Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 
花蓮

No.3798 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月11日(日) 18時18分41秒

1泊4500元? いえいえ、その半分ぐらいの料金でした。書店に見に行ってきましたが、『地球の歩き方』で4900元になってました。以前は実勢料金を記載していたのに、定価を表示するように変更されてしまったので、旅行ガイドブックもあてにならなくなりました。台湾だと何も言わなくても3〜4割引きですが、4500元の6折でも2700元と高いので、改装して室料上げたのかもしれませんね。
駅前に泊ったときは、千台大飯店の向かいの角、今はWow Hostelになっている建物のホテルの方がガイドブック掲載の料金が安かったので、先にそっちを当ってみました。部屋は狭かったですが、手入れは行き届いていてホテルの親父さんも気さくな感じでよかったので、1軒目で決めました。「朝食は部屋にお持ちします。」でした。
「どこに行きますか?」と聞かれたので、「玉里に行ってきます。」と答えたら拍子抜けしてました。現地発のツアーを世話してくれるつもりだったのかもしれません。
最後に泊ったのが那魯湾飯店ですが、そういえば、旧市街に行く途中、國聯五路から進豊街に名前が変わったあたりで、あそこに小綺麗なホテルがあるなと思ったのを思い出しました。そのあたり建物がないので、例の傾いた建物が見えます。

台湾旅行法

No.3797 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月10日(土) 23時34分06秒

たんげさん、こんばんは。
たんげさんは統帥大飯店に泊まったことがありましたか。あそこは4500元以上するので、一応高級ホテルに分類されます。築40年以上だそうですが、ほかの旧市街の建物もかなり古いのがたくさんありそうですね。雲門翠堤大楼の映像を見ましたが、傾きが大きく、支え棒がなければ、どどっと完全に崩れそうです。すさまじい揺れだったのでしょうね。
私は4年前に駅前の千台大飯店という800元の安宿に泊まりました。旧市街まではバスを使いましたが、本数は少なく、少し待ったと思います。旧市街の中心で降り、花蓮港の北浜公園に行くときに、統帥大飯店の横を通ったと思います。小さな町なので、ぶらぶらして、アミ族のダンスなどを見てから、夕食を済ませて、さてバスで帰ろうとしたら、夜8時半時点でもう便がなく、2kmの帰路を歩いてホテルに帰りました。ほんとにあの町が被害に遭ったと思うと、心が痛みます。

葛さん、こんばんは。
中国が不満を表明しているのは、まさに日台の親密ぶりに対するジェラシーからです。安倍首相が揮毫した「台湾加油」の色紙に、蔡英文は「安倍首相と日本国民の温かな友情を感じた」とした上で、安倍首相宛てにお礼の書簡を送ったということです。考えても見てください。あの国賊河野洋平が外務大臣をやっていたころに比べると、いまの官邸の仕事ぶりは格段によくなりました。また国際情勢も変わりつつあります。
今年の1月9日に米下院は、アメリカの全レベルの官僚の台湾訪問許可を盛り込んだ「台湾旅行法」の草案を全会一致で可決しました。これは今までアメリカと台湾の閣僚や軍および行政機関の高官などが相互に訪問することを規制していたものを撤廃して、自由に行き来ができるようにするものです。台湾の総統府は法案推進に力添えをした議員に感謝を示しました。今のところまだ下院だけですが、さらに上院でも可決され、トランプ大統領が署名すれば、この法律は施行されることになり、米台関係は一気に正常化に進むことになるでしょう。トランプ大統領は既存の概念に縛られない今まで見たことのない政治家なので、おそらく署名することと思います。日本にとっても、中国の顔色を窺っていた時代は過去のものとなりつつあります。

台湾地震、中国の支援断る 日本は受け入れ「機材高度」

No.3796 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月10日(土) 12時05分51秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。
今回の花蓮地震に対して中国政府は日台の絆の強さに入り込む余地などない事を改めて認識させられたでしょう。
台湾花蓮の地震で、蔡英文政権が中国ではなく日本の救援チームを受け入れたことに中国国内で反発が出ている。台湾は「大陸を拒絶しながら日本の援助を受けるのか?」と題する記事を配信した。
環球時報によると、台湾総統府報道官は8日、救援の人員や物資は足りていると説明し、中国などの援助を辞退しながら「唯一の例外は日本だ。高価な探査機を持っている」と発言した。日本の救援チームは8日、震源地に近い花蓮で、傾いたビルで人命探査装置による捜索活動を始めた。
中国ではもともと、台湾独立志向の民進党・蔡政権への警戒心が強い。中国のインターネット交流サイト(SNS)は、今回の地震で改めて浮き彫りになった日台の親密ぶりに「台湾独立分子の目には、中国は敵で日本は身内と映っている」などと台湾を非難する書き込みであふれている。
花蓮県などを襲った地震では、中国からの旅行者が巻き込まれ、3人が犠牲となり、5人の安否確認ができていない。中国側の関心も高く、救援活動の支援を申し出たが、台湾の総統府報道官は8日、「人員や物資は足りている」と必要ないという立場を表明。一方で日本政府が派遣した専門家チームは受け入れており、中国メディアは批判的な論調で報じている。
一方、台湾の総統府報道官は「日本には高度の機材がある」として、中国を含めてほかの国の応援は受け入れない意向を表明。これに対し、中国メディアは「政治的な判断だ」(環球網)と批判的な記事を配信している。日本が派遣した警察・消防などの専門家7人は8日に現地入りし、生命反応などを探知する機器などを台湾側に貸し出し、捜索を支援している。首相官邸のフェイスブックは8日、「台湾加油(頑張れ)」と記された安倍晋三首相の色紙の写真を掲載した。台湾の蔡英文総統のツイッターには日本語で、「安倍首相からのお見舞いは、まさかの時の友は真の友、まさにその通りです」とのお礼のメッセージが掲載された。今回の阿部首相の対応は適切であり見直しました。来週板橋に戻りますが、
tecoさんの云われるように転ばぬ先の杖「非常持ち出し袋や非常食、飲料水の確保など話し合うことにします。来週「春節を迎えます」現在インフルエンザが流行しています。風邪などひかぬように体調管理には充分お気をつけて下さい。

花蓮地震

No.3795 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月10日(土) 09時40分09秒

ふきさん、みなさん、こんにちは。
19年前に初めて花蓮に行ったときに泊ったのが、倒壊したカラフルな窓の統帥大飯店です。予約なしで行ってチェックインするときに、翌日の太魯閣ツアーが申し込めると聞いて、手配お願いしました。翌日も移動予定ですが、荷物はどうすればいいのか聞いてみると「ツアーバスに積んでいけばいい、ホテルまで戻ってくる前に駅を通るから」と言われたのが印象に残っています。
あとで断層の上に建ってましたと言われてもなあ・・・
花蓮の街は駅から旧市街まで2kmぐらいあるので何かと不便なので、2回目は宜蘭から日帰りにしました。
3回目は花蓮の駅前の広場を渡った向かいのホテルでしたが、ストリートビューで見ると名前が変わってます。駅前だと鉄道の移動には便利ですが、街を見るのには不便なので、4回目は中間に位置するホテルに泊まりました。けど、あのつっかえ棒してこれ以上傾くのを防いでいる川沿いの雲門翠堤大楼まで120メートルぐらいのところです。
知っているところやその近所で被害が出ているので残念です。

地震国どうしの相互援助

No.3794 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月09日(金) 22時51分43秒

tecoさん、みなさん、こんばんは。
日本と台湾はどちらも海に囲まれていますが、プレートが重なる位置にあるため、地震が多発するという悲しい運命も共有しています。似たものどうしお互いに助け合いたくなるのは当然です。
ところが台湾の蔡英文政権が 中国からの救援隊派遣の申し出を断っておきながら、日本からの専門家チームは受け入れたのに対して、中国は不満を募らせています。台湾の総統府は日本チーム受け入れの理由として「台湾より高性能な生命探知機があるので例外だ」と説明していますが、安倍首相から蔡総統への「緊密なメッセージ」の宛先が「蔡英文総統閣下」と肩書・敬称付きで表記されたことに対して、中国は「一つの中国原則に反し極めて不満だ」と日本を非難しています。まあ中国らしいと言えばそうなのですが、こんな時には世界第二の経済大国らしい大人のふるまいを求めたいと思います。
さて、専門家によると東京直下型地震があと40年以内に起きるのはほぼ確実らしいです。私は今のところ水とカンパンしか用意していませんが、非常食をもう少し充実したほうがいいかも知れませんね。いま北陸の豪雪で、流通のトラックが立ち往生して、コンビニなどに商品を届られず、棚が空っぽになっているのを見て、ふとそんな思いになりました。

ご無沙汰しております

No.3793 投稿者:teco  投稿日:2018年02月09日(金) 10時29分06秒

ふきさん、葛さん、みなさん、おはようございます。

台湾・花蓮の地震で亡くなられた方に心からお悔やみを申し上げます。
また被災された方々に心から同情申し上げます。

私もYahoo基金と日台若手交流会を通じて志を寄付させていただきました。
昨年の暮れから日本相撲協会が大揺れに揺れて、初場所も危ぶまれるような状態でした。
その揺れが台湾に飛び火したんだろうなどと軽口をたたく連中もいますが、日本も地震の巣を抱えており安心はできません。

1月6日の地震は千葉県北西部に震源があったとの発表でしたが、
正確に調べてみたら東京都南東部であり、一部では東京直下型地震につながっているのではないかという危惧がなされています。
我家では非常持ち出し袋を家族の個人ごとに用意してもらっています。
それらはガレージ横の物置にしまってあり、いつでもとりだせるようにしています。
私の住む地域には市民の森という緑地が数多くあり、私の家の前も森になっています。
毎年雑草の除草や落ち葉の清掃に苦労しますが、地震などのときの有効な避難場所となっており、町内会で非常食や飲み水などをしまっておく防災倉庫もここにあります。
地域住民の多くが60代以上の高齢者で、いざと言うときの力仕事はほとんどできませんので、着の身着のままで逃げてきても大丈夫なように、衣類や医薬品なども常備しています。
鍵はかけず、子供でも簡単に開けられるようになっているので、不心得者には格好の餌場ではありましょうが、いまのところそうした被害はありません。
防犯カメラや警察や消防に通知する非常ボタンなども設置し、一つの安心の種にはなっています。

非常持ち出し袋や非常食、飲料水の確保などは面倒でありますが、現物支給の保険と考えれば安いものです。
自分たちで工夫して用意しておくべきものだと思います。



まさかの時の友は真の友

No.3792 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月09日(金) 00時54分08秒

葛さん、みなさん、こんばんは。
今回の台湾東部の地震に日本政府がいち早く動きました。警察庁や消防庁などからの専門家チーム7人が8日午後、生命反応を探索する機材を携え、集合住宅兼ホテルが倒壊した花蓮市の現場に入り、活動しています。72時間を経過すると、生存率がぐっと低くなるので、緊急を要する作業です。またこの7人は海外からの唯一の支援要員だそうです。
また、安倍晋三首相は8日、台湾の蔡英文総統宛てに「東日本大震災の際に台湾の皆様から心温まる支援を頂いたことを日本国民は今でも良く覚えている」とするお見舞いのメッセージを発表しましたが、これに対し、蔡英文総統もツイッターに日本語で「まさかの時の友は真の友」と書き込み、頼りになる台湾の友人日本に感謝しています。
私も微力ながら、義捐金寄付をさせていただきました。

1. 台湾東部地震 緊急支援募金(Yahoo!基金)

No.3791 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2018年02月08日(木) 19時23分52秒

ふきさん、みなさん、こんばんは。
台湾東部地震 緊急支援募金(Yahoo!基金) のサイトが立ち上がりました。
私も微力ですが寄付をさせていただきました。強制ではありませんが、皆さんも協力を頂ければ幸いです。宜しくお願いいたします。

Re:台湾加油!

No.3790 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月07日(水) 23時48分09秒

葛さん、こんばんは。
今日の夕方の時点で、死者は6人、負傷者は254人が確認されたということです。そのうち日本人の負傷者は9人が病院に搬送されましたが、すでに8人が退院したということです。「#台湾加油」のタグはニュースでもやっていました。今度は当然日本から東日本大震災の時の恩を返さなければなりませんね。
ただ、すこし心配なのは、日本では北陸地方の大雪と平昌冬季オリンピックだけで、ほとんど一日中電波が使われていることです。それも北朝鮮の核やミサイル問題にフタをして、明けても暮れても女子アイスホッケー合同チームや美女軍団の話ばかりで、ほんとにウンザリしています。こんな状況では、一般の日本人は台湾の地震の深刻な状況にあまり関心を持ってもらえないのではないかと思います。
オリンピックが始まれば尚更です。募金があまりに少ないと、日本人としてみっともなく、非常に危惧しています。

台湾加油!

No.3789 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月07日(水) 21時16分24秒

ふきさん。
時間がたつにつれ被害の大きさが伝えられてきます。その中で台湾地震を受けハッシュタグ「台湾加油」がトレンドに 「今度は僕らが恩返しする番だ」の記事があります。
2月6日夜に台湾の花蓮で発生した地震を受け、Twitterでハッシュタグ「#台湾加油」がトレンド入りしています。「加油」という声援が上がりました。東日本大震災発生時、台湾から日本へ多額の義援金が寄せられたことについて触れ、「今度は僕らが恩返しする番だ」と呼びかける声もあがっています。「永遠的朋友」日人刊廣告謝台助震災

ハッシュタグ「#台湾加油」は、日本のTwitterでは7日午前1時半ごろ(日本時間)から使われはじめ、7日午前にはトレンド入り。ハッシュタグ内では現地の被害を心配する声のほか、募金や支援を呼びかける声も。また「東日本大震災のときのご恩は忘れません」「東日本大震災の時の義援金、台湾の人口2200万近くでこの金額だぞ!?」「日本より人口も少ないのに日本が大変な時にすぐ手を差し伸べてくれて、チャリティ番組をして、多額の募金をしてくれた」など、東日本震災時に受けた恩義をいまこそ返すべき、といった呼びかけも多くみられました。

台湾東部地震

No.3788 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月07日(水) 13時23分46秒

葛さん、こんにちは。
私もテレビニュースで見ました。花蓮のビルの倒壊は強烈な映像ですね。あのあたりは市の中心部なので、おそらくみなさん一度は歩いたことのある街路ではないでしょうか。日本人の死者の情報はありませんが、安否確認の取れていない人も多く、予断を許しません。まだ余震の心配もありますが、一刻も早い負傷者の救出と被害場所の復旧が待たれます。

地震続報

No.3787 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月07日(水) 06時16分37秒

ふきさん、tecoさん
少し詳細が伝えられました。倒壊したホテルは花蓮市公園路の統師大飯店です。日本人が経営する民宿の被害にあっています。日本人の死者は確認されていませんが、4棟が倒壊または損壊した。
2人が死亡、200人以上が負傷している模様です。
まだ小規模な地震が100回近く発生しているようです。日本の北陸の豪雪に対してボランティアで行く予定を立てていたようですが花蓮に派遣に切り替えました。台湾は何時でも日本に寄り添う心には感動しています。

昨夜花蓮で地震が発生!

No.3786 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月07日(水) 03時57分06秒


ふきさん、tecoさん、
花蓮で昨夜午後11時50分ごろ、地震が発生したました。地震の規模はマグニチュード(M)6.4と推定されていると発表です。花蓮市内のホテルなどが倒壊し、閉じ込められた人々の救出作業が行われています。心配です。
tecoさんは現地の友人が多いと思いますが安否が心配でしょう。詳しい事は確認して下さい。

家庭介護と修学旅行

No.3785 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月05日(月) 21時30分21秒

葛さん、こんばんは。
お母様が亡くなられましたか。それは御愁様です。
ところで、おっしゃるとおり日本はすでに介護分野の人手不足に悩まされています。人員を募集しても、重労働のわりに報酬がそれほど高くなく、スタッフがどうも長続きしません。一人辞めると、仕事の分担が増え、さらにきつくなるので、ますます辞めて行く人が多くなります。まさに悪循環ですね。数年前に私の亡父母がお世話になっていた老人ホームでそのことをよく見ていました。日本語ペラペラのタイ人の女性と日系ペルー人の男性以外は全員日本人でしたが、老人ホームのお年寄りは日常の生活がスムーズに行くことが第一で、むずかしい話の相手を求めているわけでもないので、特に日本人でなくてもかまわないと思います。難しい漢字も必要ないので、簡単な日本語が話せれば、外国人でも十分対応可能です。台湾のように東南アジアからの「家庭介護」要員を招かないと、もうどうしようもないですね。昔のように「老いたら、子供に世話になる」というのはもう過去の話。老老介護で共倒れにならないように、グローバルな視点で、新しい解決策を見出さなければならない時代に入っています。

梧棲さん、こんばんは。
私の高校時代は専用列車「ひので号」に乗って、平凡に関西地方を修学旅行しました。当時の飛行機代は目の玉が飛び出るほど高かったので、しかたないですが、今の高校生がうらやましいです。なにしろ中国、韓国、台湾へ行くのは日本国内の交通費より安い場合があります。しかしよくよく考えると、アジア諸国の中で、高校生が安心して旅行できる国は台湾以外にありません。まだ子供が大人になりかけた成人前の年齢です。反日の中国、韓国に行って、どんな感情を抱いて、帰って来たのかということは、中韓への修学旅行が徐々に減少していると言う数字に表れているのだと思います。学生最後の旅行はやはり楽しい思い出を残して、帰りたいものです。ちなみに修学旅行先の第2位は、グアムやハワイを含む米国です。やはり先生方の熟考の結果ですね。

修学旅行先

No.3784 投稿者:梧棲  Mail  投稿日:2018年02月04日(日) 19時11分58秒

ふきさん、皆さん 今晩は。

 税務署がまだ混んでいない1月31日に確定申告書提出を済ませ、メールができない台湾の友人達への年賀を兼ねた手紙を今日投函しました。日文2通、中文3通でした。

 日本の高校の海外への修学旅行で台湾がトップの訪問先になった毎日新聞のニュースは私も見ました。
台湾の若者達にはすぐにメールで知らせ、メールができない世代の友人達には今日投函した手紙で知らせました。
 去年12月5日の桃園空港の出国審査場で修学旅行から帰る日本の女子高校生達と一緒でした。彼女達は関西空港行きの便でした。4回前の台湾旅行で成田空港への帰国では日本の高校生達と同じ便でした。
台湾に修学旅行する日本の高校生達が増えてきていることは私は実感していましたが、新聞記事を見るまでは修学旅行先として台湾がトップになっていることは知りませんでした。
 高校生の保護者から見れば反日運動を起こすことがある中国や韓国よりも台湾は遥かに安心できる訪問先であるし、この3年続けて台湾は日本人が最も行きたい外国となっているし、台湾の発展のために尽くしたとして日本が去った後も今日まで台湾人に尊敬されている日本の先人達がいることを学べる場所でもあります。
 更に日本の各県の空港には大抵の場合台湾の航空会社が就航して週に2〜3便運航しているので、成田・羽田・関西などの基幹空港に出て来なくても地元の空港で発着できる便利さがあります。
 私は早起きが苦手で成田空港も桃園空港も14時半頃に出発する便に乗っています。台湾に修学旅行する高校生は多分成田空港午前出発でしょうから出遭うことはありませんが、帰りの桃園空港14時台出発は彼等にも都合のよい時間帯なので出遭うことがあります。
 台湾旅行の費用と国内旅行の費用には大差ありませんし、地元の空港発着便があるので台湾に修学旅行する高校は今後もまだ増えると思われます。

台湾を支える介護移民

No.3783 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月04日(日) 05時52分24秒


ふきさん、tecoさん、みなさん、こんにちは。
長い間ご無沙汰しています。母を無事におくる事ができ安心しました。ふきさんの云われるように最近よく目にするのは、日本から台湾に来る修学旅行の高校生です。引率の先生ともしっかりとしたコミニュケ−ションが取れているのか、台湾の習慣を心得ていて礼儀正しい行動が目をひきました。

日本における介護分野の人手不足は深刻だとおもいます。。誰がこの仕事を担うのか――同じ東アジアで、この問題でひとつの見解を見出そうとしている国があります。それが台湾です。
テレビの報道番組を見ていて、インドネシアやフィリピンなどから家庭滞在型の介護人材を積極的に受け入れ、いまやその数は20万人を大きく超えると云います。社会全体が「外国人と共に生きる」ことを選択した台湾は、日本の未来を考えるひとつの方法だと思いました。介護される老人たちは言葉を失われていく、でも、かすかな目線や表情の変化で、何を欲しがっているのか、何を考えているのか、「全部我可以知道(ぜんぶわかります)とジャワ島から台湾に働きにきているインドネシア人だ。要介護者の家に住み込みで面倒を見る「家庭看護」の資格を持ち、台湾では「外籍労工(外国人労働者)」あるいは「外籍移工(外国人移民労働者)」と呼ばれる人達です。日本でも多くの人材をアジアから受け入れましたが変な理屈をつけて結課的には馴染むことなく帰国して行きます。
彼女達は正確にいえば、移民ではない。だが、半ば移民化していると言ってもいいぐらい、台湾社会の深いところに溶け込んだ存在になっている。だからこそ「移工」という名で呼ばれているそうです。

台湾の制度上は「家庭介護」のビザで滞在し、一緒に暮らしている人が多いようです。もう一緒に過ごした時間は10年近くになる人もいます。
過去にフィリピンの看護ワーカーを雇ったが、性格的に合わなかったため、仲介会社に交代を求め、派遣されてきたのがイダさんという女性でした。
イダと出会えて、私も母も本当にラッキーだった」
と振り返り話をしてくれたそうです。
大学に籍を置き、研究者として世界を飛び回る独身の柯さんは言う。「論文や研究で忙しかった時に親が体調を崩したので、もしイダがいなかったら、きっと私も、もっと介護に時間をとられて、研究者としても、こんなにスムーズにキャリアを積めなかったかもしれません」

現在、台湾で働いているホワイトカラーの外国人は3万2千人。これに対して、ブルーカラーの外国人は67万人に達する。その内訳は、2017年11月末時点で工場などで働く製造業で約40万人、建築業と漁業で約2万人、介護が約25万人だ。介護分野における外国人の国籍は、インドネシアが約4分の3と最多で、フィリピン、ベトナムがそれぞれ約3万人と続く。
日本政府もこうした事例を見て介護に対して、なんらかの制度を作るべきだと思います。
春節を迎える台湾は少し気ぜわしくなってきました。

修学旅行先のトップは台湾

No.3782 投稿者:ふき  URL  投稿日:2018年01月29日(月) 21時15分36秒

みなさん、こんばんは。
毎日新聞によれば、なんと「修学旅行で日本から台湾に行く高校生が10年前と比べ12倍に急増し、海外の修学旅行先で米国を抜いてトップに立った」ということです。「親日的で治安が良いうえ、地方都市の航空路線が急激に増えて利便性が高まったことが背景にあるようだ」とも言っていますが、対照的に中国や韓国への修学旅行は急減しています。

「全国修学旅行研究協会」(東京都)の集計によると
◎台湾(2006年度)  3552人 → (2016年度)4万1878人 … 約12倍に激増
◎韓国(2006年度)2万3197人 → (2016年度)  3246人 … 約7分の1に激減
◎中国(2006年度)1万4031人 → (2016年度)  3398人 … 約4分の1に減少

これを見ると、台湾への増加は一目瞭然です。その人気上昇の背景には、航空便の急増もありますが、何と言っても台湾は治安が良く、親日的で安心して旅行ができるというのが一番の理由です。逆に言えば、反日的で、ぼったくりの韓国へどうして過去にあれほど修学旅行をしていたのか理由が全然わかりません。中韓への修学旅行にこだわってきた学校側に対し、善良な保護者からの突き上げがあり、それがやっと反映された結果でしょうか。捏造された慰安婦像や史実に基づかない南京記念館などを高校生たちに見せるような教師は教育者ではありません。台湾へ修学旅行に行ったのなら、日本の教科書には載っていないが、台湾人に愛されている八田與一の銅像のある烏山頭ダムなどを訪れるのもいいですね。日本人として誇りに思える歴史上の人物を高校生に知ってもらうことこそ教育者の使命です。

小人閑居して不全を成す

No.3781 投稿者:ふき  投稿日:2018年01月21日(日) 23時08分08秒

tecoさん、こんばんは。
いい諺をご存じですね。考えてみれば、トランプ大統領だって今71歳であの通りバリバリやっているので、行動派の人間は歳をとるのも遅いのではないでしょうか。隠居生活なんかしたら、あっと言う間に足腰がダメになってしまいます。実は私も本来は無精者なのですが、自分を叱咤しながら、あれこれ頑張っています。運動神経が抜群に悪く、小中学校の通信簿の体育の欄はいつも一番下の「1」か、せいぜい下から2番目の「2」でした(笑)。それでも身体は意外にやわらかく、この歳になっても元気にやっています。趣味の旅行を思う存分楽しんでいられるのも神様というより、私を産んでくれた父母に感謝ですね(笑)。
さて、明日と明後日は関東地方に雪が降るかもしれないという天気予報が出ています。でも、tecoさんが帰国される予定の24日はもうその心配はなさそうです。ただ今週よりは少し寒くなりそうなので、お気をつけてください。

Re.明けましておめでとうございます。

No.3780 投稿者:teco  投稿日:2018年01月21日(日) 11時37分53秒

ふきさん、みなさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

去年はインドネシアで地熱資源調査の傍ら砂金採りをしたり、トルコ、エジプトでの大電力備蓄プロジェクトに参加したりと、そこそこ楽しい一年でした。
今年は外国のコンサル業務も減らし少しのんびりしようかなどとも考えていますが、「小人閑居して不全を成す」になるのが落ちですから、適度にやろうと思っています。

さて、今日からシンガポールです。23日までの短期ですが、往復とも深夜便ですのでわりとゆっくりできます。

末筆になりましたが、今年は家業の和紙の店を台湾に出店しようと考えています。

明けまして、おめでとうございます

No.3779 投稿者:ふき  投稿日:2018年01月01日(月) 01時46分45秒

tecoさん、みなさん、いよいよ2018年が始まりました。
今年はどんな年になるのでしょうか。経済的には上振れしそうないい感じもありますが、朝鮮半島有事というリスクもあるので、なかなか予断を許しません。注意深く状況を見て行く必要がありますね。

さて、今年も台湾には行きそうです(笑)。私は東南アジアなどに行くときに、そのウォーミングアップも兼ねて、台湾に寄ることがありますが、今年はもう少しじっくり台湾を見て回りたいと思います。みなさんに比べると、まだまだ台湾濃度が淡く、知識も中途半端なので、全島の穴場を少しずつ極めて行きたいと思っています。

阮的台語歌は過去に台湾や台湾の歌に興味のある人たちが集まった日本最大の掲示板だったと思っています。私も初期のころはよく書き込みしていました。tecoさんがいらっしゃる少し前のことです。あのころは台湾語歌に関する情報が少なく、あの掲示板は貴重な存在でした。東京と大阪を合わせると60人近くの人が会員登録していましたから、当然掲示板の情報も多くなります。それが2007年頃に突然の休止です。理由は管理人のミルさんに聞かないとよくわかりませんが、おそらく何かあったのでしょう。実はあのころ私は自分の掲示板に中国語掲示板を併設していたので、そのレスの「作文」で忙しく、阮的台語歌の掲示板は「見るだけ」になっていました。まあ、これも時代の流れでしょうか。

フェイスブックは掲示板と違って、視覚情報がたいへん有効です。あの画像は「ポストイット」というのですね。今年は、私も見栄えのよい情報伝達をするため、おそるおそるあの画像を作製してみることにします(汗)。
今年もどうかよろしくお願いいたします。






☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード