Back to TOP PAGE

投稿者
E-Mail
URL
題名
内容



Page 1 2 3 4 5 6 7 8 
私の好きな台語歌

No.4250 投稿者:teco  投稿日:2018年09月20日(木) 23時03分07秒

ふきさん、葛さん、みなさん、こんばんは。

私は最近の歌はほとんど知らないので、どうしても老歌になります。福建民謡や山人の歌も好きでよく聴きます。
また、意味がよくわかりませんが、民劇などで歌われる掛け合いの歌もいいですねえ。
劉福助さんの歌はほとんど聴いています。
特に好きだというほどの歌手がいるわけではありませんが、江惠さんや洪一峰さん、鳳飛飛さんは直接お会いして話をしたこともあるので、思い入れは深いです。
好きな歌はたくさんありますが、すぐに思いつくのは焼肉粽、中華民国頌、淡水暮色、原郷人、一剪梅、長江水、故郷、緑島小夜曲、重相逢、紅線などですかねえ。
26日から台湾に行きますので、いっぱい歌ってきます(^^♪



聴きたい歌と歌いたい歌

No.4249 投稿者:ふき  投稿日:2018年09月19日(水) 05時47分49秒

葛さん、みなさん、こんにちは。

私が初めて台湾の歌を聴いて、感じた第一印象はそのテンポです。どの歌手の歌もゆっくりと一句一句丁寧に歌っていました。それまで私が聞いていたのはどちらかというと、アップテンポの曲が多かったので、これは新鮮でした。おかげで、そのあと台湾歌謡曲との長いつきあいになったのはご存じのとおりです(笑)。台湾の歌がスローなのは、その言語にもよると思います。北京語にしろ、台湾語にしろ基本的に音節が短く、それに対して、日本語は典型的な多音節語です。たとえば北京語で「謝謝」というのは、日本語で「ありがとうございます」となりますが、これを同じ曲に填詞する場合、日本語は機関銃のように早口で圧縮して埋め込まなければなりません。逆に台湾側から見ると、日本語の歌詞に相当する台湾語や北京語の歌詞はのんびり、ゆっくりと填詞しないと、「弾切れ」になってしまいます。もっともこれは一般的な話で、例外はいくらでもあるのは言うまでもありません。

それから、好きな歌といっても、CDで聴く場合と、自分がカラオケで歌う場合は全然違いますね。特に私は好きな女性歌手が何人もいるのですが、男性歌手は本当にわずかです。女性歌手の歌はとにかくよく聞いているので、曲数も相当知っていますが、カラオケではあまり歌いません(歌えません)。カラオケで歌うのは、そのあまり聴かない男性歌手の歌ばかりなので、たまにメンテナンス(一人カラ)をしないと、うろ覚えで、忘れてしまいます。昔は300曲くらい歌えたのですが、最近は100曲を切っていると思います。ちなみに私の一番好きな歌は黄思[女亭]の「我甘願為[イ尓]來吃苦」で、CDで年中聞いています。自分の声に適していないのは百も承知ですが、台湾に行けば、カラオケやKTVで、必ず歌います。

無性に聴きたい台湾歌謡

No.4248 投稿者:葛(新平市)  URL  投稿日:2018年09月18日(火) 12時15分03秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。
昨夜無性に台湾歌謡を聴きたくて10曲ほど聞きました。URLは江惠の碎心戀です。最後のお別れは高雄アリ−ナの引退公演でした。

https://www.youtube.com/watch?v=7r63iW2nscQ
Placido Domingoとの共演が印象的(江惠 雨夜花)
https://www.youtube.com/watch?v=k_SLy6MyKao
高勝美 昨夜星辰
https://www.youtube.com/watch?v=gsETOEXDJLU
我怎能離開你 ケ麗君(映画彩雲飛の主題歌)
https://www.youtube.com/watch?v=6C9qloPUhPg
鳳飛飛月光小夜曲(サヨンの鐘)
https://www.youtube.com/watch?v=AVovDrZIvkw
王幸玲 馬蘭之戀(台湾で初めてお会いした歌手が紀霞露さんと王幸玲でした。感激でした。
https://www.youtube.com/watch?v=3GipwMwXXxU
月夜愁 江
https://www.youtube.com/watch?v=D4jZ8g4ey9w
期待再相會 陳盈潔(私のカラオケ十八番)
https://www.youtube.com/watch?v=dJ89kfL62Ak
陳小雲 愛情恰恰
https://www.youtube.com/watch?v=2ySD4reYgqE
ケ麗君 千言萬語
https://www.youtube.com/watch?v=sLWls1V2QQs
ケ麗君-你怎么说

まだ沢山の好きな曲がありすぎて選曲することは大変です。ふきさん、tecoさんの好きな曲も知りたいですね。

うかうかしていると…

No.4247 投稿者:ふき  投稿日:2018年09月18日(火) 05時17分20秒

葛さん、tecoさん、こんばんは。

「女性の人権という人類普遍の問題」とは恐れ入りました。おそらく人類の誕生以来、この問題は永遠に続いています。前世紀のベトナム戦争時の「ライダイハン」はおろか、現在でさえ、世界のどこかで戦争でもあれば、か弱い女性が被害にあっています。中東やアフリカなど、いくらでも例があります。そんな直近の例は知らんぷり。ベトナム戦争で自国の兵士が行った人権侵害も知らんぷり。叩き続けるのは戦前の日本の慰安婦だけで、「何が人類普遍の問題だ」と言いたくなります。
戦前の日本では、売春は合法だったのです。慰安婦というのは兵士相手の高給売春婦のことです。韓国人も当時は日本の統治下にあったので、それくらいは知っているはずで、積極的に女性を勧誘したのは今の韓国人(戦前は日本人)でした。そういう連中はいま監獄にでも入っているんですか。

ソウルの日本大使館や釜山の日本領事館の前にいつまでも品のない少女像を放置するなら、それは韓国政府の意思とみなし、大使帰任などではなく、大使館や領事館を閉鎖(または休館)するべきです。明らかにジュネーブ条約に違反しています。本来なら、国交断絶すべきですが、さすがにそこまではできないので、済州島の領事館ですべての公館業務をやればいいでしょう。韓国人がビザを取るのが大変になりますが、自業自得なので、仕方ありません。少女像が撤去されたら、また再開すればいいのです。理性よりも感情の優先する韓国にはそれくらいしないと、事態は解決しません。

竹島や北方領土、尖閣諸島を見ればわかる通り、法や正義が通用しない国が中国や韓国やロシアです。いくら古地図を引っ張り出して来ても何の意味もありません。日本の周囲はタヌキ(ロシア)とキツネ(中国)とネズミ(韓国)がうろついていて、うかかしていたら、沖縄は中国領に、北海道はロシア領に、対馬は韓国領になんてことにならないことを祈ります。しっかりしてくださいよ。特に日本の外務省。

雑感

No.4246 投稿者:teco  投稿日:2018年09月17日(月) 13時00分53秒

葛さん、おはようございます。

私にも韓国人の友達は結構います。
良識ある人たちで、極めて常識的な考えの持ち主たちですが、
その考えを口にしたとたんに「売国奴」というレッテルを張られ、生活してゆくことすらも困難になってしまいます。
そうした「売国奴」の何人かが日本に移住していますが、私はその手伝いをしてきました。
日本に移住した彼らは大学や大手企業の中枢で働き日本人と同等に信頼されています。
そのうちの一人が台湾出身のジャーナリストで私の尊敬する黄文雄氏のオフィスで働いています。
黄文雄氏は李登輝氏や陳水扁氏とも親交が深く、
「台湾是台湾」を掲げ正名運動を展開しています。
私はこのような人たちに教えを受けたり意見交換をしており、中国に対しても韓国に対しても、ただやみくもに「嫌い」と言うのではありません。
例えば、私は「道教」が好きでいろいろ研究もし、短期間ではありますが武當山で道士としての修行もし、位階も受け、北京の白雲観の道士の人たちとも親交があります。
韓国では、慶州の海印寺の住職の子息が私の教え子であった関係から、同寺の僧侶たちとも付き合いがあります。
これらを通じてわかったことは、実社会から離れて生活している人たちは、中国人であっても韓国人であってもまともな考え方を持っております。
ただ、それを口に出したら自分たちが否定され攻撃されてしまうので、教義の世界だけで活動するしかないと言います。
それぞれの立場により、どうすれば生きて行けるかを、みんな真剣に考えているようです。
私は最初から自分の立場を明確にして生きてゆくことを信条としていますので、
韓国は嫌いだ!中国共産党は大嫌いだ!と表明しています。
私にとってはこの方が生きやすいからです。
嫌いなことと否定することは違うことはよく承知しています。
韓国人の若い人たちの中には、中国に操られていることをわかりかけている人もいますので、
まるっきり捨てたものではないとは思いますが、
私は、今後数十年間は闇冥を抜け出すことはできないだろうと思います。


この様な記事を韓国の友人から提供してもらいました。

No.4245 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年09月17日(月) 02時21分58秒

ふきさん、tecoさん、こんばんわ。

ふきさんはハンガリーのブダペスを旅行中との事ですが気をつけて移動して下さい。中国の事、韓国の事アジアは常に動いています。韓国での慰安婦問題は尻に火がついた状況になってきました。

誰もが加害者にもなり、被害者にもなり得る、それが戦争だ。その二面性に、あらゆる国家が苦しんできた。その本質に目を背け、ただ被害者だけを装い続ける隣国の矛盾が、ついに露呈した。
「最終的かつ不可逆的な解決」を謳った慰安婦問題の日韓合意を「国民の大多数が受け入れられない」と蒸し返す韓国の文在寅・大統領。その文氏を巨大な“ブーメラン”が襲った。この9月12日、イギリスの市民活動家、ピーター・キャロル氏の呼びかけで、ロンドンで民間団体「ライダイハンのための正義」が設立されたのだ。「ライ」はベトナム語で「混血」、「ダイハン」は「韓国」を意味する。韓国はベトナム戦争(1960〜75年)当時、アメリカを支援して延べ34万人の兵士を送り込んだ。だが、彼らは現地で多くの強姦事件や民間人虐殺を繰り広げた。ライダイハンとは、韓国兵による強姦などによって生まれた子供たちのことであり、ベトナム戦争終結後、ほとんどが置き去りにされた。その数は推計で数千〜3万人とも言われる。韓国政府はこれまで、この問題に関する公式の謝罪や賠償は一切行なってこなかった。それどころか、これに触れること自体、韓国ではタブーとされてきた。それが今、支援団体の設立によって国際社会に晒されようとしているのだ。
ロンドン市内で開かれた同団体の設立イベントにはジャック・ストロー元外相も出席した。公式サイトには、設立趣旨としてこう書かれている。
〈混血の子供たちはライダイハンとして知られ、今日でも日陰の生活を送っている。われわれは、このような形で食い物にされたすべてのベトナム人女性のため、ライダイハンの子供たちのため、そして、彼らが当然受けるべき存在の認知と尊重のために戦う〉さらに、同団体のメンバーで英国人ジャーナリストのシャロン・ヘンドリー氏は、レイプ被害者やライダイハンの子供たちへの聞き取り調査を英インディペンデント紙(9月11日付)に寄稿した。そこでは韓国軍司令官の家で食事を作る手伝いをしていた10代の女性がレイプされた事例や、子供たちが学校で“犬の子”と呼ばれて差別を受けている実態をレポートしている。ヘンドリー氏は、〈韓国政府は決して韓国兵が行なった行為を認めず、調査すらしない〉と、韓国政府の姿勢を批判している。
韓国の戦争犯罪を糾弾する市民団体が、まさかイギリスで誕生するなど、文大統領は夢にも思わなかったのではないか。
※韓国での報道は一切なし※
韓国の国際的地位を揺るがしかねないこのニュースを、韓国メディアはどう報じたのか。新聞等の主要メディアを確認した限り、驚くことに取り扱ったメディアは1つもなかった。文大統領はじめ政府側も、一切コメントを出していない。それだけこの問題のタブー性は強いということだ。
かつて韓国のリベラル系週刊誌「ハンギョレ21」が、ベトナム戦争でのレイプや虐殺の実態を告発するキャンペーンを行なったところ、退役軍人団体の「枯葉剤戦友会」が激怒し、2000年6月にメンバーらがソウルのハンギョレ本社を襲撃、印刷施設や自動車、パソコンを破壊するという事件が起き、韓国社会を震撼させた。枯葉剤戦友会は、ベトナム戦争で米軍の撒いた枯葉剤の被害を受けたと称する退役軍人の組織で、全国に16支部、会員数約13万人を誇る韓国でも有数の圧力団体である。彼らにとってベトナム戦争での韓国軍はあくまで「被害を受けながら立派に戦った国家の英雄」でなければならず、蛮行の歴史などあってはならない。だからこそ、ライダイハンの問題には徹底した言論弾圧を行なう。
こうした団体が存在しているために、韓国メディアは、韓国軍によるベトナム民間人虐殺をタブーとして扱い、ほとんど報じてこなかった。しかし、今回の市民団体の設立は、その状況を変える可能性がある。韓国問題に詳しいジャーナリストの前川惠司氏はこう言う。「今まで慰安婦問題で日本を批判し続けてきたのに、実はベトナムで韓国軍は、韓国がいうところの慰安婦の強制連行に、中国がいうところの南京大虐殺を一緒にしたような残虐行為を繰り広げていたということが分かってしまった。
しかも、日本の慰安婦問題には強制連行の証拠が見つからなかったのに対し、レイプ被害者と数千人から数万人のライダイハンという証拠が存在するので否定しようがなく、“いままで慰安婦で騒いでいたのは何だったのか”となりかねない。韓国はこれまで、加害者としての側面を隠しながら被害者の側面だけを強調するという危ない橋を渡ってきたわけですが、国際社会に見つかったことによって、ついに足を踏み外しかけているという状況ではないか」
しかも韓国はこれまで、日韓の慰安婦問題を国連などに訴え、国際社会を巻き込もうとしてきた。いまも韓国政府は中国と連携して慰安婦関連の資料をユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産に登録しようと働きかけ、アメリカでも在米韓国人を通じて、各地に慰安婦像を建立している。だが、韓国が訴えようとした国際社会は今、韓国のライダイハンに目を向け始めた。これに対処しなければ、慰安婦を国際問題化してきたこれまでの姿勢と矛盾することになる。文大統領が慰安婦問題を蒸し返したことが、自らを窮地に追い込んでいるのだ。イギリスの市民団体では、被害女性とその子供たちをモデルにした「ライダイハン像」を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置することを検討しているという。韓国政府はどう対応し、韓国メディアはどう報じるか。対日批判ブーメランも!

慰安婦問題では国民総出で日本への批判を続ける韓国。「ライダイハン」の存在によって明らかになった、自国兵士による性的暴行の事実は韓国社会に衝撃を与えた。「女性の人権擁護」を掲げ非難する声がある一方、日本に対し責任追及をしてきた自分たちの首も絞める“ブーメラン”になりかねず、同問題では難しい判断を迫られている。ベトナムへ派兵を実施した朴正煕(パク・チョンヒ)政権以後、韓国政府は元派遣兵士を「国家の有功者」とみなしてきた。しかし、1998年にベトナムを訪問した金大中(キム・デジュン)大統領(当時)は「ベトナム国民に苦痛を与えたことを申し訳なく思っている」と初めて謝罪したが、元軍人や保守系団体から強く批判された。犯罪者大統領李明博(イ・ミョンバク)政権の2009年には、有功者の顕彰制度に関する法案改正の文書に「世界平和の維持に貢献したベトナム戦争参戦勇士」と記されたことにベトナム政府が猛反発し、外交問題に発展した。だが、韓国政府はこれまで謝罪の意を公式に文書化していない。ベトナム戦争での韓国兵は公式には英雄視されるものの、民主化を経た1990年代以降、徐々に“汚点”と化している。それを先導しているのが左派系の市民団体やメディアだ。元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」や女性団体は今月14日、ソウルのベトナム大使館前で突然、「ベトナム政府とベトナム人民に韓国国民として心から謝罪します」と記したベトナム語と韓国語のプラカードを掲げ、謝罪デモを開始。毎日交代で続けている。プラカードには、元慰安婦の女性らの「韓国人」としての謝罪の言葉もある。挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は韓国紙に「日本のように戦時の被害者を否定してはいけない」とデモの理由を語った。挺対協などは慰安婦問題と同様、ライダイハン問題も「女性の人権という人類普遍の問題」と訴えている。韓国ではベトナム戦争とは関係のない元慰安婦の支援団体までが介入するなど、ライダイハン問題を複雑化させている。
長文になりましたがアジアは動いているのが実感です。tecoさんの韓国嫌いは承知していますが、私は常識ある韓国の友人がいるので耳が痛いのですがこの記事を提供してくれたのは韓国の友人でした。

健康第一

No.4244 投稿者:ふき  投稿日:2018年09月16日(日) 22時14分27秒

葛さん、tecoさん、こんにちは。
普段は忘れていても、病床に横たわると、つくづく健康のありがたさがわかりますね。健康なら、何でもできます。旅行したり、カラオケを楽しんだりできるのも健康あってのものです。さて、9月24日は中秋節ですね。満月が見られれば、月餅も一段とおいしく食べられそうです。そのあと、tecoさんは台湾に行かれるんですね。どうぞ楽しんで来てください。

中国共産党は日本や日本人の心情のことをよく研究しています。歴史問題などは駆け引きの材料にすぎません。どのタイミングで、いつ持ち出すかなどは計算しつくした後に実行します。たとえば、靖国問題。8月15日になると、日本の各新聞・テレビが「どの閣僚が参拝した」とか、それは「公人か私人か」などと、靖国の上にはヘリコプターまで飛ばして、報道するその熱の入れようを見て、異常に感じるのは私だけでしょうか。英霊たちはさぞかし騒々しいと思っていることでしょう。この毎年のお祭りのようなバカ騒ぎもあの中国に巧みに利用されています。
実は慰安婦問題も韓国というよりは反日日本人が創作したもので、朝日新聞が積極的にこのウソを拡散したため、韓国に見事に利用されてしまいました。日本人のセンチメンタリズムは外国とりわけ中韓に利用されがちです。一度虚報が定着してしまうと、これを払しょくするのは容易でないことを常に肝に銘じておかなければなりません。

tecoさんの御高見は注目に値します。中国からみれば、経済規模の小さな北朝鮮、韓国、ロシアなどは扱いやすい相手です。だから中国の最も恐れる相手はアメリカ、そして日本なのです。アメリカと日本に組まれたら、とうてい中国に勝ち目はありませんので、まず日本を孤立化しようとするでしょう。あらゆる手段を使います。「脅し」も「泣き落とし」も「おだて」も何でもありです。日本の場合は冷静に対応することが必要で、決して挑発に乗ってはいけません。トランプ大統領はよくわからない人間ですが、敵ではありません。がめつい親父の機嫌を損ねないように、それなりに付き合うしかありませんが、安倍首相なら大丈夫でしょう。

中国には少子化という問題もありますね。tecoさんのおっしゃるとおり、日本は待ちの一手でいいと思います。急ぐ必要はありません。日本人は性急で、すぐ結果を出したがりますが、ここは百年先までのことを考える中国人をすこしは見習ったほうがいいです(笑)。
今セルビアのベオグラードからハンガリーのブダペストに移動する列車内でこれを書いています。各コンパートメントはガラガラで、私も一人で「個室」を使用している状態です。現在、現地時間午後3時をまわったところで、あと1時間で目的地のブダペストに到着します。それでは、失礼します。

待ちの一手

No.4243 投稿者:teco  投稿日:2018年09月16日(日) 10時29分11秒

ふきさん、葛さん、みなさんおはようございます。

私は韓国が大嫌いですが、戦略的には敵対しない関係を保つ必要はあろうとも思っています。
なぜなら、中国は北朝鮮や韓国、アメリカなどと日本が敵対してほしいと画策しているからです。
日本が自ら孤立するよう、あらゆる手立てを使って画策しています。
慰安婦や竹島、歴史問題などを煽って日本人が韓国を嫌うように仕向け、
北朝鮮には核ミサイルをちらつかせて日本やアメリカを脅すように仕向け、
アメリカには対外赤字を日本のせいにするように仕向け、
ロシアとは協調関係を構築しにくいように仕向けています。
これは日本の近隣国をすべて敵に回させようとする中国のたくらみに他なりません。
日本の採るべき道は、台湾と仲良くすることと、韓国とは直接敵対しないこと、アメリカが貿易赤字をつべこべ言うのであれば攻撃用の兵器をたくさん買って国防を充実させればいいと思います。
中国が少子化で働き手がなくなるのは時間の問題です。
いまは待ちの一手があるだけだと思います。

葛さん、健康不安はなにより辛いことですが、頑張って養生してください。

ふきさん、楽しいご旅行をお続けください。

私は26日から台湾に出かけます。

みなさん、どうぞ楽しい休日をお過ごしください。


私達は台湾人、中国人ではない

No.4242 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年09月16日(日) 07時42分40秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。
ご存じのように9月24日から中秋節、普段は離れて暮らす人も、この日は家族の元へ帰ります。この日には月餅を贈り合う習慣があり現在療養中ですの従兄の嫁から月餅をくれると連絡がありました。先日もマレーシアが中国の一帯一路構想で借用金をさせられる事に違和感を感じ鉄道建設を断ると云う記事を見ました。すでにアフリカは中国の植民地化が始まり気がついえいる指導者も出ています。
私が在籍していた西安の政府系機関でも習主席に対してあからさまに異議を唱える議員も現れているとの事、アメリカとの貿易戦争で中国国民の生活に悪影響が出ていると云う。もっとトランプ大統領と貿易戦争をすればよいなどと云う輩まで現れ当局の取り締まりが出ていると云う。中国共産党の破滅を願う国民も多いとか?平和台湾がいいですね!
何時かふきさん、tecoさんと平和の象徴日台のカラオケ三昧で楽しめる日が来る事を願っています。
現在時々心臓に酸素が行かなくなる症状が出るので安静にしています。健康が一番ですね。、


中国の凋落が始まりそうです

No.4241 投稿者:ふき  投稿日:2018年09月09日(日) 23時13分04秒

葛さん、みんさん、こんばんは。
中国の脅威は実は台湾に対してだけではありません。フィリピンやマレーシアなど東南アジアの国々のみならず、一帯一路など全世界レベルです。そしてその活動力の根源は世界第二の経済大国といわれてきたその経済力です。つまり貧しい国に、偽善者ぶりして、札束を提示し、自分の都合のいいように事を運ぶという悪徳サラ金商法そのもので、借金まみれになった国は中国の衛星国化して行きます。
しかしここに来て、状況が変わるかも知れません。それは米中貿易戦争です。これが本格化すれば、必ず中国経済は破滅に向かうことでしょう。私はトランプ大統領をあまり好きではありませんが、この政策は支持します。中国経済の破滅は中国共産党の破滅へと向かいますが、これは世界にとっては好ましいことです。私は中国の国民が一番喜ぶのではないかとも思っています。
東アジアで民主主義が完全に根付いた国は日本と台湾以外でそんなに多くはありません。一昔前の「見てくれ」ばかりの独裁国家はたしかに少なくなくなりましたが、中国の実質衛星国となったカンボジアのように、形は民主国家でも、その中身は以前とそんなに変わらない国も依然として多くあります。中国の影響力がなくなれば、これらの国でも民主化は進むと思います。もちろん台湾はもう自分で自分の運命を決めることができるようになるでしょう。そんな日はそんなに遠くないような気がします。

日台関係は揺るぎない強固な関係

No.4240 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年09月09日(日) 14時21分05秒

ふきさん、tecoさん、こんにちは。
台風と北海道の地震は壊滅的な被害が出ました。台湾では日本への支援が始まりました。阿部首相との電話会談で中国とは関係なく互いの理解を信じて日
台関係の構築を表明しています。

蔡英文総統は4日、東京大学東洋文化研究所の松田康博教授を中心とする両岸関係研究グループの一行と台北市の総統府で面会した。台湾に対する中国の圧力が強まる中、日本各界から台湾にエールが送られたことに感謝を示し、民間レベルだけでなく、政府間でもより多くのやり取りが生まれることに期待を寄せた。

蔡総統は両岸関係について、中国による軍用機や軍艦の台湾周辺への派遣や台湾の国際参加の妨害、台湾と外交関係を持つ国の切り崩しなどは全て現状の破壊を狙ったものであり、両岸関係の変数を増やしていると指摘。地域の平和と安定に脅威をもたらしていると述べた。

その上で、航空会社の台湾関連表記変更や東アジアユースゲームズの開催中止、エルサルバドルとの断交など中国の圧力を背景に発生した問題について触れ、日本各界の台湾への応援に感謝すると語った。

「台湾と日本は民主主義や自由など基本的価値観を共有し、互いに重要なパートナー」だと言及。「民間の盛んな交流のみならず、政府間でより多くのやり取りや往来が生まれ、地域の経済統合や安全保障においてより積極的な役割を共に果たせることを期待する」とし、日本との関係強化に意欲を見せた。台湾は隣国の重要なパ−トナ−です。阿部首相はアメリカに裏切られても目が覚めません。しかしどのような事があろうとも台湾は裏切りません。

新しい言語の誕生

No.4239 投稿者:ふき  投稿日:2018年09月04日(火) 15時54分22秒

梧棲さん、こんにちは。
私は昔から言語学に興味があり、あちこち首を突っ込んできました。その点では台湾は言語学の宝庫で、何冊か専門書も買いましたが、なかには台湾の原住民語の一部がその昔日本古語の形成に寄与したとする学者もいます。
今回のクレオル語の問題も近接する地域での言語の相互影響がどんなものになるのかということなので、興味深いものがあります。特に文法の異なる言語間はおもしろいです。梧棲さんがあげられた「アンタロコイクー」(日本語「貴方何処行く?」)なども彼らの母語である原住民語の文法に合致しないと思いますので、おそらく文の塊で(包括的)取り入れでしょうね。「タベタモ?(食べた?もう)」も同様で、こうすれば、どんな言語も交流できます。ちなみに原住民語の発音体系は日本語と近似しているので、その点では中国語よりは相性はいいと思います。
ただ、クレオル語が一度固定化すると、それの元になった言語ともかなり距離ができてしまうので、言い換えれば、宜蘭クレオール語は「ニホンゴ語」という新しい言語の誕生ともいえます。

ニホンゴ(宜蘭クレオール語)

No.4238 投稿者:梧棲  Mail  投稿日:2018年09月03日(月) 11時20分01秒

ふきさん、みなさん こんにちは。
2カ月続いた猛暑もやっと終わってくれそうです。前回の台風20号よりも更に強くて、ほぼ同じコースを進んでいる台風21号は明日の午後に上陸予定で神奈川県も明日は一日中影響を受けるようです。
久しぶりに掲示板を見たら、ふきさんは旅行中なのですね。

8月も台湾関係のニュースがいっぱいありましたが、私は毎日新聞特派員が宜蘭縣寒渓村の収穫祭を取材した記事を懐かしく読みました。
と言うのは「カンケイ村」という地名が私の記憶にあったからです。 
『高砂族に捧げる』(鈴木明著 中央公論社 昭和51年8月)の第二章に著者が昭和50年(1975年)に元高砂義勇隊だったタイヤル族の人達に単身会いに行ったのが寒渓村(日本統治時代はカンケイ社)でした。
寒渓村へは羅東からバスで約20kmの行程ですが、一見して日本人と思われる乗客に他の乗客達は興味津々で著者が向かいに座っている中年の男性に日本語で寒渓村の高砂義勇隊の関係者を探していると話すと、相手は私に任せなさいと快く引き受け、それをきっかけに周囲の乗客達が次々と日本語で話しかけて来たそうです。20代と思われる青年は自分は小林旭のファンだと彼のヒット曲を歌いだしたそうです。
著者が台湾人を通じて知った3名の高砂義勇隊の方々は全員亡くなられていました。
寒渓村では1975年当時は戦後生まれの20代の若者でも日本語を話せていたことが分かります。今年はあれから43年経っていますから当時の20代の若者は現在は60代〜70代になっていて、鈴木明さんの相手をした中年男性も長寿であれば毎日新聞の特派員が会った人の中にいたのかも知れません。
 著者が寒渓村に入る前には外省人の巡査がいる検問所で「入山証」のチェックを得なければなりませんでしたが、寒渓村のバスの乗客十数人が検問所に一緒について来て「この人はわれわれの友人である」と応援してくれて、日本人である著者が巡査から嫌がらせを受けることなく入山できたそうです。
私が1990年に桃園の友人に郊外の「角坂山」という原住民居住区に連れて行ってもらった時は入山証はもう不用でしたが検問所のノートに住所氏名を記入させられました。
寒渓村では今でもタイヤル語と日本語が交ざった「ニホンゴ(宜蘭クレオール語)」が中高年の間で話されているのですね。

【Yahoo台湾ニュース】
<麗しの島から>「ニホンゴ」の村で収穫祭に参加した   毎日新聞2018.08.18(土)
祖先への感謝と祈りを捧げる寒渓村の人たち=台湾北東部・宜蘭県寒渓村で2018年8月4日午前7時26分、福岡静哉撮影
 台湾の先住民族タイヤル族が多く住む台湾北東部・寒渓(かんけい)村。ここでは今も、日本語と先住民族タイヤル族の言語が交ざった、日本語とは異なる新言語「ニホンゴ」(宜蘭クレオール)が主に中高年の間で話されている。8月初旬に行われた村の収穫祭に誘われ、参加した。

◇先祖との対話を重視
 収穫祭は「小米感謝祭」という。「小米」は中国語で穀物のアワのこと。タイヤル族が狩猟やアワの栽培で生活していた名残だという。寒渓村では、作物の種をまく「播種(はしゅ)祭」(1月)▽作物の間引きをする「間抜祭」(3月)▽収穫の始まりを祝う「収割祭」(6月)▽「小米感謝祭」(8月)−−と年間を通じて祭事が続く。いずれも祖先と対話をする、とても大切な祭事だ。
 早朝6時。「アンタロコイクー」(どこへ行くのか?)。中国語に交ざり、ニホンゴが飛び交っている。現地を訪れると、メスの豚が村の集会所の床に寝かされていた。既に事切れている。先祖へのいけにえだ。豚の体を触ってみると、まだ生温かい。タイヤル族の伝統衣装に身を包んだ村の長老、鄭豊栄(てい・ほうえい)さん(81)が刀を手に「これで心臓を一突きよ」。日本語教育を受けた世代だけに、流ちょうな日本語だ。頭にはイノシシの牙をあしらった帽子をかぶっている。
 鄭さんは見事な刀さばきで豚の腹を割き、手を差し込んで、まず肝臓を切り出した。さらに耳、尾を切り取り、葉っぱに丁寧に包み、ヒモでしばる。近くに設営された祭壇には収穫されたばかりのアワや果物、花々が並ぶ。祭壇の近くにある木の枝に、肝臓、耳、尾が包まれた葉が、順にくくりつけられた。鄭さんが「肝臓は体の大事な部分だから。耳としっぽは、頭から尾まで豚の全体を先祖に贈るという意味がある」と解説してくれた。
 祭壇の前に村の役員ら6人が、太陽の昇る東の方角に向かって並んだ。先祖への感謝の儀式だ。「タイカサムハラナママケ……」。鄭さんがタイヤル語で3分ほど語り続けた。後ほど意味を尋ねると「これが今年の収穫です。本当にありがとうございます。来年も私たちを助けてください」と、先祖に対し、収穫の報告や感謝の気持ちを述べたという。続いて役員らは「小米酒」と呼ばれる伝統のアワ酒を飲み干した。

◇タイヤル族としての誇り
 豚の肉は大きな釜で野菜などと一緒に煮込まれ、村人たちに振る舞われた。「タベタモ?(食べましたか?)」。私にも勧めてくれた。さっきまで生温かかった、その豚を食べる−−。改めて、生き物をいただくことの感謝の気持ちが心の底からこみ上げてくる。少し硬めの歯ごたえのある肉は、特別な味がした。会場にはタイヤル語の伝統的な歌が響き、村人たちは日々の疲れをいやしていた。
 鄭さんは1937年3月生まれ。8歳まで日本語教育を受けた。寒渓村では戦前、先住民族の言語は禁じられたが、村人どうしの間ではタイヤル語も使われていた。鄭さんは「おやじは日本語があまりできなかったから、家ではだいたい山地語(タイヤル語のこと)で話していた。だから私は山地語もできる」と言う。
 戦後、日本が去り、先住民族たちは今度は急に中国語を学ばねばならなくなった。台湾を独裁統治した蒋介石が中国語教育を強制し、先住民族の言語を禁じたためだ。このため寒渓村に限らず、80代以上の日本語世代の人々は、今も中国語があまり得意ではない。例えばタイヤル族とアミ族のように異なる現住民族間の共通語として、今でも日本語を使う高齢者が多い。鄭さんは「僕は今も中国語が下手だね。日本語のほうが話せる」と笑う。
 タイヤル族も長年にわたり言語権を抑圧されたため、鄭さんのようなタイヤル語を流ちょうに操れる人は限られている。「最近の若い者は全然、タイヤル語を話せない。しかしタイヤル語を残していきたいし、伝統行事は受け継いでいかねばならない。それは祖先に対する私たちの責任です」。その言葉にはタイヤル族としての誇りがみなぎっていた。【福岡静哉】


それでは行ってきます

No.4237 投稿者:ふき  投稿日:2018年08月28日(火) 00時47分23秒

tecoさん、みなさん、こんばんは。
実は私が昔働いていた会社の上司はもうほとんど亡くなりました。独立してからは、葬式にばかり出ていた気がします(笑)。また、個人的に付き合いのある旧友たちも早い人は50歳代でもう亡くなっているので、ほんとに人生いろいろです。私の父は97歳で他界し、母は糖尿病を患っていたにしては86歳まで人生を全うできたので、まあ我が家はそこそこ長寿の家系かも知れません。これからは医学の進歩もあり、ますます寿命が伸びて行くのではないでしょうか。人生は楽しまないと損ですね。
Jetfonはユニークな方式で、SIMの差し替えなしというのは魅力です。アジアはほとんどの国をカバーしていて、台湾はもちろんOKです。ぜひ台湾で試してみてください。それにしても日本のキャリア(Docomoなど)のローミング料金は高いですね。うっかりパケ放題を申し込むのを忘れて、従量制料金にでもしたら、それこそ青天井。海外旅行から帰って、月末の請求書の「ン10万円」を見て、真っ青になるかもしれません(笑)。
それでは、もう今日になってしまいました。朝6時に出る予定ですので、そろそろ寝ます。晩安~~

いってらっしゃ〜い

No.4236 投稿者:teco  投稿日:2018年08月27日(月) 22時27分49秒

ふきさん、皆さん、こんばんは。

先日はありがとうございました。久しぶりに楽しく過ごさせていただきました。
グローバルSIMは検討する価値は大いにありそうですね。
クラウドSIM搭載の電話機が届きましたのであれこれいたずらしています。
台湾には9月末に出かけるので、それまでに使い方をマスターしておきます。
ふきさんは長旅になりましょうから、どうぞ身体に気を付けて楽しいご旅行を。

A Bengさんのお母さんが97歳の誕生日を迎えられたそうですが、すごいですねえ。
私らも負けないように元気で長生きしましょう。

葛さん、どうぞ体調にお気をつけて、無理なさらずに養生してください。

最後になりましたが、ふきさん、気を付けて、いってらっしゃ〜い。


グローバルSIM

No.4235 投稿者:ふき  投稿日:2018年08月26日(日) 16時17分45秒

みなさん、こんにちは。
みなさんは海外に行かれたとき、電話や通信はどうされていますか。私は現地で、必ずプリペイドSIMを購入します。理由は簡単。一番安いからです。たとえば、直近で旅行した中央アジアでの実例ですが、
◎カザフスタン(Kcell社)、3GB(1ヶ月)、330円
◎キルギス(MegaCom社)、10GB(1週間)、200円
◎ウズベキスタン(Beeline社)、3GB(1ヶ月)、680円
というように、日本の10%くらいの値段で購入できます。使わない手はありません。ただ、空港で簡単に買えるとは限りません。私は上記のSIMを街中のお店で購入しましたが、発展途上国ではセキュリティの面から、面倒な手続きが必要なこともあります。これは国によって様々です。それでも一つの国に最低1週間くらい滞在するならば、その面倒も致し方ないと思いますが、数か国を駆け足で周遊する場合は、そんな手間ひまをかけたくないのが人情というものです。

明後日からバルカン半島とコーカサスの国々の周遊に出かけますが、国によっては、3日程度の急ぎ足で回らなければならないので、面倒な現地SIMを買うよりは、その周辺国を広くカバーするSIMがないかと、ネットで調べた結果、MTX Connectというルクセンブルクの通信会社のSIMを見つけました。アマゾンで900円ですが、すでに7ユーロチャージされているので、SIM料金は実質ゼロです。世界80ヶ国以上で使えるということですが、私が予定している国々はすべてローミングで網羅されています。データ通信専用なので、通話はできませんが、場所にかかわらず、1MB=0.015ユーロ(1GB=15ユーロ)とリーズナブルな料金です。チャージはオンラインでクレジットカードやペイパルが使え、有効期限を気にする必要がありません。ほかにタイや香港、イギリスの通信会社でも似たようなSIMを発売していますが、私の今回の旅行の目的地と合わないので、却下しました。ただ、このSIMもはたして、現地で正常に動作するかは実際に行ってみないとわかりません。私は国によっては現地SIMも買う予定なので、このSIMはそれらを買うまでのつなぎ用に使えればいいなと考えています。結果はまたご報告いたします。
グローバルSIMは、ワールドSIMとか、世界周遊SIMとか呼ばれたりしますが、国境を気軽に跨ぐことができます。便利な時代になりました。

台湾のエスニック音楽と文化

No.4234 投稿者:ふき  投稿日:2018年08月22日(水) 20時17分48秒

葛さん、こんばんは。
台湾は九州ほどの小さな島にしては、ド真ん中に富士山より高い玉山が聳え、交通の往来がよくないゆえに、山地族(原住民)が孤立して、それぞれの文化を守って来れたのも事実です。また大陸系も旧来の本省人(泉州、[シ章]州、客家)に加え、戦後は外省人が加わり、台湾は民族のるつぼになりました。戦後、日本人は去りましたが、その文化は本省人の方々がしっかり継承しましたので、民族の数以上に台湾の文化芸術は色とりどりです。最近では東南アジアからの移民も少なくなく、ますます豊かなエスニックな環境になりました。現在は高度な通信技術の発達により、そういうエスニックな芸術活動が発信しやすい環境でもあります。台湾は孤立していません。全世界からたくさんの人々がやって来ます。そういう多くの方々に台湾の文化の多様性や魅力を知ってもらいたいですね。
ところでお元気そうなので、安心しました。ただ老婆心ながら、あまり長文の投稿で、無理をされないように願います。

台湾初のワ−ルドミュ-ジック特化フェス(世界音楽節)

No.4233 投稿者:葛(新平市)  投稿日:2018年08月21日(火) 22時54分51秒

ふきさん、tecoさん、こんばんは。

台湾のエスニック音楽と文化祭(民族音楽)へ行きました。昨年12月13日台北市花博公園内の舞蝶館にて初開催された「This World Music Fest」に行きました。、台湾各地のエスニックな音楽性を持ったアーティストを招聘する音楽フェス。ライブの他、セミナーやフォーラムなども開かれ、台湾民族の文化を学び体験できる貴重な場として、新しいイベントながらも大きな注目を集めています。台湾初のワールドミュージックに特化したフェスというレア感もありつつ、入場無料という太っ腹なイベントでした。イベントでは原住民・アミ族アーティストのChalawさん、客家人アーティストの黃連U (Ayugo)さんがそれぞれライブを行いました。どちらもギターの引き語りというシンプルなセットでしたが、音楽的な特徴は結構違っていて面白い! 外国人アーティストのコラボも多いというChalawさんの楽曲は、色々な国の音楽の匂いが混じっていてとても独創的。スパニッシュをはじめとするラテンの雰囲気に、不思議な響きの言葉とコブシが乗っていて斬新でした。民俗調の衣装を着た彼のチャーミングなキャラクターと笑顔も印象的でした。
現在では原住民や客家人などもポップスの世界で当たり前に活躍するようになりましたが、2000年以前はそうではなかったとのこと。だからこそ自分のレーベルや活動の中では、そういった地方の音楽と母国語を大切にし、浸透させていきたいと話していました。また、同氏は民族音楽の研究も行っているとのことで、海に囲まれ山脈によって隔てられた台湾は、その土地ごとの特性に根ざした伝統音楽が発展してきたと教えてくれました。だからこそ海の近くのアミ族と、山の近くの客家人の音の響きや声の出し方は異なるのだそうです。台湾には独特の音楽文化があり興味深いエスニック音楽と文化(民族音楽)でした。花博公園・舞蝶館は台北市中山區美術公園區舞蝶館にあります。時々いろいろなイベントがあり機会を見て訪ねてみて下さい。 
少し難しい内容でしたが新北市の新北市文化藝術團-奇美樂舞や新北市原住民文化藝術團の催しもあり
我が家の近くでも見る事が出来ます。第三屆世界原住民族樂舞節も開催され台湾の民族音楽に触れる事が出来ます。日本のアイヌ人も参加された事があったそうです。



民族音楽の宝庫

No.4232 投稿者:ふき  投稿日:2018年08月20日(月) 20時36分03秒

たんげさん、こんばんは。
ヨーロッパの中でもバルカン半島の音楽は独特ですね。民族の複雑な入り組みはコーカサス以上です。旧ユーゴスラビアの地域は本来南スラブ諸民族が中心なので、ロシア風な土壌だったのでしょうが、中世にベネツィア共和国に支配されたので、スロベニアやクロアチアなどは西欧とそんなに変わりません。しかしその後長い間オスマン・トルコの支配下にもあったので、オリエンタル音楽のテイストも加わりました。
たんげさんがチョイスしたコソボの音楽はまさにトルコ風。顔立ちはヨーロッパ人ですが、使用している楽器や衣装を見ると、まさにトルコ音楽ですね。コソボはイスラム教徒のアルバニア人が多いと聞いているので、これは納得です。
またルーマニアのAmadeus & The Band や Gipsy Casualの陽気な音楽やボーカルを聴くと、いかにもラテン的な感じがしますし、ボスニア・ヘルツェゴビナ内のセルビア人の国スルプスカのIndira Radicの歌を聴くと、ヨーロッパとトルコのハイブリッドな歌声に聞こえます。どこの音楽もそれぞれの長い歴史を背負っていると実感します。
バルカンはまさに民族音楽の宝庫です。

バルカンの音楽

No.4231 投稿者:たんげ  投稿日:2018年08月19日(日) 22時45分11秒

ふきさん、みなさん、こんばんは。

バルカン地域で印象に残っているのはこのあたりの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=G6_-L4kGUhs
PRESLAVA - REZHIM NEPRILICHNA / Преслава - Режим "Неприлична", 2013 ; ブルガリア

https://www.youtube.com/watch?v=0-3-KKTr_VA
Amadeus & The Band - Nu stiu daca vreau ; ルーマニア

https://www.youtube.com/watch?v=YvPNuTKXms0
Gipsy Casual - " Kelushka"! Premieră la Neatza cu Razvan si Dani ; ルーマニア

https://www.youtube.com/watch?v=lUfGbELFKzs
Motrat Mustafa - Msiti ; コソボ

https://www.youtube.com/watch?v=oSW_qQ0OStQ
Motrat Bushi - Potpuri Dasmash 2014 ; コソボ

https://www.youtube.com/watch?v=Y4ALpFwKGzE
Luna - Telo mi gori - (official video 2015) ; セルビア

https://www.youtube.com/watch?v=1tMkE43gDMo
Indira Radic - POZELELA - (OFFICIAL VIDEO ARTWORK 2013) ; スルプスカ

旧ユーゴでもスロベニアまで北上するとバルカンよりもオーストリアの影響の方が強いという感じがします。

https://www.youtube.com/watch?v=CH4Z4Ea85n8
Navihanke / Veselo - veselo - Zagorci. / ( trekzakenzo ) ; スロベニア






☆ 過去ログ表示(検索なし) ☆







☆ 過去ログ表示(検索付き) ☆
ログ全文(各頁)の投稿者欄、タイトル欄、コメント欄の中を検索します。
キーワードは10文字以内でお願いします。

キーワード