖先と考えています。縄文人は沖縄から九州に上陸し、やがて本州、東北に至り、日本列島のほぼ全域に拡散しましたが、その後おそらく朝鮮半島から新たに日本にやって来た弥生人により駆逐され、また同化されて、日本原人を形成する一員になったのかも知れません。
朝鮮半島方面からやって来た弥生人の言語が現在の日本語につながりますが、音韻的には縄文人の発音習慣が残ったと考えられます。日本人がのちに古代中国から膨大な漢語を輸入する前の日本語は1子音に対して1母音という非常に単純な音節構造でした。このような基本構造を持つ言語は、ハワイなどのポリネシア諸語にありますが、彼らも以前はインドネシアあたりから移住して来た海洋民族の末裔です。
おっと、私はこういう話が大好きなので、一晩中でもやってしまいそうなので、このあたりにしておきますが、古代日本にはほんとにダイナミックな物語があったことでしょう。この話の続きはまたの機会に(笑)。

台湾の戸籍謄本

No.3742 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2017年09月29日(金) 20時43分50秒


ふきさん、みなさん、こんばんは。
台湾の戸籍謄本は日本のものと酷似していて、日本の統制時代に政令されたという事です。
私の戸籍簿は戸籍番号が記載されているIDカ−ドに
亡き女房との婚姻届が記載されています。
戸籍データは1997年に全面電子化されています。

ふきさんの縄文人の故郷のタイトルのように、かつての済州島や台湾は日本民族の1つ海人族安曇氏(海洋漁労民の国であった。縄文時代あたりには、彼らは中国大陸や日本列島の内部まで進出し、陸上の縄文人達と共に東アジアを広く交流する海洋漁労民であったと記載されている文章を見ました。
戸籍謄本制度は、台湾、韓国で同様の形式を見ましたが、日本統治時代に定められた戸籍法が現在も引き継がれているようです。中国の戸籍謄本も研修生が来日するときに書類に添付されますがいくらでも偽造可能で本人と確認する事は不可能です。
最近の掲示板の内容は、専門的な文章が多々あり私のような知識がないものには難しく感じます。
しかし勉強になります。

縄文人の故郷

No.3741 投稿者:ふき  投稿日:2017年09月15日(金) 22時34分43秒

葛さん、梧棲さん、みなさん、こんばんは。
台湾の話がかなり濃くなりましたね。私も以前は時々映画を見に行ったものですが、最近はほとんど行きません。私が住んでいる町に昔は小さな映画館が3軒あったのですが、もうつぶれてしまったのが理由です。ビデオが普及し出して、壊滅的な打撃を受け、さらにインターネットの追い討ちで、全滅です。地方によっては、固定客がある程度いるところでは細々と経営しているところもあるようですが、客数が少なく相当苦しいでしょうね。映画はもうシネマ・コンプレックスのような大型レジャー施設でしか見ることができない時代です。もっともこれは日本だけでなく、台湾も似たようなものではないでしょうか。また作品がDVD化されたとしても、台湾モノを日本で探すのは一苦労です。ツタヤで簡単にレンタルできればいいのですが、なかなかそういうわけにも行きません。

さて、日本統治時代の戸籍がいまだに台湾に残っているというのもすごいですね。台湾の行政機関は大したものです。早くから機械化を進めていたのではないでしょうか。台湾の原住民の人々は日本統治時代になり、初めて戸籍が作られたと思われます。当時の日本の役人もよく「平埔」あるいは「熟蕃」などを認定して、記録に残したものだと感心します。ところで中国語の「先住民」は「元々その地に住んでいたが、今はもう滅んでしまった民」の意味なので、現在もなおそのまま台湾に住んでいる高砂族(山地族)の人々は「原住民」となりますね。
ちなみに私は言語学にも興味があるので、調べましたが、高砂族の話す言語は、フィリピン諸語、インドネシア諸語に非常に近いです。たとえば数字の「5」を台湾のタイヤル語で「lima」と言いますが、フィリピンのタガログ語もインドネシア語もまったく同様に「lima」と言います。先日、日本の縄文人の故郷がインドネシアではないかという番組をテレビで見ました。そして復元された縄文人の顔立ちを探しに、インドネシアのある島に行ったのですが、そっくりの人がいっぱいたということでした。海洋民族なら、黒潮に乗って、そのくらいの移動は十分考えられます。そうなると、台湾の高砂族がさらに北進して、南西諸島経由で日本の縄文人になったということも考えられます。これも将来、DNAの研究が進めば、解き明かされることでしょう。

台湾の戸籍

No.3740 投稿者:梧棲  Mail  投稿日:2017年09月13日(水) 11時57分58秒

皆さん、こんにちは。
湾生回家に関する件で一つ書き忘れていました。それは湾生やその子孫が台湾を訪問した時に台湾にある湾生の戸籍を見つけてもらえることです。【Yahoo台湾ニュース】にはこの事例が毎年のように紹介されています。
 日本統治時代に日本政府は台湾にも戸籍制度を導入し、日本が撤退後も台湾では戸籍制度が存続しています。私は蒋介石・国民党政権になってからは台湾にある日本人の戸籍は廃棄されたのではないかと思っていましたが実際には現在でも各市・鎭・郷の戸政事務所に保管されているようです。

【Yahoo台湾ニュース】
『台湾旅行のはずがルーツ探しの旅に 湾生の男性、戸籍を目に感激』  7/14(高雄 中央社)
観光のために台湾を訪れていた湾生の男性が、ふとした思いつきをきっかけに自身の戸籍資料を手にする出来事があった。男性は感動で目頭を熱くし、もう一度子や孫を連れて訪台し、父母の記憶を手繰りたいと語った。
この男性(75)は日本統治時代に南部・高雄市で生まれた。父親は技術者、母親は小学校の教師で、一家は男性が1歳のとき日本に引き揚げた。男性はこれまで仕事で台湾を幾度も訪れていたが、ルーツ探しにまでは至らなかったという。
12日、南部・台南で観光をしているときにふとルーツをたどってみたくなり、台湾人の友人の助けを借りて、出身地である高雄の戸政事務所(戸籍業務を担当する役所))に問い合わせてみたところ、10分ほどで一家の資料が見つかったという連絡を受けた。
男性がすぐさま高雄に向かうと、同所の職員から丁寧にカバーが付けられた資料を手渡された。男性は台湾の行政機関の効率の良さにも舌を巻いたという。(王淑芬/編集:塚越西穂)

 また日本統治時代の戸籍は湾生のアイデンティティを証明するだけでなく、原住民であることを証明するのにも利用されています。
 台湾原住民の中で平埔族は早い段階に漢族に同化されたために戦後の台湾では原住民に分類されていませんでした。台湾政府は先月、平埔族も原住民として認定することを閣議決定しました。平埔原住民として認定されるためには日本統治時代の先祖の戸籍に「平埔」あるいは「熟蕃」と記載されていることが必要とあります。

【Yahoo台湾ニュース】
『平埔原住民を先住民の分類に追加へ 改正案が閣議決定』  8/18(台北 中央社)
政府は17日、これまで先住民として承認していなかった平埔族群(エスニックグループ)を「平埔原住民」として認定する原住民身分法改正案を行政院院会(閣議)決定した。
平埔族群は台湾西部を中心に平地で生活する先住民の総称。ケタガラン族やシラヤ族など複数の民族が含まれる。平埔族群は長年にわたり、政府に公認を訴えていた。
原住民身分法は先住民の身分を認定し、権利を保障する法律。現行では、先住民の分類が「山地原住民」と「平地原住民」の2分類のみになっている。改正案ではこれに「平埔原住民」が追加されたほか、平埔原住民の文化や言語、政治など各方面における客観的ニーズに合わせ、法律で権利を定めることも規定された。
改正法が成立すれば、日本統治時代の戸籍資料に「熟番」あるいは「平埔」と記載されている直系尊属がいる場合、「平埔原住民」の身分を申請できる。改正案は今後、立法院(国会)で審議される。
(顧セン/編集:名切千絵)




映画「湾生回家」を見ました。

No.3739 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2017年09月10日(日) 20時22分33秒

ふきさん、tecoさん、梧棲さん、こんにちは。
この映画は多くの台湾の皆さんも鑑賞されたと聞きました。私自身湾生の皆さんともお付き合いがあります。自分自身湾生のような気がしています。
年齢が上がるたびに涙腺が緩くなっています。この映画は涙なしでは見る事が出来ません。
先日所用で嘉義に行きました。皆さんも良くご存知の甲子園の高校野球で優勝を遂げた嘉義農林高校に立ち寄る事が出来ました。
【KANO 海の向こうの甲子園】の案内が梧棲さんの投稿にありました。嘉義農林野球部の最大の特徴は原住民、中華系住民、日本人の混成チームであったことだ。当初は弱小チームだったが、元愛媛・松山商業監督の近藤兵太郎氏の特訓により強豪校になったのだとの事です。このチ―ムで活躍された、呉さん、東さんの親戚の方と偶然お目にかかる事が出来ました。特に自慢できる選手は中央の呉明捷選手はエースで4番。早稲田大学に進学し東京六大学野球でも活躍した事です。
現在は国立嘉義農大野球部に資料が展示されています。https://www.youtube.com/watch?v=PvBvkp-r4C4
台湾での私の生活は日本にいる時よりも充実しています。残念な事は台湾語を話す若年層が少なくなっている事だそうです。









☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード