Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 
鵝鑾鼻(墾丁森林遊楽区)

No.4577 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年08月06日(火) 07時01分11秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは.

tecoさん,丁寧なご説明を頂き有難うございました。参考になりました。あまり難しく考えなくて大丈夫の様ですね。私はすでに100か所以上の寺院、廟を参拝してきました。頂いた紀念のスタンプもだいぶあります。以前鵝鑾鼻岬へ行きましたが、30年ぶりに再び行ってきました。墾丁森林遊楽区に入り宿泊した墾丁賓館もみてきました。蒋介石の別荘として建てられたそうですがその頃すでに一般人も宿泊できました。しかし名称は墾丁賓館から華泰瑞苑墾丁賓館に変っていました。 墾丁賓館を前身とする華泰瑞苑は世界植物園名簿にも掲載されている恒春熱帯植物園です。

その時、東港の中正路にある東隆宮に参拝しました。主に奉られているのは「溫王爺」。信心深い東港の人たちの心のよりどころとして、生活上欠かせない信仰の地がここ「東隆宮」との事でした。この東隆宮、3年に一度旧暦の9月に行われ8日間続く「東港迎王平安祭」では、爆竹が鳴り、信徒たちが熱心に祈る様子が見られます。厄除けと幸福を願い、清の時代から伝わるこの祭典は「迎王」といい、王をお迎えする儀式(またの名を「迎王祭」「王船祭」とも)。台湾中に知られ、この時期お祭りを観るために、国内外から多くの人たちが東港を訪れます。重要な儀式は造王船・請王・過火・境内巡回・遷船・送王で、一番の見どころは、最終日の「送王」。何百万元もかけて作られたという荘厳な王船に、火が投じられるそうです。燃える火が災いを持ち去ってくれるため、地元民は火が放たれるやいなや、くるりと王船に背を向け、後ろを振り返らず早々にその場を立ち去るのだそうなんですが、奇祭かも知れません。神様を敬う信仰心は生活に浸透している事で台湾人の誇りさえ感じます。

題名は定かではありませんが、恆春に伝わる民謡の
曲名を思い出そうとしますが、なかなか思いす事ができません。恆春の春、ジャスミンの花、などですがふきさん、tecoさん、お分かりになりましたら教えてください。メロデイーは思い浮かぶのですが、
不甲斐ないです。

巡礼

No.4576 投稿者:ふき  投稿日:2019年08月05日(月) 21時20分27秒

葛さん、tecoさん、こんばんは。

不信心の私としては、お二人には敬服してしまいます。tecoさんのお話はわかりやすく、たいへん勉強になりました。たしかに日本ではお寺のことを「山」とも呼び、「成田山」とはいったいどこに在るんだろうと昔は考えたものです(笑)。
そんなわけですから、台湾のお寺やお宮、また廟についてはほとんど知識ゼロで、拝み方も分からなかったので、いつも建物に入って、歩き回っただけで、出ていましたが、tecoさんのご説明の「拝跪叩頭」の方法で、これからは参拝したいと思います。
名だたる寺院や廟を回るのもいいですね。健康なうちにこそできることなので、私も楽しみながら巡礼したいと思います。

巡礼の旅

No.4575 投稿者:teco  投稿日:2019年08月04日(日) 22時49分53秒

葛さんこんばんは。

寺社や廟を巡る旅はよいですねえ。
日本の場合はお寺と神社は成り立ちが違うのではっきり区分けされていますが、台湾では全部ありですから便利でもあります。

もともと廟は儒家の祖である孔子を祀ったお寺を言いますが、いまでは媽祖や関帝を祀ってあるお寺も廟と言いますね。
じゃあ、お寺とは何ぞやと言えば、神様や仏様などを祀るところであり、佛教に限ったことではないのです。
私たち日本人はお寺と言えば仏教寺院を思い浮かべますが、お寺と寺院も違います。
寺院は僧侶を養成する施設や指導者がいるお寺のことで、通常のお寺とは区別しています。
台湾ではそうした区別はなく、大きなお寺を寺院といい、さらにはお寺の名前よりお山の名前のほうが分かりやすいとも言えます。
このあたりは日本とかなり違いますね。
浅草の浅草寺は金龍山という山号がありますが一般には浅草寺だけで用が足ります。
また、成田の新勝寺はお寺の名前より成田山という山号で呼ばれる方が多いと思います。
お宮という概念は祠と同じで、神域としての境内が小さく、あるいは境内としての神域を持たない、「神様としての属性を持つもの」を安置する場所を言いますが、これも大した決まりはないようで、家につくられる神棚も、特定の廟やお寺から分祀した神様や仏様を安置する場所もお宮と言います。
北港の朝天宮のような大規模な寺院もお宮ですから、本来の格式的な呼び名はどうでもよいのでしょうねえ。
昔は道教の寺院と佛教寺院はかなりはっきり区別がありました。北京の白雲観などがその一例ですが、道教寺院は「観」と名付けられるケースが多いように見受けられます。
最近は張一族が率いる「嗣漢張天府」が幅を利かせていますが、儀式中心の道家と言えます。
これに引き換え、武當道教は巫術中心の道家で、拝礼の仕方もまるっきり違います。
いずれの道教も仏教思想を取り入れて理論武装した結果、佛教に取り込まれた形となっており、老師=太上老君=玄天上帝として崇めますが、阿弥陀如来のほうが上位に存在します。
以上のように、老師様も、媽祖様も関帝様も文昌様も阿弥陀如来様も同じお寺に共存できるのです。
これは便利です。大きなお寺に行けばありがたい神様や仏様をいっぺんに拝めるんですから。
厳密に言えば拝み方も神様や仏様によって異なりますが、お線香の根元を額につけ、拝跪叩頭を基本とします。
頭の上で何度もお線香を振りながら拝んでいる人も見かけますが、お線香はあまり振らず、神様と相対してじっくり時間をかけて拝みます。
頼み事は神様にし、仏様にはご挨拶と自分の仏心を表明します。頼みごとが成就したらお礼参りを欠かさず、感謝感恩を表明します。
たくさんの寺院や廟をめぐる旅は心気を養い健康長寿のために最適です。
ご無理のないように、楽しみながら巡礼されますよう。

夢見る巡礼の旅

No.4574 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年08月04日(日) 17時38分27秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは.

私はまもなく傘寿を迎える年齢になりつつあります。tecoさんのお話で媽祖や廟また宮、寺院など台湾人の心の支え、信仰の対象ですが、これから何年かかるか分かりませんが、台湾で暮らした証を残したいと思って、台湾全土の媽祖や廟また宮、寺院などを巡礼しようと考えています。
台湾全土には5000〜10000個所ほどの媽祖や廟また宮、寺院、道教が存在すると云います。気が遠くなるような数ですが、生涯の目標に巡礼したいと思います。台北だけで幾つの廟があるのでしょうか?何処まで実現できるかな〜。

台湾の寺院には複数の神様が祀られており、目的の神様に向けてと、本殿の主神に向けて参拝するのが特徴と云われますが、寺院や神様により細部が異なることもあると云います。tecoさんにお伺いいたします。自分流の作法で参拝していますが、正式な基本的の参拝方法、台湾式参拝“拝拝を教えて下さい。

(1)境内には左足で入る(入り口の敷居は踏まないようにする)
(2)お線香を購入する
(3)顔または頭上でお線香を掲げ三拝する
(4)神様に向けて心の中で自分の名前、住所、生年月日、職業を告げ、願い事を具体的にお伝えする
(5)香炉にお線香をお供えする。
以上の5つの気持ちで参拝しています。何か付け加える作法はありますか?
鹿港といえば、台湾三大古都にも数えられる歴史のある町と伺っていますが、そんな鹿港の海の近くの工業地帯の只中に、他では見ることのできない台湾唯一のガラスでできた廟があります。護聖宮(媽祖廟)ですが是非もう一度訪ねたいと思います。前回参拝した時記念スタンプを頂きませんでしたので行きたいと思っています。

その他に実は淡水にも忠烈祠があります。また台北にも鄭成功廟があり、台北の山中にある噂の廟。
8月末に板橋に戻ります。

旗山

No.4573 投稿者:ふき  投稿日:2019年08月02日(金) 22時25分07秒

葛さん、こんばんは。

旗山駅は台湾糖業鉄道という私鉄会社の駅だったのですね。「糖業」という名前からして、サトウキビを運んでいたことがよくわかりました。お調べいただき、ありがとうございます。
駅舎は洋風で、しかも入口に旗山車站という文字があるところを見ると、戦後も一定期間使われていたことがわかります。更に調べましたら、1970年代に製糖業が衰退した結果、1978年に旗尾線は廃止されたそうです。
私は2014年に訪れたことがありますが、この駅は旗山老街の突き当たりで、近くにはバナナや各種フルーツのジュースを売っている店が多く、私もその中の一軒で「香蕉豆花」を食べましたが、これが実に美味しかったことを思い出しました。雰囲気のある旗山老街を歩いて、少し先に日本時代に建てられた尋常小学校の校舎が今では観光用に整備され、「旗山生活文化園区」となっています。その敷地内で二胡を弾いていた男性がいました。曲は張秀卿の「車站」でしたが、周囲には私以外に誰もいず、静かな朝にすばらしい演奏をタダで聞かせてもらい、終了後拍手をして、謝意を伝えました。
旗山はまた訪れたい閑静ないい町です。

旗山駅

No.4572 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年08月02日(金) 00時22分36秒

ふきさん、こんばんは。

高雄に旗山というところがあり、旗山車站という廃駅がありますが行った事があります。廃線のあと、建物は保存されていて、木造のとっても小さな可愛い駅舎です。ここには日本人の観光客で賑やかでした。現在は現高雄市旗山区になっています。

バナナの生産地で栄えた町で、かつて存在した台湾糖業鉄道旗尾線の駅で昔はサトウキビ列車として運用されていたそうです。建物は喫茶店になっていて
自由に中に入れるようになっています。
昔の資料や写真が展示されてて、おみやげコーナーもあり、旗山特産のバナナを使った商品などが売っていました。駅舎の前に伸びる道が旗山老街でレトロな古い街並みが魅力です。建物は天井の梁が八角形の屋根で日本建築のように見えます。
ふきさんは行かれたことがありますか?アクセスを書いておきます。参考にして下さい。本当に台南、高雄は宝の宝庫です。

※台鉄高雄站(台鉄高雄バスターミナル)から1時間ぐらい
※高鉄左営站(高鉄新幹線左営駅まえバス停)から40分くらい

旗山駅

No.4571 投稿者:ふき  投稿日:2019年08月01日(木) 21時07分50秒

葛さん、みなさん、こんばんは。

FBに台南の駅舎をアップしていただき、有難うございます。あの白亜の駅舎は昔からあんな感じだったのですね。私は残念ながら昔の記憶がありませんでしたので、たいへん助かりました。ほんとに台湾では歴史のある建物が大事に保存されています。
台南と高雄の中間くらいに旗山というところがありますが、ここに旗山車站という廃駅があります。見たところ洋風のしゃれた駅で、現在は喫茶店として使っているようですが、おそらく昔は高雄か台南まで路線が伸びていたのでしょうか。ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。鉄道の敷設はたいてい貨物用から始まりますが、旗山から何を運んでいたのかも気になりますね。

人情の街台南

No.4570 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年07月31日(水) 04時24分41秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。

台南でのエピソード楽しく拝見しました。気持ちが温かくなります。FBに掲載した台南の駅舎の姿は現在も余り変っていませんね。駅舎の様子は表面は白く塗装し直されて白亜の姿は少しも変わりません。
台湾の人は保守的で古い文化を頑なに守ろうとして、頑固とも思うほど大切にしています。台南駅は100年以上の歴史を持つ白亜の建物。
かつては、駅舎の2階にホテルとレストランがあったそうですが、現在は閉鎖され2階へ上がることはできませんが、入り口は、メインとなる前站(西口)と、成功大学側にあたる後站(東口)の2か所で、前站には、大きな窓口カウンターやインフォメーションセンターがあります。前站には、2軒のキヨスクとテイクアウト用のお寿司を売るお店がありますが、後站側には何もありません。台南は観光で訪れるには交通がとても不便です.しかしここで生活をするには良き時代の面影を残している最適な処だと私は思います。私は移住される皆さんにご案内していますが、自分自身ここで暮らせたらと思うようになっています。

tecoさん、FBの書き込み楽しく拝見しました。
台湾フェスティバルは楽しいかった事でしょう。

台南駅

No.4569 投稿者:ふき  投稿日:2019年07月30日(火) 20時49分58秒

葛さん、みなさん、こんばんは。

前にも書いたかも知れませんが、台南に最初に行ったときのことです。赤嵌樓と延平郡王祠を見て、さて財布の中を見たら、ほとんどカラッポ。盗まれたわけではありませんよ。自分で消費しただけのことです(笑)。
周囲を見渡しても銀行はありません。そこで、近くにいた女性に「銀行」と書いたメモを見せて、身振り手振りで「このへんに銀行はありますか?」と尋ねたら、その女性は最初は指で方角を指していたのですが、そのうち自分について来いというしぐさで、近くに停まっていたバイクまで連れて行ってくれたのです。そして私をバイクの後ろに乗せ、駅前の台湾銀行まで乗せてくれました。まさかそこまで親切にしてくれるとは思っていなかったので、何度も礼を言って、別れました。そんなことがあったので、台南は私の大好きな町です。
台南の玄関口はもちろん台南駅です。その台南駅は去年工事中の保護シートがかけられていました。ただ、台南駅の周囲には余分な土地がないため、相当苦労して工事しているようでした。高雄駅もたしか工事していましたが、こちらは多少余裕があるので、台南駅よりは楽です。もう工事は終わったかも知れません。台中駅はすでに大きな高架駅ができていました。台湾は駅を新しくするにしても、旧駅の施設を一部でも保存するという姿勢があるように思えます。台東旧駅はホームも含めて、観光施設になっています。懐旧派にはたまりません。
台南駅は立地からして移動は考えにくいので、多少の化粧直しはしても、基本は変わらず、古都台南の玄関口として、いつまでも昔のままでいてほしいと願っています。

台南と台北

No.4568 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年07月29日(月) 07時17分35秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。

以前tecoさんから伺ったと記憶していますが、台南は昔の日本社会の匂いがする人情という言葉が通用する都市だと思います。移住する皆さんの気持ちは現在のところ、だいぶ台南、高雄に傾いているようです。
台北は隣人同士の繋がりが希薄しているように感じています。今回日本へ戻り写真を整理していますが、ほとんどが台中、台南で撮った写真が多く、台北での写真はほとんどありませんでした。
台湾の歴史を勉強しているとき一府二鹿三艋舺と云う言葉を目にしました。 
「一府=台南」「二鹿=鹿港」「三艋舺=万華(萬華)台湾の中心地が「台南→鹿港→万華(萬華)」という順番で変遷してきたことを表しているんですね。台南は多くの旧跡が残り、現代的な都市景観と併存していることから、「台湾の京都」と呼ばれることがあります。台南小吃(中国語版記事)で知られるグルメの町でもあります。また、結婚写真撮影専門店の数が多いことでも有名ですが、台南は台北などに比べて台湾語が日常的に使用されている地域であり、歴史も古いことから、台南方言が台湾語の標準的な方言と見做されています。移住される皆さんには台南の素晴らしさと、歴史の一部ですが自分の知る限りの知識をお話ししています。

国立成功大学台湾台南市大学路1号に本部を置く台湾の国立大学であります。1956年に設置された。台湾の民族的英雄で台南を中心に活躍した鄭成功にちなみ名付けられたとの事です。台南市大学は聴講生として歴史や文化などを学ぶ制度があると教えてあげました。是非大学に通いたいとの事です。また台南には台湾プロ野球の台南ユニオンライオンズ本拠地で台南市中心街から南へ2kmぐらい行った所に台南市立棒球場があります。台湾プロ野球の中でも最も優勝経験も多く、日本のプロ野球界でプレーした選手も多く搬出しています。但南でプロ野球を観戦できるなんて嬉しいと云われました。
統一セブンイレブン・ライオンズの本拠地台湾鉄路「台南」駅から南へ徒歩30分ほどの場所に位置する台南市立棒球場は、台南を本拠地としている台湾プロ野球のチームである統一セブンイレブン・ライオンズのホーム球場です。球場の外壁部分には、統一セブンイレブン・ライオンズの選手達の大きな写真も掲げられており、ホーム球場ならではの雰囲気を感じることができるので、野球好きな方には必見です。球場前にある中正記念運動公園と書かれた門があり雰囲気は最高です。棒球場の住所は台南市南区健康路一段257号です。台南市中心街から近く楽しめます。

タピオカミルクティー

No.4567 投稿者:ふき  投稿日:2019年07月27日(土) 20時56分49秒

tecoさん、こんばんは。

今日は代々木公園で台湾テイストを楽しまれていたんですね。最近、私のアンテナは感度が悪くなっていて、「台湾フェスティバル」を感知出来ませんでした。もうポンコツのようです(笑)。タピオカミルクティーは最近また人気を盛り返して、ブームだそうです。これというのも日本人の海外渡航先として、ここ数年台湾が第1位という事実があるようです。台湾に行くと、ほとんどの人があの味を覚えてきますからね。納得です。
ただ台湾フェスティバルが明日までということは、明日もしかして台風の直撃を受けないかと、心配です。
tecoさんはいいタイミングで出かけられましたね。

台湾フェスティバル

No.4566 投稿者:teco  投稿日:2019年07月27日(土) 14時11分55秒

ふきさん、葛さん、みなさん、こんにちは。

代々木公園で開催されている台湾フェスティバルに来ています。
お目当てはタピオカミルクティーと担仔麺。
30分近く並んでようやくゲット。美味しいです(^^♪

今日と明日の二日間、代々木公園野外音楽堂前広場で開催されています。
暑くてスタッフの人たちも汗だくで頑張っています。行かれるなら夕方からのほうが良いと思います(^^♪

田中千絵

No.4565 投稿者:ふき  投稿日:2019年07月26日(金) 22時51分36秒

葛さん、tecoさん、こんばんは。

私もあまり映画を見ないタイプなので、まだ「海角七号」を見ていません。そんなわけで田中千絵も知らないです。
日台歌謡曲はもともと日本と台湾の文化交流(特に音楽)を紹介することを目的に作ったので、本来なら飛びつきたいコンテンツですが、ご存じのように、15年以上も更新を放置している現状で、お恥ずかしい限りです。
映画「海角七号」では范逸臣が田中千絵の相手役だったんですね。范逸臣はもともと歌手だったので、昔買ったCDを一枚だけ持っています。ソフトヴォイスの持ち主で、しかもイケメンなので、俳優になってもおかしくないと思います。「花」のヒットで有名な中孝介もたしか台湾でCD発売していたと思いますが、残念ながら買いそびれました。
その後の中国映画「愛情36計」で主題歌を歌っている「蔡衣林」という歌手は正しくは「蔡依林」ではないでしょうか。通称Jolinと呼ばれていて、台湾では人気のある歌手ですが、曲風が私の好みではないため、フォローはしていません。
それにしても葛さんはよく映画をご覧になっていますね。おそれいりました。

こんばんは

No.4564 投稿者:teco  投稿日:2019年07月25日(木) 22時37分16秒

ふきさん、葛さん、こんばんは。

私は台湾の歌手の方々の詳しいことはほとんど知りません。
昔のレコード屋さんは店頭でいろいろな曲をかけていたので、気に入った曲を買ってきました。
その後CDが出るようになってからは〇〇経典とか、懐念老歌などというタイトルのアルバムを片っ端から買ってきて聴きました。
気に入った曲は何度も聴きながら採譜し、ギターやマンドリンで弾いていました。
いまはそうしたこともあまりせず、ライブラリーとした曲をときどき聞いている程度です。
松山空港の高射砲のことは私も覚えています。
入口正面わきに1基と川の縁にも1基ありました。
銃身の長さは6〜7mは有ったと思います。川の縁のほうのは土台のコンクリートがぼろぼろで、あれはもうすぐ取り壊されるって聞いたよ、と友人が教えてくれたのを記憶しています。
葛さん、海角七号はずいぶん話題になりましたが私は観ていません。機会が有ったら観たいと思っていました。
田中千絵と言う人も知りません。もともとあまり映画を見ない方でしてかなり有名な俳優さんの名前も知りません(涙)
でも、葛さんやふきさんのおかげでいろいろなエピソードを聞けて楽しみです。

女優田中千絵さん

No.4563 投稿者:葛(新北市)  URL  投稿日:2019年07月25日(木) 10時19分33秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。

移住に希望を燃やしている皆さんに10年前の台湾映画を紹介してみました。日本では余り知られていない女優の田中千絵さんが台湾で主演された映画です。台湾では大ヒットした映画です。海角七号(邦題:海角七号 君想う、国境の南)という映画です。台湾公開2008年ですが、日本公開は2009年でした。

映画のストーリーは「台北でミュージシャンとして成功するという夢に破れて台湾最南端の故郷・恒春で郵便配達のアルバイトをする青年と売れない日本人女性モデルの出会いと恋愛を、青年が仕事中に見つけた日本人男性から台湾人女性への60年前のラブレターをめぐる物語を織り交ぜて描く。台湾全土で5億3千万元(約16億円)を超える興行収入を上げ、台湾映画としては過去最高のヒット作となった映画です。台湾のアカデミー賞と呼ばれる「台湾金馬奨」では、最優秀台湾映画賞など6部門で受賞を果たした作品です。
田中千絵さんは日本でも俳優として活動していたのですが、この映画の撮影があった前年に台湾へ留学し、流暢な中国語を身に付けていた。これが幸いし、彼女が中国語で書いていたブログがたまたま魏監督の目に留まり、白羽の矢が立ったそうです。田中千絵さんは日本でも俳優として活動していたのですが、この映画の撮影があった前年に台湾に留学し、流ちょうな中国語を身に付けていた。これが幸いし、彼女が中国語で書いていたブログがたまたま魏監督の目に留まり、白羽の矢が立った。日本では玉川大学に入学して女優として活動していたが、自分には特徴がないと思い将来に不安を感じて語学留学先に台湾を選び2006年単身台湾へ渡り「国立台湾師範学校」で中国語を学びました。
そして語学留学を終了して帰国間際にオファーがあった映画「海角七号 君想う、国境の南」ヒロイン役に抜てきされ2008年公開されると台湾歴代2位の大ヒットを記録したそうです。その後台湾に留まり台湾を中心として女優活動を続けて日本で内閣府選定の「世界で活躍し日本を発信する日本人」に選ばれています。この映画の監督は・脚本、製作、魏徳聖です。キャスト:范逸臣、田中千絵、中孝介ほかです。

2009年には「對不起,我愛你」で主演を演じ好評を得ました。また中国映画「愛情36計」にもヒロインとして主演しました。この中で歌われた愛情36計は台湾の歌手「蔡衣林」が歌ってヒットしたそうですが私は蔡衣林という歌手は存じ上げません。ふきさんは「蔡衣林」は詳しいと思います。
私は田中千絵さんの事は存じていましたので、台湾の皆さんには自慢をしていました。この機会に紹介しましたが、皆さんはご存知でしたか?

范文雀と余貴美子

No.4562 投稿者:ふき  投稿日:2019年07月24日(水) 18時53分04秒

葛さん、こんばんは。

この掲示板は20年前の仕様のままです。当時は写真の投稿が一般的ではありませんでしたので、今ではすこし古めかしい感じがします。改良して写真も扱えるようにしてもいいのですが、今はFBのようなSNSがいくつかありますので、使い分けでもいいかなと思っています。

そういえば、たしかに松山国際空港には高射砲がありましたね。思い出しました。当時は日本語の歌が禁止されていたので、台湾語や中国語のカバー曲が作られたわけですが、葛さんがおっしゃるように、街中ではけっこう日本語の歌が聞こえました。
1978年の時点で、まだビザは必要でした。そのころにはもう日台の国交がなくなっていたので、中華民国の駐韓大使館が代理発行していたと思います。また予防接種もして行きましたが、これは免除になっていて、正直がっかりしました。
リコンファームは面倒な作業でしたね。ホテルから電話するわけですが、当時は中国語が全然わからず、英語の例文を読んで、なんとかしのぎました。今はそんな必要もなく、ほんと楽です。
手荷物は台湾に入るときは厳しく、全部調べられましたが、日本に帰るときは簡単でしたよ。台湾の果物をごっそり詰めて帰ったのですが、すんなり通れました。会社の同僚に配って、龍眼などのめずらしい果物をみんなで食べました。

亡くなられた范文雀は私も大好きな女優さんでした。時代劇によく出ていた記憶があります。ちょっと色黒いところがこれまた魅力の美人でしたね。逆に私は余貴美子をほとんど知りません。もちろん范文雀と親戚だったなんて初めて知りました。ただ、NHK(?)で家族のルーツをさかのぼって調べる番組を見たことがあります。まさに余貴美子ファミリーの遠大な過去が調査チームにより明らかになり、余家が数世代前には中国のどこそこかにいて、台湾に渡ったらしいのです。細かいところは忘れましたが、余貴美子自身も初めて知った事実に驚いていました。まさに歴史に翻弄された一族であったようです。


懐かしい松山空港

No.4561 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年07月22日(月) 08時15分21秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。

土曜日に期日前投票へ行ってきました。私が投票した候補は当選できました。良い政治を行ってくれることを希望しています。

私は台湾歌謡三昧に写真を掲示する方法が分かりませんのでFBへ掲示しました。もう少し勉強しなければなりませんね。さて松山空港が1979年に桃園空港へ国際便が移転されてから今年で40年になります。
因みに私は1962年(昭和37年)に松山空港から入境しました。FBへの投稿した松山空港写真は1994年に撮影しましたが、当時の空港は皆さんも馴染み深いと思います。当時の空港は空に向って高射砲が不気味な光景を映し出していました。。もちろん機内からの撮影は厳重に禁止されていました。

台湾生活の中で歌謡曲は欠かせない日常生活には必要な心の支えでした。当時私は農安街に住んでいましたが、早朝から日本曲が禁止されているにも関わらず大音量で流され、橋幸夫の潮来笠など日本人にとっては勇気を貰う曲でした。私はカメラが苦手ですのであまり写すことがありませんが、もっと記録を残して置けばよかったと後悔しています。
その頃のカメラは全てフイルム装着、カラーかモノクロのものでしたので苦手でした。現在も写真はあまり撮りません。1972年(昭和47年)に日本と中華民国の正式な外交関係が断絶するまではビザの発給は個人か旅行会社に依頼して台湾大使館に行っていた。水色のビザ用紙は一搬人に発給されました。当時は予防注射も受けなくてはなりませんでした。
また航空会社から個人宅に搭乗の確認をする電話もありました。それに台湾到着時に航空会社にリコンファームして帰国搭乗の確認をすることが義務ずけられていました。手荷物検査もかなり厳しくされそんな時代がありました。今はビザなし、注射なし、リコンファームなしと本当に誰でも台湾へ簡単に行けますので時代を感じます。松山空港に到着すると独特のにおいがありましたが、それも懐かしい思い出です。
台湾では日本の薬は絶大な信頼がありました。漢方の国なのに婦人薬の「命の母A]や心臓薬求心、胃腸薬、頭痛薬や皮膚薬のフルコートと日本製の薬は現在でも絶大なる信頼があり必要とされています。

余談ですが皆さんは日本生まれの台湾籍の女優さんはご存知ですか?余 貴美子さん(女タクシードライバー事件簿)、范 文雀さん(アタックNOワン)(2002年没)お二人は従姉妹同士ですが、日本生まれの台湾人です。お二人は台湾語を話すことが出来ません。ふと思い出しました。済みません!

明日は投票日

No.4560 投稿者:ふき  投稿日:2019年07月20日(土) 21時04分35秒

葛さん、tecoさん、こんばんは。

私も葛さんからFBに本名でご挨拶に来られて、面食らった「万年初心者」の一人です。tecoさんやA Bengさんのようなベテランの方から見たら、ほんとに情けない限りですが、急がず、あわてず、こつこつと山頂に向かって一歩ずつ歩いていきます(笑)。
さて、明日は参議院議員選挙ですね。私の場合は歩いて10分くらいの中学校が投票所になります。この周辺は人口もそこそこあるので、小学校も中学校も「健在」ですが、地方では過疎化が進んで、廃校になる学校が多いと聞きます。私の生まれ故郷の福島で初めて入学した小学校はもうありません。たった一学期(3ヶ月)しか通学していませんが、思い出深い学校も今では田んぼになっています。
最近東京も歩いてみたのですが、学校の統廃合が進んています。私が通った中学校はまだありましたが、隣の学区は小中一貫校となっていました。さらに高校もです。私は都立工業高校出身ですが、なんとそれが総合高校という新しい普通科高校になっていて、驚きました。しかたないですね。全国的に出生率が下がって、生徒が減少しているのですから、日本の未来を見ているような気がします。
そんな思いを胸に、少しでも日本がよくなるように、明日は投票に行って来ます。

宜しくお願いいたします

No.4559 投稿者:葛(新北市)  投稿日:2019年07月20日(土) 00時09分57秒

ふきさん、tecoさん、こんばんは。

申し遅れましたが台湾名葛です。宜しくご指導ください。皆さんのように知識に乏しいのでこれからも、ご指導くださるようお願いいたします。

明日参議院選挙の期日前投票に行きます。台湾からも投票は出来ますが、郵送の手続きが面倒ですので今回は日本で投票します。

山岡さんという方は

No.4558 投稿者:teco  投稿日:2019年07月19日(金) 22時37分13秒

葛さんですか?






☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード