Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 
日本と台湾のメディアの違い

No.3818 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月21日(水) 22時48分51秒

葛さん、こんばんは。
台湾のテレビは無線系と有線系があり、数も多く、専門チャンネル化している局もあるかと思います。したがって、テレビ局により政治、経済、社会、宗教、芸能、スポーツ等のどれを第一に据えるかが違って来ます。これは見る人にとってありがたいです。自分がいま一番見たいと思うチャンネルを選択できるからです。
ところが日本の場合はどうでしょう。ご存じのとおり、テレビのチャンネル数が少なく、NHK以外の民放は基本的に内容も横一列で、どこを回してもそんなに変わりません。ニュース番組として、今はオリンピックが中心ですが、去年は、文春に掲載された不倫関係や森友、加計などの問題が毎日のようにこれでもかこれでもかと電波で流されていました。ほんとにうんざりします。もっと大事なこともあるはずなのですが、どの局を見ても、変わり映えがしません。自分の見たいチャンネルを選択することができない。これが日本のテレビです。
さて、戦後73年になりました。大陸で生まれ、台湾にやって来た外省人の一世はもう少数派だと思います。ほとんどが台湾で生まれた人ばかりです。東アジアで真に民主化された国は日本を除くとそんなに多くありませんが、台湾は間違いなくその中の一つです。今は中国の圧力で「チャイニーズ・タイペイ」しか名乗ることが出来ませんが、近い将来必ず「タイワン」になる日が来ると信じています。

台湾からも平昌オリンピックに出場しました

No.3817 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月20日(火) 21時59分27秒

ふきさん、こんばんは。

台湾は、平昌冬季オリンピックに4人の選手が参加した。台湾からは、リュージュ、スピードスケートの2競技で合わせて4人の選手が出場しました。代表団はコーチなど関係者を含めて合計13人。

スピードスケート男子の宋青陽、戴瑋麟、女子の黄郁婷とリュ−ジュの連の4人が参加しています。

連選手のオリンピック出場は2度目。今回、早期に出場資格が得られたことについて、連選手は過去4年間、トレーニングに努力してきたことによって実力が確かに高まったことを示していると喜んだ。連選手は、台湾は亜熱帯で雪のコースがないため、海外でトレーニングを積んでいる他、台湾北東部から東部にかけての自動車道、蘇花公路で、車輪をつけたルージュで練習することもあると明かした。連選手は今回代表団の旗手も務めるとのことで、開会式では中華オリンピック委員会の旗を大きく振って、みんなに台湾の代表団の元気をアピールすると話していました。

平昌冬季五輪の台湾選手団への団旗授与式が1日、台北市内で行われた。旗手を務めるのはリュージュ男子の連徳安選手。“リュージュの王子”の呼び名で親しまれている連選手は2度目となる冬季五輪出場に「力いっぱい旗を振って台湾人の情熱を示したい」と語った。

台湾でも女子500mの小平奈緒さんと韓国の李相花さんとの友情のシ−ンを愛のドラマのようだと
涙を流す台湾の人がいました。

残念なことは、またも中国が台湾とか台北の呼称に対してケチをつけている事に不快感を感じます。韓国の中国嫌いも表面化しているようです。

花蓮地震の報道

No.3816 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月20日(火) 21時13分48秒

葛さん、こんばんは。

日本ではもう花蓮の地震についての報道は皆無と言っていいでしょう。毎日平昌オリンピックの報道でほぼ一色となっています。たしかに私もオリンピックに興味はありますが、ほとんどの競技のルールに無知なので、見るのはフィギュア・スケートくらいでしょうか。折しも羽生結弦選手とスピード・スケートの小平奈緒選手の金メダル獲得で日本中が沸いています。
まあ、タイミングが悪いと言えば、そうなのですが、もし仮に東日本大震災の時に、どこかの国でオリンピックが開催されていたら、どうなっていたでしょうか。まさか地震の被災情報を放っておいて、オリンピック一色というわけにも行かないでしょうね。
そこで私は逆に葛さんにお聞きしたいのです。台湾も今回のオリンピックに少人数ですがスケートの選手などを送り込んでいます。そもそも暖かい台湾でウインタースポーツの人気ってどうなんでしょうか。日本みたいに冬が寒く雪が降る国ならわかりますが、花蓮地震を放っておいてまで、台湾でも冬季オリンピックで盛り上がっているとは到底私には思えないのですが…。

その後の花蓮地震

No.3815 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月19日(月) 22時56分19秒

ふきさん、tecoさん、こんばんは。
板橋に戻り家族での時間を過ごせました。その後日本では花蓮の地震についての報道はありますか?
台湾では蔡英文総統が2月7日の震災当日、自ら花蓮を訪れ被災状況を把握し、いかなる救援救助のチャンスも諦めてはならないと指示しました。翌8日午後も再び被災地を訪れ、救援救済の進捗状況および被災者の避難状況を実際に確認すると共に、「花蓮中華国小(小学校)」や「花蓮小巨蛋体育場(花蓮県立スポーツセンター)」の避難所を訪れ、被災者を慰問しました。日本の警察や消防など7名の専門家による救援チームも8日、被災地に到着し、捜索活動を開始しました。10日、同チームは36時間にわたる活動を終え、現地を離れる前に、被害状況が最も深刻だった「雲門翠堤ビル」に深く一礼し哀悼の意を表されました。

蔡英文総統は2月8日の自身のツイッターおよび10日の総統府ウェブサイトで、安倍晋三首相からのお見舞いのメッセージおよび日本からの救援専門家チームの派遣に感謝の意を表しました。
 当駐日代表処が確認したところ、この地震で9名の日本人が負傷し、花蓮にある3カ所の病院で治療を受けました。この中で年配の方1名が大事をとって入院され、その他の8名の方は7日当日に病院を後にされました。
今回の台湾の大地震で日本の支援が注目されています。2011年の東日本大震災で台湾が取った恩を返す時が来たからです!!
当時、多くの義援金が世界中から日本に集まった。

大国であり同盟国のアメリカは勿論、先進諸国から集まったのですが、最も多くの義援金を送ってくれたのが小国の台湾でした。その額は250億円と言われています!
何故それほどまでに国中をあげて国民が支援行動をしてくれたのか?大きな理由が2つあると云います。「一つ目は国民性」
台湾人は“近隣の人が困っていたら助ける”という考え方を持っています。
「二つ目は」
多くの台湾人が日本に対して好印象を持っているからだと云います。昔の日本が統治していた時代からずっと良い関係にあった事です。しかし、後日談ですが日本は世界に対して感謝の言葉を政府が発表したのですが、そこに台湾は入っていませんでした。政治的な理由で中国に配慮したと推測されます(一つの中国問題)
でも、SNSの普及で個人の活動が世界を動かす時代です。こういう動きが一人の日本人女性から起こりました。
「台湾の人たちにきちんと感謝の言葉を伝えたい」
ある日本人女性デザイナーの呼びかけで始まった『謝謝台湾計画』。彼女のTwitterのつぶやきがネット上で大きく広まり、約2000万円もの寄付金を集め、台湾紙『聯合報』と『自由時報』に感謝広告を出したのである。木下諄一氏の日刊SPA!のインタビュー記事から抜粋しました。
今回の大地震で甚大な被害が報告されていますが
日本の対応はまだ発表されていませんが早々に安倍首相から発表される見通しです。
「今こそ、東日本大震災の時の恩返しをする時だと思います」アメリカ一辺倒の阿部首相の真意は測りきれないです。今回の花蓮地震で世界中から援助の申し出があったが唯一日本に援助を依頼したと聞きました。

















ストリートビュー

No.3814 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月19日(月) 20時56分38秒

たんげさん、こんばんは。
私はあまりストリートビューを見ないのですが、今回は礁渓周辺を見てみました。五峰旗瀑布も見ましたが、滝の左側に大きな黒いマスクで何かを隠している様子。看板と思われますが、おそらくプライバーシーに関わることなんでしょうね。
それから例のホテルのあたりも見ました。「長崎大飯店」と「東京大飯店」の名前もありました。東京大飯店の向かい側には「意太利汽車旅館」があります。イタリア式モーテルでしょうか。「山口温泉飯店」も見つかりました。この「山口」はやはり日本語由来のようです。「やまぐちHOTEL」と別記されていました。近くには日本式の屋根の家屋も多く、昔はたくさんの日本人が住んでいたのかも知れません。なにしろ日本人は温泉が大好きですからね。ひなびた町のわりにはホテルが多いのもうなずけます。
ただ、こうしてストリートビューを見ていると、居ながらにして、どこへでも旅に行った気になります。旅行準備のシミュレーションにも最適で、あらかじめ当たりをつけておくことができますが、案外それを忘れて、現実の旅をした時に、「あれ、ここは昔来たことがあるな」などと勘違い(デジャヴュ)するかも知れません。それくらい写真も鮮明でした。

東京、山口、長崎・・・

No.3813 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月18日(日) 20時21分37秒

ふきさん、こんばんは。
言われてみれば、礁渓は飛び込みで行っても泊るところ見つかりそうな感じですね。
駅から2キロ半ぐらい離れた五峰旗瀑布にストリートビューがあるんですね。カメラ担いで撮って来たんでしょうか?
五峰旗瀑布から降りてくると、東京、山口、長崎といった日本にちなんだ?名前のホテルがありますが、そのあたりで駅から1キロぐらい離れています。そこまで行く前に手ごろなホテルが見つかるでしょうけど。
これだけ観光客の多い所なら夜市も立つんでしょうかね?以前日本人女性と台湾人女性の共著の台湾紀行で礁渓に泊まって車で羅東の夜市を見に行くというくだりがありました。

新年快樂

No.3812 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月16日(金) 23時59分29秒

>たんげさん
礁渓はホテルが多く、過当競争ということは格安で泊まれそうですね。それはいいことを聞きました。無料の足湯なら、私も気軽にトライできそうなので、次は礁渓にも立ち寄ることにします。

>葛さん
春節のメッセージありがとうございます。寒い日本から暖かい台湾に移動されて、私としては羨ましい限りですが、ご家族の皆様方ともどもい良い旧正月をお過ごし下さい。

>葛先生的家人
恭祝您們新的一年,恭喜發財,萬事如意!

>tecoさん
私は日本の正月が年々形式的になりつつあるのではないかと思っています。それに比べて中華圏の旧正月は伝統的な内容がまだ色濃く残っている気がします。しかし、それも西洋化の進展で、いつまで続くのか。これは興味のあるところです。

恭賀新春

No.3811 投稿者:teco  投稿日:2018年02月16日(金) 23時24分49秒

ふきさん、葛さん、みなさんこんばんは。

まずは新年のご挨拶を。

大家好朋友們新年快楽。心想事成、恭喜発財、幸福満堂。我為大家朋友們健康祈禱。

盆と正月がいっぺんに来たなどと言う言葉ありますが、日本の正月と台湾の正月を二度も祝えるのはうれしいことです。

慣れてしまえばどうと言うこともないのですが、台湾の事情を知らない人たちにしてみると、
挨拶の端々に縁起の良い言葉を並べ立てるのが不思議であり滑稽に思えるようです。
そんなとき私は、台湾の人々の生活の中には最初から信心が組み込まれているのだ、などと言い切ってしまいます。
そうでも言わないと事情を知らない彼らは、台湾の人は縁起を担ぐのだな、としか思いません。
そこで私はさらに言います。
言葉には言霊という咒が宿っている。したがって不吉な言葉を口にすれば、言った人も聞いた人も凶を呼び込んでしまう。だからそういうことがないように、吉につながる言葉を多用するのだと。
このように言っても、ふ〜ん、くらいにしか感じない人が多いです。
そういう人たちが媽祖の進香儀式などを見たらびっくりするだろうと思います。きちがいじみていると思う人もいると思います。
日本のお祭りも大勢の見物客が集まりますが、媽祖の進香に参加する人々は敬虔な信者なのですから、自ずから祭りの質が違います。
私はこうした些細なことを、台湾の事情を知らない人たちに事あるごとに教えていますが、
何と言っても百聞は一見に如かずで、どんどん台湾に出かけて行ってほしいものだと常々思っています。





恭喜恭喜新年快樂

No.3810 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月16日(金) 20時36分14秒

ふきさん、tecoさん、こんばんは。
春節に間に合うように台湾に戻ってきました。
私の家族から「台湾歌謡三昧」の皆さんへ春節のお祝いを申し上げます。

「祝您新的一年身體健康!大吉大利」
先日の花蓮地震の際、野崎孝男さんの好意に台湾では日本の友人が励ましてくれたと報道されたそうです。また我々の仲間のtecoさんの友人だという事は
何か運命を感じました。誇りに思います。
祝日には家族で昔の苦しい時代の子供たちの母親の事や、いろんな事をして生活をして苦労を乗り越えて来たこと、思い出話は決して辛い事ではなかったという事、台湾人は日本人から多くの恩恵をうけたことなど話しましたが父(私)が日本人だからという事ではなく日本の向三軒両隣の精神で助けてくれたことです。春節を大いに楽しみます。
昔私たちを支えてくれた知人の家にも訪問したいと考えています。康定路、農安街にも知人がいますので会いたいです。懐かしい恩人にも会えます。


礁渓

No.3809 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月16日(金) 19時15分34秒

ふきさん、こんばんは。
礁渓は平地の温泉郷なので、地形に制約なくホテル建て放題なので過当競争らしいです。羅東に泊まった時に下見に行ってきましたが、ホテルと土産物屋ばかりで風情感じませんでした。行かなくてもいい所と思いますが、下見に行く際には足ふき用のタオルをお忘れなく。駅前に無料の足湯がありましたが、タオル等持っていなかったので、素通りしました・・・

Re:東部の都市

No.3808 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月15日(木) 20時08分58秒

たんげさん、こんばんは。
羅東ですか。たんげさんはこまめに回られていますね。私もこじんまりした町は好きですが、羅東はまだ行っていません。その近くだと行ったのは蘇澳くらいでしょうか。宜蘭に泊まった時、近くの礁渓温泉を勧めてくれたのですが、遠慮しました。考えてみたら、台湾東部には知本温泉など有名な温泉地もけっこうあります。温泉好きの日本人にはたまらないでしょうが、私は昔から「風呂無精」なので、いつも素通りです(笑)。
花蓮は古い町なので、耐震設計が弱い建物は倒壊した建物以外にも数多くあると思います。やれ屋根の一部が落ちたとか、やれ建物に亀裂が入ったとか、やれドアが開かなくなったとか、こんなのはあちこちにあるはずです。これからの修復が大変ですが、一日も早い復興を祈っています。

東部の都市

No.3807 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月14日(水) 20時13分48秒

ふきさん、こんばんは。
宜蘭付近だと羅東もおすすめです。『地球の歩き方』だと宜蘭の所に羅東夜市が載っています。市外なので、別に項だてして地図も掲載すればいいのにと思います。市街がコンパクトでホテルもたくさんあります。
私は宜蘭と羅東を交互に使っていましたが、羅東の方が本拠地みたいな意識がありました。

花蓮はダメージを受けたのが倒壊した4棟だけじゃないので、まだまだ問題が出てきそうですね。旧遠東百貨の建物が損傷して危険なので、花蓮県政府が取り壊し命令を出したというニュース注目しております。なんで中心部の一等地の建物が無人のまま何年も放置されていたのか不思議です。

那魯湾飯店

No.3806 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月14日(水) 19時14分22秒

たんげさん、こんばんは。

那魯湾飯店の場所をよく見てみると、花蓮駅からは少し離れているので、國聯二路にある駅近のホテル群に先に客を取られてしまいますね。また、おっしゃる通り、中山路×中正路の市中心部まではかなり遠く、旧市街の客を取り込むのもかなり厳しいです。ここは値段をぐっと下げ、バックパッカー向けの安宿くらいが適当ではないでしょうか。
台湾東部は花蓮や台東のように新駅と市街地が離れている都市があります。台湾西部と違い、後から新規開業された区間があるので、しかたないですが、やはり鉄道愛好者には不便です。そんなわけで、私は駅と町が近い宜蘭のような都市でホテルを探すことが多いです。

花蓮のホテル

No.3805 投稿者:たんげ  投稿日:2018年02月13日(火) 20時57分43秒

ふきさん、みなさん、こんばんは。
言われて見てみると、那魯湾飯店は「閉業」になっているし、ストリートビューでも横丁側の入り口のシャッタが降りているので、すでに閉鎖されてたみたいですね。
結局、場所が悪かったんですね。駅と林森路ぐらいならちょうど中間ですけど、一番賑やかな中正路までだとちょっと遠く感じます。あと中山路なら線路沿いから中心部までずっと商店街ですが、國聯五路だと駅からホテルのあたりまでで商店街は終わりです。
私もたいてい駅に近いホテルを選びますが、花蓮は旧市街をぶらつきたいので、中心部のホテルを選びたいです。

台湾で活躍する日本人

No.3804 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月13日(火) 20時36分29秒

tecoさん、葛さん、こんばんは。

このサイトはもともと日本でがんばる台湾人の歌手と台湾でがんばる日本人の歌手を応援・紹介するサイトとして始めました。最近はサボって、全然フォローしていないのですが、相変わらず日台交流は盛んになっていると思います。
歌手の場合はすぐにマスコミに露出されるため、情報も簡単に得られますが、それよりも台湾で地道に活躍されている日本人の方の情報はよほどの場合以外はなかなか日本にまでは伝わって来ません。野崎さんもそのお一人のようですが、台湾で多くの方の支援を得られたのも、まじめでひたむきな姿勢が共感を呼んだものと推察します。
tecoさんからこの野崎さんの情報をいただけるのもまさに掲示板冥利に尽きます。
これからも多くの日本人に台湾でがんばってほしいと思います。

Re.日本人の誇り

No.3803 投稿者:teco  投稿日:2018年02月12日(月) 23時43分30秒

ふきさん、葛さん、こんばんは。

野崎さんと知り合ったのはちゅど6年前でした。
台南大学で造船学の教授をしていた呉さんが、面白い日本人がいると言って紹介されました。
そのころの野崎さんは最初の事業に失敗し、再起をかけてラーメン店をはじめたばかりでした。
名前ばかりのラーメンが幅を利かしているのを見かねて博多の本格的なラーメンを、と意気込んでいました。
御承知のように台南には日本人も多く在住していて、口コミだけですぐに有名になりました。
私は台南に行くと必ず寄るようになり、あれこれ世間話をしてきます。

私の親戚筋の林さんは、遠東精密と言う会社をやっていました。弟(林文雄)が台南市長を歴任したことがあることから
兄貴の林社長も地元では有名人で、林さんが後押ししたので今の野崎さんがあると言っても過言ではありませんが、
まじめで男気のある性格から地元の人々に好かれ、日本人の代表みたいに慕われています。
こういう人が頑張ってくれているので、私らも大手を振って(と言うとオーバーですが)遊びに行けます。

日本人の誇り

No.3802 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月12日(月) 21時17分16秒

葛さん、tecoさん、こんばんは。
葛さんの直感があたりましたね。やはり野崎孝男さんはtecoさんのお知り合いでしたか。野崎さんがぐっと身近に感じられます。それにしても男気のある方ですね。台南からわざわざ花蓮まで赴いて、ラーメンを提供されるとは。この時期の台湾は日本より暖かいと言っても、朝晩は涼しいので、ラーメンがおいしい季節かも知れません。炊き出しは日本の美しい伝統文化です。困ったときはお互い様という助け合い精神を台湾でも実践されている日本人がいることはすばらしいことです。
野崎さんは台南地震の時もカレーライスを作って、みなさんに食べてもらったとか。台湾で8店舗経営されているそうなので、私もこんど台湾に行ったら、その「Mr.拉麵」でラーメンを食べてみたいです。

花蓮のホテル

No.3801 投稿者:ふき  投稿日:2018年02月12日(月) 21時16分50秒

たんげさん、こんばんは。
花蓮に限らず、地方都市は定価と実勢価格にかなり開きがありますね。ホテルの数はそこそこあるので、結局客の奪い合いになります。私は「地球の歩き方」を見ながら、ホテルを探すことが多いのですが、最近はAgodaやBooking.comのようなホテル予約サイトも使います。
花蓮駅前のホテルに泊まるのは「交通の便がいいから」の理由だけです。チェックインを済ませると「これからどこに行かれますか」と必ず聞いてきます。たんげさんの場合も、おそらくホテル側は「太魯閣峡谷」を期待していたんでしょうが、「玉里」と聞いてがっかりでしょう。私の場合も、ホテルのオーナーがしきりに現地発のツアーをあれこれを勧めてくれましたが、結局は翌日台東に行くことになり、ホテルのオーナーを失望させてしまいました(笑)。
ところで台湾の「〜大飯店」のつくホテルはいかにも老舗の感じがします。高い割に設備は古かったりします。私は受付にオバサンが座っていて、ロビーで犬が寝ている「〜旅社」にもよく泊まります。台湾は治安がいいので、こういう宿でもまったく心配ありません。なお、Google Mapで見たら、那魯湾飯店はもう閉鎖となっていました。

ラーメンの話

No.3800 投稿者:teco  投稿日:2018年02月12日(月) 10時09分18秒

ふきさん、葛さん、みなさん、おはようございます。

野崎さんがそんなことをしていましたか!
彼らしいです。
かれこれ5年ほどの付き合いですが、私を兄貴分と思ってくれている人で、台南地震の時に見舞いに行ったらとても喜んでくれて、
私はここで商売させてもらってますので、みんなのために尽くせるようになりたいと言ってました。

そんな彼が行動を起こしたんですね。今度会ったら褒めてやります(^^♪


ラ−メン200食で恩返し!

No.3799 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年02月11日(日) 19時49分23秒

ふきさん、こんばんは。
花蓮県で発生した地震で、ある日本人が2月9日、被災者や懸命な捜索活動を続ける消防隊員らのために、200食のラーメンを無料で振る舞った。「地震の怖さをよく知っているから、できることを」と車に材料を積んで、現地に駆けつけ、その場で調理。できたての1杯で被災者らの心を温めた。
「ラーメンを提供したのは、台南市に暮らす野崎孝男さん」
台南市の外交顧問で、ラーメン店「Mr.拉麺(ミスター・ラーメン)」を経営している日本人です。
もしかしてtecoさんの友人かも知れないと思ったりして?地震が起きたと知った野崎さんは、台湾人のスタッフと2人で麺やスープ、チャーシューなどの材料を積み込んで現地に向かったそうです。
被害の大きい花蓮市内に着くと、その場でラーメンを作った。
被災地では、生死をわけるとされる「72時間の壁」が刻一刻と近づいていた。消防隊員や看護師ら医療スタッフなどの疲労はピークだった。
そんな彼らが行列を作り、笑みをこぼした。野崎さんは一人ひとりに「お疲れ様、頑張って」と声をかけて、ラーメンを手渡した。
野崎さんは台湾で暮らして約10年。2016年2月に台湾南部で起きた大規模な地震の被災者だそうです。
その経験から考えに変化があったと野崎さんは話します。3日間、倒れたビルの近くで私もお手伝いをしましたが、寒い中、台南市の皆さんらの頑張りに感動しました。だから、自分もできることをやろうとあの時からさらに思うようになったんです。
当時、台南市内のビルに住んでおり、立っていられないほど揺れた。地震の怖さは「よく知っている」。「怖い思いをされたみなさんに温かいラーメンで少しでもリラックスしてもらえれば、と思ってラーメンを持ってきました。温かいものを食べると幸せな気持ちになれるので」
特注した麺を使った自慢の博多ラーメン。食べた男性は「温かくて美味しい。食べると元気になる。いいね!」と親指を立てた。野崎さんは台湾の人たちに向け、こうメッセージを送った。
私も個人の立場でできることを一生懸命やっています。地震は非常に悲しい出来事ですが、日本人、日本は台湾を応援していますので、ぜひ台湾の皆さん頑張ってください。台湾加油!
これから台湾で暮らす私は野崎孝男さんのような気持ちで頑張りたい!







☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード